2018年02月09日

冬の道


気温の低い日が続きます。
晴れていても、顔と手が痛くなる日も多いですね。

となると、やはり移動は車が多くなります。
私も近くのコンビニまでも車で行っちゃいます。

…本当は太ってきたので歩かなければいけないんですが、まあそれは置いておいて。


1つふと感じたこと。
増毛町の道路、早道でも運転しやすいなあと。
道も広くて、凸凹も少ない気がするんです。

今日、たまたま除雪作業中のところに遭遇したのですが、とても丁寧に除雪をしていました。
毎日のようにこうした丁寧な作業をしてもらっているおかげで、安心して運転が出来ているんだと再確認しました。

もちろんスキー場への道もキレイに除雪が入っています。
安全運転でスキー場まつりへもお越しくださいね。
FC73651F-9036-4D0A-9C9A-7AF120AF0CE1.jpeg28521783-23FA-4090-8E8D-ADBEC45B08F3.jpeg287B6752-ED3E-4C0E-A120-A0260620D9E8.jpeg
posted by スタッフ at 23:15| Comment(0) | かずきの地域おこし日記

2018年02月08日

今日から出ています

月曜から休み続けてしまいました。
咳に高熱。
そう、インフルエンザにかかってしまったのでございます。

熱の出始めは寒いのなんのって…。
布団の中でも体が震えるんだもの。
新年早々忙しい毎日でしたから。
体が休みを欲しがっていたのかも知れません。

そして今日、何とか職場復帰することが出来ました。

DSCN2689.jpg

久々のパンはスカンピンのダブルチーズ。
そして豆が散りばめられたあんパン。

ううーん、元気が出ます。
週末はスキー場まつり。
朝から寒いところに立たねばなりませんが…。

暖かくして行こうと思います。
posted by スタッフ at 14:40| Comment(0) |

2018年02月07日

歩くと気づく

普段は何気なく通りすぎる町の風景も歩いてみると、また違った一面に気づくことがあるものです。

車が故障したこともあり、先週は歩いての通勤。こんなこともなければと商店街の小路を歩いてみると、どこか懐かしい情緒に触れることができます。

気分もリフレッシュするので、たまに晴れた日は歩くのも良いかもしれません。

_20180207_234958-57389.JPG
posted by スタッフ at 23:31| Comment(0) | テラの当番

2018年02月06日

スキー場まつり2018

毎年恒例の「スキー場まつり」が2月11日に暑寒別岳スキー場で開催されます。
子供向けのアトラクションで雪中に隠されたボールを探す「雪中宝探し」や大人も参加できる的めがけて雪玉を投げる「雪玉 de GET!」などを実施する他、ジャンボ滑り台やかまくらも設置。豚汁や焼き鳥の販売などもあり、大人も子供もみんなが楽しめるものとなっています。
その中でも今回のメインは、新規で実施する「雪中すもう大会」です。
年齢や性別で部門分けし、雪の土俵の上で最大8名のトーナメント戦で実施。最近は、相撲を取って遊ぶ人達も見かけなくなりましたが、ぜひこの機会にすもうを取ってみませんか?
豪華景品も用意していますので、横綱を目指しましょう!

スキー場まつり豚汁あり.jpg

また当日は、増毛町のマスコットキャラクター「かもめのマーシーくん」をデザインした「うまい棒」を留萌市と小平町のものとセットにし、来場者に無料配布します。

1517554127904.jpg

「雪中すもう大会」の参加者は募集中ですので、参加したいという方は増毛町商工観光課に電話(53−3332)又はお越しください。
たくんさんの来場をお待ちしています。





posted by スタッフ at 11:14| Comment(0) | さっとの日記

2018年02月05日

ティーボールin増毛町

今日は増毛町でティーボール交流会が行われました。
ティーボールという言葉はあまり聞き慣れないと思います。
野球やソフトボールの入門スポーツとして考えられたものですが、今では体育の授業などで行われるなど注目されているスポーツです。

増毛町の教員委員会とスポーツ推進委員会の協力のもと開催されている企画に参加してきました。

IMG_3851.JPG

IMG_3853.JPG

まずはしっかりルール説明から。

そして、チーム毎の練習に入り、試合という流れでした。

ティーボールというよりも、このように子どもと大人が気軽に交流できる場が増毛町には多いということを知っていただければなと思います。

観光地として有名な増毛町ですが、教育や交流の面でも素敵な町であると思いますので、是非その辺りも気にかけてみてください。

みんな笑顔で駆け回っている姿が見えてくると思います。

IMG_3855.JPG

IMG_3857.JPG

何か増毛町に来て参加できる機会があれば是非参加してください。
気兼ねなく楽しめると思いますよ。
posted by スタッフ at 21:16| Comment(0) | もときの日記

2018年02月02日

鰊蕎麦


タイトル、読めましたでしょうか。
港町の人なら読める方も多いかもしれませんね。

正解は「にしんそば」です。

温かい蕎麦に甘く煮付けたニシンが食欲をそそります。
そのままかじるも良し、少し崩してつゆと一緒に味わうも良し。

寒い冬にはたまらない一品です。

81242E31-1F25-4DCD-AB08-E3CA769C91A2.jpeg

写真を見るとますます食べたくなりますね。

こちらの鰊はすが宗さんの商品。
冬季は9時から16時頃まで、不定休で営業しています。
42DCC068-4A9E-4937-99CA-8A94632F1C97.jpeg

このようにドアが開いていれば営業していますので、足を運んでみてください。
posted by スタッフ at 21:03| Comment(0) | かずきの地域おこし日記

2018年02月01日

我慢すること

今日の増毛は久しぶりに穏やかな朝を迎えました。
低過ぎた気温もいくらか高め。
と言っても寒い日であることには変わりありません。

DSCN8679.jpg

きれいに排雪された道もあっと言う間に雪の壁が出来てしまい、通りを走る車も見えません。
その分、歩行者の安全が守られているということでもあるのですけど。

DSCN8680.jpg

人が歩いた部分だけが踏み固められて行く坂道。
都会のツルツル路面よりはマシだと思うのですがね。
いかがでしょうか。

DSCN8661.jpg

冬は寒いもの。
長年北海道に住み続ける者にとっては当たり前のことですが、ここまで寒いのと降り続ける雪にはうんざりです。
楽しむことさえ忘れてしまう。

DSCN8664.jpg

たまに降るなら「いやぁ、参ったね。」って会話で済むのですがね。
毎日じゃ「…。」
無言になってしまいます。

DSCN8667.jpg

一昨年の冬に廃線となったJR留萌本線の留萌増毛間。
箸別駅近くに架けられていた鉄道橋の撤去作業が始まっています。
鉄製の桁はもちろん、コンクリート製の台も全て無くなるのだとか。

DSCN8669.jpg

これでまたひとつ歴史が消えて行くのですね。
寂しいけどこれも現実として受け止めますか。

DSCN8670.jpg

並行する国道231号では除雪作業が進んでいました。
多少の吹雪でも車の流れが止まることはありません。
自家用車さえ持っていれば誰も不便を感じない場所。

車があれば…、そんな前置きが必要なんです。

バスは便利なのか。
乗り継ぎの待ち時間はちゃんと工夫されているか。
先日、札幌からバスを利用して戻りましたが、留萌で1時間半待ち。
それぞれのバス会社が違いましたから止むを得ないのかも知れませんけど。

DSCN8671.jpg

でも乗客が便利だなと思えるものにしていかなきゃ。
自分もいつかは運転出来なくなる人なんだし。
先は見えませんな。

DSCN8674.jpg

昨日は皆既月食だったそうですね。
札幌や道東では見ることが出来たそうです。
でも増毛は雪降り。

DSCN8678.jpg

次回に期待するとしましょう。
忍耐力には自信がありますので。
posted by スタッフ at 10:28| Comment(0) |

2018年01月31日

旭川で発見


先週は札幌で増毛町を発見した記事を掲載しました。今週も先週に引き続き、旭川でも見つけました!

すぐに見つけることが出来たのが、國稀です!イオン旭川駅前のお酒売り場には道内の日本酒を集めたコーナーがあり、その一画に増毛町の國稀も販売されていました。

種類も多く販売されており、中心にも近いので増毛町まで来られない方でも入手しやすいです!是非お買い求めください!


posted by スタッフ at 23:46| Comment(0) | テラの当番

2018年01月29日

増毛町じゃなくても

最近は悪天候も続いて海沿いは時折ホワイトアウトしていますね。
吹雪いているとなかなか海沿いは通りたくないもの。

でも、増毛町の物が欲しいという方もいると思います。

隣町、留萌市ではお土産屋さんのお勝手屋 萌があり、留萌管内各町の特産品を幅広く取り扱っております。

増毛町の特産品も数多く取り扱っていて、水産加工品からジュースまで。

中でも種類多く扱っているのが、国稀!

IMG_3816.JPG

これだけ棚に並んでるのは増毛町の国稀くらい。

やはり、増毛町の特産品の中でも特に名の知れてるだけはあります。

その他にもシードルワインや果汁100%ジュースなど、お土産になるものもたくさん置いてありますので、是非立ち寄ってみてください!

IMG_3818.JPG

IMG_3819.JPG
posted by スタッフ at 17:58| Comment(0) | もときの日記

2018年01月25日

貴重なもの

明治から昭和のはじめにかけての建物が残る増毛。
それもこぢんまりとした駅前通りに密集しているのです。
酒蔵を中心に飲食店や宿、倉庫など。
丘の上には大規模な木造校舎の旧増毛小学校も残っています。
そしてもうひとつ。

DSCN8498.jpg

増毛郡の総鎮守“厳島神社”。
とても小さな建物ですが、中は貴重な絵馬や天井画などが収められています。

DSCN8499.jpg

そんな芸術品に囲まれて静かなひとときを過ごすのもまたいいものかと。社殿から先に立ち入るには拝観料が必要です。
希望される方は社務所にご連絡ください。

DSCN8507.jpg

お正月につきものの“まゆだま”。
私が子どもの頃にはどこかしらから枝を切って来て、飾り付けをしたものですが…。
今は売っているものすら買わなくなってしまいました。
こういった風習は大事にしなきゃならないのに。

DSCN8508.jpg

明治期以前に奉納された絵馬。
北海道開拓のようすを記したものもあります。
そしてガラス板の裏から描かれたものも。
こんな小さな町にあることが不思議に思えるものばかり。

DSCN8510.jpg

聞けば聞くほど深みのある話。
願いをかけるものなのか、叶った願いのお礼に収めるものなのか。

DSCN8511.jpg

昔の方々の行いを学ぶのもまた楽しいことかも知れません。

DSCN8516.jpg

景気が良かったのでしょうね。
誰がどれほどのお金で作らせたのか。
神聖な場所ではありますが…。
興味津々です。

DSCN8518.jpg

想い出に残るものと言えばもうひとつ。
御朱印帳の対応もしていただけます。
お時間のある方は是非。

DSCN8228.jpg

ご希望の方はまず神社の社務所までご連絡ください。
posted by スタッフ at 17:50| Comment(0) |