2017年04月11日

ゲートが開通します

山が大好きな皆さん、お待たせしました。
昨年の10月から冬季閉鎖していた道道暑寒別公園線の
ゲートが4/14に開通します。
DSCN1969.JPG

暑寒荘までの道路も除雪が終わっています。
DSCN1981.JPG
暑寒別岳は、4月〜5月の連休にかけて春山スキーを楽しむ
ため多くの方が訪れます。人気スポットです。
来たことがない皆さん、一度足を運んでみませんか?
ぜひ、お待ちしてます。

posted by スタッフ at 19:25| Comment(0) | さっとの日記

2017年04月10日

夕陽の見える町

 日本海に面している増毛町といえば、「甘えび」や「ホタテ」
など海の幸のイメージが強いのですが、なんと言っても目を引く
のが「景色」なんです。

 正直景色なんてと思う人もいるかも知れませんが、是非増毛町
の日本海に沈む夕陽を見てみてください。
 とても気持ちの良いものです。この時期はまた冬の大荒れてい
た日本海から一変していますので、さらに良く見えるかも知れな
いですよ。

 オススメの夕日スポットから1枚。

IMG_1748.jpg

 ここは、陣屋展望台にある砲台です。
 陣屋展望台から見る夕日は皆さん素敵だとよく言います。
 この写真は大砲から砲弾が出てるイメージ。
 子どももここに来れば楽しめると思います。
 大砲があるところは珍しいですからね。

 他にも夕日スポットは結構あります。
 今日イチオシしたいところは、こちら。「岩尾温泉あった
ま〜る」!

 4月1日にオープンしてから、10日間。
 まだまだ肌寒いこの季節あったま〜るで温まりませんか。

 そして、ここも夕日の綺麗なスポット。

IMG_9104.jpg

 温泉に入りながら、ゆっくりと沈む夕日を見て心も
身体も安らいでいきませんか。

 温まったら、ベランダでゆっくりと涼めます。

IMG_9100.jpg

IMG_1758.jpg


 そして、明日11日(火)から岩尾温泉にある「食事処 夕陽」
がオープンします!

IMG_9114.jpg

 火・金曜日は、11:30〜14:30
 土・日曜日、祝日は、11:30〜16:30
 の間で営業していますので、是非ご利用ください。

 他ではあまり食べられない食事もございます!

IMG_9111.jpg

IMG_9112.jpg

IMG_9113.jpg
posted by スタッフ at 20:34| Comment(0) | もときの日記

2017年04月05日

春の味

東京の方は桜の話題で盛り上がっていますね。
鉛色に包まれていた北の日本海にも青色が戻っています。
あとはもう少し暖かくなれば…。

DSCN4813.jpg

そう思いながら波打ち際を歩きます。
潮風が心地いい。
でもちゃんと着込んでいないと寒くて寒くて…。

DSCN4829.jpg

夕暮れは穏やかな朱色が空を染めて行きます。
夏場の空に比べたら青の部分が多過ぎますけど。
それでも春の訪れを感じることの出来る大切な色。

DSCN8761.jpg

カレイの水揚げが好調です。
小さいのから大きいのまで。
いただく機会が多いのなんの。
なので毎日のように唐揚げます。

DSCN8798.jpg

揚げたてが一番美味しいです。
砂ガレイが好きな私。
しかも手のひらサイズの小さいの。

DSCN8803.jpg

サッと醤油を垂らしてヒレの部分からかぶりつきます。
両手でつかんでバクバクっと。
ものの1分も要りませんから。
3枚、いや4枚。

DSCN8804.jpg

結局のところ5枚も食べてしまいました。
posted by スタッフ at 12:53| Comment(0) |

2017年04月04日

岩尾温泉の無料送迎バス

 岩尾温泉あったま〜るがオープンして、4日が経ちました。

 オープン初日は、天候にも恵まれたくさんの方にご利用いた
だくことができました。

 オープン特典として岩尾温泉特製タオルを先着100名様に
お配りしましたが、いかがだったでしょうか。

 もし手に入れた方がいましたら、是非ともそのタオルでまた
来ていただけると嬉しく思います。

 今年は、様々なイベントやお客様に喜んでいただけるような
環境作りを目指していきたいと思っていますので、どんどん感
想を教えてください。

露天風呂・札幌側.jpg

 岩尾温泉あったま〜るでは、本日4日(火)より町内から温
泉までの無料送迎バスが運行しております。

 地元のお客さんや観光客で街中まで来たけどなかなか岩尾温
泉まで行けないという方が多いということで、利用される方は
結構います。

 そして、なかなか知られていないのも事実なんです。

 無料ですし、下の画像を見てもらうと分かると思いますが、
停車場所がすごく多いんです。
 多くの皆さんにご利用していただこうと考えられたものです
ので、これを機に是非ご利用ください。



 自家用車等で行くのは大変だというあなた、是非バスで行き、
自然に囲まれた温かい温泉に入り、帰りはバスで寝ながら帰る
という最高のプランを楽しんでみませんか。

 昨年は、冬の時期に行った「りんご湯」もなんとか春の時期
に開催したいと思っておりますので、ブログを要チェックでお
願いします!
posted by スタッフ at 21:31| Comment(0) | もときの日記

2017年04月02日

営業再開です

町営温泉の岩尾温泉あったま〜るが営業再開です。

DSCN4723.jpg

体の芯から温まると人気の湯。
そして露天風呂からは日本海を一望出来るのです。
町から少々遠いのが…。

DSCN4720.jpg

まあそれも国道沿いながら秘湯と呼んでいただけるものかと思います。
看板の表示が地味で気付かれ無いということもあるかも知れません。

DSCN4724.jpg

市街地から温泉までの送迎バスは4日からスタート。
火曜と金曜に1往復ずつ。
そして食堂は11日からです。
準備の都合で少々遅くなりましたけど、今年も美味しいメニューを揃えて皆さまをお待ちします。

DSCN4725.jpg

昼間はカモメの群れを、そして夕暮れは沈み行く夕陽をお楽しみください。
posted by スタッフ at 23:51| Comment(0) |

2017年04月01日

光る場所

天気のいい日が続いています。

DSCN4758.jpg

昨日は雄冬にあるトイレを開きました。
国道沿いのものですが冬期間は閉鎖しているのです。
風はちょっぴり冷たいですが、眩しい日差しに潮風も春っぽく思えます。

DSCN4765.jpg

そんな日差しに反応してか、ニョキッと生えて来たフキノトウ。
見渡せば結構あるある…。

DSCN4773.jpg

でもここらではフキノトウを食べるという習慣はあまりありません。
先日はフキ味噌としていただきましたけどね。
それもまた珍しいなと思うくらいです。

DSCN4778.jpg

これから町内の観光施設もオープンしていきます。
田舎町ですから華やかさは少々寂しいかも知れませんけど。
のんびりして行けばいいっしょ。
そんな言葉が似合うように皆さまをおもてなし致しましょう。

DSCN4794.jpg

雪どけ時期は車のスピードも速くなりがち。
どうぞスピードダウンでお願いします。

DSCN4796.jpg

雪どけと言えば…。

切り立った崖地が多い雄冬海岸。
道路沿いのところどころに滝を見ることが出来ます。
冷たそうな水が勢いよく流れる姿もまた美しい。

DSCN4797.jpg

増毛側の雄冬と石狩市浜益区側の雄冬あたりにある白銀の滝。
そちらは駐車場もあり見どころとして整備されているのですが、もう一つご案内したい滝はこちら。
トンネルの入り口横に流れているんです。

DSCN4800.jpg

銀鱗の滝。
古くはニシン漁で栄えていた頃。
漁を終えた漁師が洗い流した鱗の光輝く様子から名付けられたのだとか。

そばに車を停めることは出来ませんので、ちょっとだけ歩いていただきます。

DSCN4805.jpg

足元は滑りやすいですからご注意ください。
posted by スタッフ at 10:00| Comment(0) |

2017年03月31日

雄冬の休憩所として

 明日から新年度!ということでついに4月1日(土)より
「岩尾温泉あったま〜る」がオープンします!!

 土曜日にオープンというのは私が商工観光課にきてからは
じめてですので、期待があります。

 明日は、土曜日ということで10:00オープンですので、
是非朝一から来てください。

 先着100名様は、岩尾温泉特製タオルがもらえます!

 詳しくは、下記からどうぞ!

「新着情報」から岩尾温泉オープン情報
   ↓          ↓          ↓


 さて話は変わりまして、札幌から増毛町内に来る途中にあり
ます雄冬地区にあるトイレが4月1日(土)より開放されます。

IMG_1711.jpg

 このようなログハウス調のオシャレなトイレです。

 なかなか長い道のりでトイレだとかコンビニだとかもなかなか
ない通りになりますので、札幌から来る方は、最後の休憩に。
増毛町から行く方は、最初の休憩場所に利用されてはいかがで
しょうか。

 この周辺の景色もかなり良いものです。
 日本海を一望できますし、反対側には雄冬地区の断崖絶壁が。

IMG_1712.jpg

IMG_1716.jpg

 冬のオロロンラインは暗く荒波が激しく通りづらい
ところでもありますが、これからの季節は、気持ち良
く景色も楽しめ、ドライブには良いと思います。

 増毛町の特産品がずらりと並んだ看板も。

IMG_1709.jpg

IMG_1710.jpg

 そして、夕日がうまくリングの上に乗れば、大きな
指輪に見えるというサンセットウェーブなんかも近く
あります。

IMG_1714.jpg

 是非記念撮影の場所に。と思います。

 少しずつ観光施設もオープンしていきますので、こ
れから情報をどんどんと発信していきたいと思います。

posted by スタッフ at 16:58| Comment(0) | もときの日記

2017年03月30日

旧商家丸一本間家のような落ち着きで

増毛町の駅前通りには歴史的建造物が
並び、それが魅力の1つでもありますが、
その中でもやはりここは別格。

「旧商家丸一本間家」

明治35年に完成したこの建物は
国の重要文化財に指定されており、シーズン中は
多くの方が訪れます。

現在は、4月のオープンに向けて準備中ですが、
入らせてもらえました。

20170316_114136.jpg

呉服店舗

この本間家には専属のガイドさんがいますが、
一番最初に案内される部屋が、この場所なんです。

時代劇で見るような光景が広がり、ワクワクしてきます。

20170316_114220.jpg

20170316_114419.jpg

20170316_115303.jpg

20170316_114442.jpg

久々に一通り中を巡りましたが、
あらためてこの施設の魅力を感じました。

それぞれの部屋にある掛け軸や、
「ふすま」に描かれている水墨画など…

美的センスがある方ではありませんが、
その辺の素人が描いたものではないことはわかります。

20170316_122425.jpg

20170316_122420.jpg

そしてどの部屋も、きれいに管理されており、
明日にでもオープンできそうな状態です。

これだけ広い建物をきれいにするのは、
大変なことでしょう。
本当に頭が下がります。


20170316_121032.jpg

醸造蔵

THE仕事場!
という雰囲気の場所。
当時の光景が目に浮かんできます。

さて、旧商家丸一本間家は
4月21日(金)オープン。

本間家 (2).jpg

その他にも増毛町の見どころが続々とオープンします。

「廃線後、観光客が減ることについて?」

昨年、何度も受けたこの質問。
これを聞かれるたびに「今に見てろー!」と、
心の中で思っていましたが、今となっては小さなこと。

増毛町に来てくれた人に良い思い出を提供できるように
街全体で頑張っていきます。


「心は熱く、頭は冷静に」

旧商家丸一本間家のスケールの大きさを見て、
知り合いのスキーのコーチが、よく選手に言っている
この言葉の意味がわかった気がします。
posted by スタッフ at 07:00| Comment(0) | yossy diary

2017年03月29日

この頃の増毛

この頃の増毛。

DSCN4590.jpg

ところどころに雪が残っています。
車道はほぼ心配無いとは思いますけど。
歩道は…。

DSCN4592.jpg

まだまだ注意が必要です。
駅前観光案内所の改装はひと通り終了。
あとは展示品などの細かいところをどのように見ていただくか、一番難しいところですけど。

DSCN4579.jpg

4月中旬のオープンに向けて準備を急ぎます。

DSCN4581.jpg

春近し。
列車は来なくなりましたけどバスはありますので。
そちらのアクセスを宣伝して行きましょう。
そして都合の悪い部分があれば、改善してもらえるよう地元からの声を出しますか。
乗る人も、乗っていただく人も。
みんなにいいものってあるハズだから。

DSCN4593.jpg

國稀酒造の蔵にお邪魔しました。
レトロな空間に心も落ち着きます。
こんな場所で絵でも描けたら…。
もちろん横には湯呑茶碗に酒を。

DSCN4587.jpg

そんな妄想に浸れる空間です。

DSCN4585.jpg

お漬物用の酒粕。
甘酒用の板粕。
どちらも人気です。

DSCN4589.jpg

一杯いかがですか。

暖かい甘酒をいただきました。
ありがたい。
温まります。
さあもうひと頑張りしましょうか。
posted by スタッフ at 11:28| Comment(0) |

2017年03月28日

増毛町のりんごも

 最北の果樹園地帯と言われている増毛町のりんごも
今では全道各地へと知名度を上げ拡がりつつあります。


 果樹園農家の努力とPRの工夫なども反映されてい
るのでしょう。

 先日、北広島市にあります三井アウトレットパーク
に行った時にふと目に付いたのが、入口にあるこちら
の物産展。
 北海道ロコという北海道各地の新鮮なものや特産品
を一堂に集めた物産展です。

IMG_1704.jpg

 三井アウトレットパークに行ったら一度は目にする
ほどの大きさであると思います。

 そこの入口の一角を占めていたのはこちら。

IMG_1702.jpg

 増毛町にあります「ヤマセン仙北果樹園」のりんご
がずらりと並んでいます。

 種類もデリシャスや紅将軍、ハックナインなど珍し
いものから定番のものまで様々でした。

IMG_1703.jpg

 中でも、ハックナインはあまり出回らないのか、
私の前にいたお客さんが久々に見たと大興奮でした。


 ここに限らず、最近至る所で増毛町の名を目にする
機会が増えてきました。

 札幌市でも増毛町の海産物や地酒国稀が多くの店で
取り扱われているので、是非味わってみてください。

 このように色々なところで増毛町をPRすること
でさらなる波及効果が期待できるのではと期待して
おります。


posted by スタッフ at 09:18| Comment(0) | もときの日記