2022年07月05日

たぁ〜まやぁ〜

♪たまに行くなら増毛町♪

大規模通信障害...アンテナマークが薄〜く見えるので、「疲れが目にきた目」のだと、しばし瞑目したTsuですたらーっ(汗)

さて、7月。夏らしい暑さ晴れ(今日はどんよりですが,,,)同時に増毛町に夏の訪れを告げるもの『サクランボ』exclamation×2
『サ〜クランボ〜はぁ〜じめました♪』
220705 ブログ写真1.jpg

220705 ブログ写真2.jpg

増毛町の “夏の味覚” 第1弾『サクランボ』。今年のサクランボがどれほどおいしいか、どんな特長があるのかなどは、その道の “セミプロ” である他のスタッフに説明を譲るとして。(この伏線の回収、頼んだぴかぴか(新しい)

僕からのお知らせは・・・・・

7月30日(土)【 増毛町納涼花火大会 】 開催しまぁ〜すっexclamation×2
220705 ブログ写真3.PNG

夜空を彩る花火。夏の思い出づくりには欠かせませんねぇ。特に増毛町の花火は、観覧席の目の前で打ち上げられ、真上で大輪が咲くよう。音や振動も含め、ものすごい迫力ですパンチ例年に負けない “美しく” “華やか” で感動していただけるプログラムになるよう目下準備中です。どうぞご期待くださいexclamation×2

新型コロナ...なかなかスッキリしない中ですが、基本的な感染対策をとりながら、この花火大会を “元気の幕開け” の合図としましょう右斜め上
手(チョキ)
posted by スタッフ at 08:31| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年06月28日

最も新しい → 最も古い!?

♪たまに行くなら増毛町♪

昨日のブログでもお知らせしている暑寒別岳「安全祈願祭」が行われた25日。なんと増毛町では“30.5度”晴れ1978年の観測開始以降、6月の気温歴代1位。どうりで!! 溶けかけたTsuですあせあせ(飛び散る汗)
220628 ブログ写真1.jpg

さて、町民のみなさんはお気付きでしたか?先週6月22日(水)、見慣れぬ大勢の小学生が増毛町の街を探索していたことにexclamation
220628 ブログ写真2.jpg

札幌市立「芸術の森小学校」の6年生が “修学旅行” で来町。高級感あふれる大型バス4台が到着。ここまで来る車中で盛り上がったのか、既にみんな楽しげ。最初に『千石蔵』で昼食(各自お弁当)。そのあと『国稀酒造』見学、それからグループワークでそれぞれ増毛町内を探索へ。

220628 ブログ写真3.jpg


220628 ブログ写真4.jpg


220628 ブログ写真5.jpg

実は「芸術の森小学校」の設立は2021年4月1日。2つの小学校の併合による新設校!! 出来たて “ホヤホヤ”いい気分(温泉) “ピカピカ”ぴかぴか(新しい)そんな学校の児童が最後に見学したのが、道内で “最も古い” 大規模木造建築の『旧増毛小』。物珍しいのはそうなんでしょうが、ボランティアガイドの説明に、熱心に耳を傾け質問する様子は意義深いものでありました。
220628 ブログ写真6.jpg

都会の小学生が、選りによって修学旅行で増毛町へ...どんな感じなんだろうと声をかけてみると、「友達と一緒に過ごすのが楽しい」と。その感じは今も昔も、地方も都会も変わらないようです。今回の楽しい記憶とともに、夏休み?数年後?数十年後?に再び増毛町にお越しくださるのをお待ちしておりますよexclamation×2
手(グー)
posted by スタッフ at 08:17| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年06月21日

イベント with コロナ

♪たまに行くなら増毛町♪

昨日のブログでもお知らせしている暑寒別岳「整備登山」に僕も初参戦!! 筋肉痛が3日遅れでやってきたTsuですたらーっ(汗)(なにか情けない・・・)

さて、6月19日の日曜日に遠藤水産主催『えびまつり』が開催されました。当日は少し薄〜い雲がかかっているものの、ジワ〜ッと汗ばむような陽気。いくつものテントブースが立ち並び、会場にはBGMが流れて・・・。なんと久しぶりなこの雰囲気。これぞイベントって感じですexclamation×2
220621 ブログ写真1.JPG

「with コロナ」。今回のイベントは新型コロナ感染対策に配慮し実施されていました。
メインの「甘えび販売」は、長時間の“密” を作らないよう事前に整理券を配布したうえ「チケット」を購入。お客様の好きなタイミングで品物と引き替える仕組み。
220621 ブログ写真2.JPG

遠藤水産オリジナル『ドライブスルー販売』車(セダン)も接触機会を極力減らすよう配慮したシステム。とてもスムーズに機能していました。
220621 ブログ写真3.JPG

その他、お楽しみ企画「マグロ解体ショー」では100Kg超のマグロ2本が職人によりさばかれ、多くのお客様がスマホを向けてらっしゃいました。
220621 ブログ写真4.JPG

ファミリーに大人気だったのは、お子様限定「えびすくい」「ホタテ釣り」。
220621 ブログ写真5.jpg

増毛町の『味覚』、増毛町の『元気』を発信・感じていただける「えびまつり」になったと思います。お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。主催の遠藤水産さん、お疲れ様でした。
さぁ〜僕らも続かねばexclamation×2 「with コロナ」に対応して。
手(パー)
posted by スタッフ at 08:32| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年06月14日

遠藤水産「えびまつり」!!

♪たまに行くなら増毛町♪

6月に入り関東では梅雨入り。北海道はというと気温のアップダウンが激しいですね。でも今日は穏やかで暖かい晴れ “ちょ〜どいい” のが一番のTsuです。

お知らせですっexclamation×2
6月19日(日)に増毛町港町にあります遠藤水産さん主催『えびまつり』開催ひらめき
220614 ブログ写真1.jpg

「朝獲れ甘エビ」「柔らか蒸しタコ足」「活ホタテ」のドライブスルー&鮮魚箱売り。「えび汁」「甘えびボタンえび寿司」や加工品などの販売。さらにお楽しみ企画「マグロ解体ショー」やお子様限定「活えびすくい」のイベントも!! 盛りだくさんの内容となってます。

新型コロナウイルス感染症の影響で、大きなお祭りの開催が困難な中、事業者さんが主体となりイベントを企画・開催いただけるのはありがたいです。この遠藤水産主催『えびまつり』を皮切りに、増毛の“味覚”、増毛の“元気”を町内外のみなさんにお伝えできるイベントの輪を広げていきたいです。


220614 ブログ写真2.jpg
また、先週のブログで既報の元当町地域おこし協力隊・相内さんが店主のキッチンカー『barba taberna(バルバ タベルナ)』の創業1周年記念出店が本日から開催。

220614 ブログ写真3.jpg
天候にも恵まれ大盛況!! 明日6月15日が「本祭」。“髭店主”自慢の「海鮮春巻き」や「甘酒ラテ」など、食べて“お祝い”&“応援”しましょうexclamation×2
手(チョキ)
posted by スタッフ at 17:24| Comment(2) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年06月07日

なおみちカフェ 〜知事がキタァァァー!!〜

♪たまに行くなら増毛町♪

な、な、なんと!!
昨日6月6日、鈴木直道北海道知事が増毛町にいらっしゃいましたexclamation×2
220607 ブログ写真1.JPG

『なおみちカフェ』

「地域がもっと輝く」北海道の実現に向けて、知事が地域を訪問。市町村長や地域で活躍されている方々との直接対話を通じて地域との絆を深める「スクラムトーク」や懇談により、創意工夫ある取組を視察、広く発信していく事業。令和元年から続けてらっしゃいます。(参照:北海道HP、総合政策部地域創生局地域戦略課)

220607 ブログ写真2.JPG

増毛町では、増毛駅から富田屋旅館、観光案内所、旧商家丸一本間家に立ち寄りながら、ふるさと歴史通りを視察。道中のアテンドは堀町長と石垣副町長。
220607 ブログ写真3.JPG

220607 ブログ写真4.JPG

220607 ブログ写真5.JPG

“熱心” な町長の説明・解説に対し、知事も“熱心” に耳を傾けられ質問されたりと、増毛の魅力を改めて感じていただけたのではないかと。また「インスタ、フォローしてまぁ〜すっ!!」という“熱烈” なファン!?の登場にも笑顔で写真撮影に応じる爽やかさぴかぴか(新しい)(あやかりたい,,,)

国稀酒造では、漁協青年部や国稀職員との懇談。「漁師の力水」や魚介類と日本酒のセット販売のアイディアと取組などについて、和やかにディスカッション。どっぷりと汗をかいての対応、お疲れ様でした。(以前、前知事の前で私は“止められないほど”足が震えた経験が,,,ブルブルあせあせ(飛び散る汗)
220607 ブログ写真6.jpg


220607 ブログ写真7.jpg


「今後も地域の皆様が効果的に連携し、より一層、地域の魅力が多くの方々に届くことを期待しています」と知事コメント。
鈴木知事も実際に歩かれた街並み。“知事ファン”は勿論、情緒あふれる雰囲気と自慢の味覚、みなさんも味わってみませんか?
手(グー)
posted by スタッフ at 08:33| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年05月31日

麦わらの〜帽子のき〜みが♪

♪たまに行くなら増毛町♪

明日からは6月。暦の上では “初夏”。増毛町では小中学校やこども園の運動会・体育祭のシーズン。“初夏” とはいえ、運動会や体育祭が開催されるこの時期に北海道の “春を感じるぅ〜”  Tsuです。(しょ〜か、しょ〜か)

220531 ブログ写真1.jpg
それからこれも。札幌方面から増毛町にお越しいただく際、暑寒別川を越えた市街地への入り口で “マリーゴールド”  の花壇がお出迎えします。

昨日、その植栽作業が行われました。これは、町の環境美化事業『花いっぱい運動』。街並みを華やかに、町民のみなさんも町外からいらっしゃる方々も心に彩りを。町からの委託を受けた「増毛町生きがい活動事業団」の方々が国道231号沿いの花壇にきれいに株ひとつひとつを植え込みしていきます。この時期の増毛町の風物詩と言って過言ではないでしょうexclamation
220531 ブログ写真2.JPG

そのマリーゴールドを眺めつつ、増毛駅へ向かって “ふるさと歴史通り” を進んでいたところ・・・
220531 ブログ写真3.jpg

『すし屋のしめさば』をはじめ、大将がその腕前と味へのこだわりを注ぐ加工品でおなじみ、ましけ郷土の味処「すが宗」さんの店前。
???

220531 ブログ写真4.jpg
「うど」「竹の子」。山菜の無人販売。採りたての新鮮な山の幸。これも “春を感じるぅ〜” のひとつですね。山菜を “食べる”  のは大好き。しかし、自分では山に入るスキルもモチベーションもありませんたらーっ(汗)そんな僕にこれはありがたい。天ぷら?酢みそ和え?きんぴら?

220531 ブログ写真5.jpg

それでも山菜を “採ることも楽しみ” という方もいらっしゃるでしょう。山に入る際は、行き慣れた場所でも油断することなく、行き先や帰宅時間を家族に知らせ、なるべく複数人でお出かけください。それと “熊” に注意ですexclamation×2
手(パー)


【お詫び】
私のこれまでの「観光スタッフ日誌」投稿に対してコメントをいただいておりました。ありがとうございます。しかしながら、コメントの確認・返信の操作不慣れのため、スルーした状況となっておりました。申し訳ございません。以後、気をつけます。
さし当たりまして、いただいておりますコメントへのお返事をここでさせていただきます。

『桜は日本中どこでも咲いているので、果樹園の暑寒別岳バックのエゾエンゴサクの写真を』とのコメント。ありがとうございます。仰るとおり!! あの青とも紫ともとれる花の群生と暑寒別岳のコンストラストは格別と思います。勉強になります。増毛町の花「サクラ」もご覧いただければ幸甚に存じます。

『雄冬野営場のオープンはいつ頃?』とのコメント。ありがとうございます。雄冬野営場は基本的には「フルオープン」の施設です。しかしながら、隣接のトイレは4月上旬に開放、野営場内の水場は7月上旬の開放を予定してございます。お問い合わせの内容に合致するか不安ではありますが、上記ご承知置きいただきご利用くださいますと幸甚に存じます。
posted by スタッフ at 09:05| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年05月24日

おいしくなぁ〜れっ!!

♪たまに行くなら増毛町♪

桜、サクランボ、りんごと季節ごとの花々を愛で、心穏やかに過ごす今日この頃のTsuです。
220524 ブログ写真1.jpg
(リバーサイドパークの藤も綺麗です)

さて、5月も終盤。暖かくなってきましたね!! この時期の風物詩といえば“田植え”。増毛町でも先週から本格的に田植え作業が始まりました。
220524 ブログ写真2.JPG

「ななつぼし」「ゆめぴりか」「えみまる」などの品種を作付け。増毛のお米は「低タンパクで食味がよい」と高評価。また暑寒別岳の豊富な伏流水と肥沃な大地、夏場の寒暖差が大きいことで“おいしい”と人気があります!
220524 ブログ写真3.jpg

それに加えて“農家さんのお仕事っぷり”。お米をつくるには『八十八の手間』、すなわち煩雑な作業と膨大な仕事量が必要だといわれています。文字通り、多くの手間をかけ、心を込めてお米づくりをするからこそexclamation
220524 ブログ写真4.JPG

増毛町には“おいしいもの”がいろいろ。海産物や加工品、果樹、お酒はもちろんなのですが、“日本人の食”の中心は『米』。増毛町のお米の作付面積や収量は、全道・全国から見るとほんの僅か。ですが、その希少価値と自慢の食味のよさで勝負パンチさらに病害虫の発生が少ない増毛のお米はまさに“安心・安全”。

増毛町でも水田の基盤整備が進み、さらにドローンなどのICTの活用や直播栽培などの技術導入により作業効率の向上・負担の軽減が図られてきています。とはいえ、農家さんの心は変わらずexclamation

220524 ブログ写真5.JPG
この苗が、農家さんの『八十八の手間』の末、実り多き“豊作の秋”となることを祈って!!
『おいしくなぁ〜れっ!!』
手(チョキ)

※その他に酒米「吟風」「彗星」「きたしずく」も作付けされていますひらめき
posted by スタッフ at 08:50| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年05月17日

サ〜イクリング♪サ〜イクリング♪

♪たまに行くなら増毛町♪

もうどんな場所にいても光を感じる心地よい日々。Tシャツの中を泳ぐ風とともに“北海道の春”を楽しむTsuです。

さて、みなさん、お忘れではありませんか?そう、5月は『自転車月間』exclamation×2
220517 ブログ原稿(prot)写真1.jpg

知らんかった〜あせあせ(飛び散る汗)

しか〜しっ!! 増毛町では「石狩北部・増毛サイクルツーリズム推進協議会」に参画し、石狩市・当別町・新篠津村の田園地帯からオロロンラインの海岸線と移りゆく町並みを眺める“自転車乗り”には垂涎の「サイクルルート」を設定。日常に彩りを加えます。
220517 ブログ原稿(prot)写真2.jpg

「本格派じゃ〜ない」という方も、増毛町民の方も大丈夫!! 増毛町内周遊コースをご用意。手軽な「街中ぐるっとちょいっとコース」とたっぷり堪能「海風感じるオロロンコース」。駅前観光案内所にはレンタサイクルもあります!!(電動は有料、ノーマルは無料)増毛町の歴史的建造物や水田・果樹畑、大自然の中を“自転車”で観光。それだけで世界が違って見えて、気持ちイイに決まってますexclamation
220517 ブログ原稿(prot)写真3.jpg


もちろん、ヒーローになりたい“本物のサイクリスト”のみなさんは、全長約290q、2泊3日のロングコースに挑戦!! 陽のあたる坂道、高ければ高い壁のほうが登ったとき気持ちいいですもんね。希望に胸が震えます。

また増毛町では『サイクルラック』(自転車掛け)を用意。気が付けばそこにある。増毛駅前、セイコーマート様(2店舗)と国稀酒造(株)様に設置しております。どうぞご利用ください。
220517 ブログ原稿(prot)写真4.jpg
220517 ブログ原稿(prot)写真5.jpg
(注意:犬をつなぐためのものではありません,,,)

『自転車月間』をきっかけに、健康によく、地球温暖化対策にも役立つ“自転車ライフ”もいいのでは?くれぐれも安全運転でお願いしますね!!(点検はもう1回もう1回)
手(グー)


☆この5月はもうひとつ。Mr.Children、デビュー30周年だそう。本文中に“それとは解らない”程度(!?)に歌詞をちりばめてみました。
posted by スタッフ at 08:53| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年05月10日

御食事処OPEN!!

♪たまに行くなら増毛町♪

あらま!?ゴールデンウィークも終わってしまいました。“やる気スイッチ”を早めに作動せねば。スイッチのありかを探すTsuです。

この連休中、天気予報どおり善し悪しがハッキリ。気温のアップダウンも激しめで。それでも増毛町には多くのみなさんがいらっしゃいました。
雨の中でもお越しいただいている様子を見て、増毛町のポテンシャルの高さを再認識。四季折々の増毛町を楽しんでいただけるコンテンツやPR方法を考えていかねば。

ということで、またひとつ増毛の自慢のコンテンツがオンシーズン。昨日5月9日に陣屋展望台の『御食事処 陣屋』がオープンexclamation×2
220510 ブログ原稿(prot)写真1.jpg

メニューは、「ラーメン」「うどん・そば」「しょうがやき・とんかつ・焼魚定食」「カレー」に「豚丼」!!
『海鮮丼や刺身定食などは提供しておりません』と店頭にキッパリ張り紙!!
そう、ココはとても気さくなママさんが腕によりをかけた“海鮮以外”のお料理が自慢。お味は言わずもがな、ボリューム満点で地元の人も訪れるランチスポット。
220510 ブログ原稿(prot)写真2.jpg


220510 ブログ原稿(prot)写真3.jpg
(しょうがやき定食。「ご飯足りてるかい?」って腹裂けそうです,,,)

そして自慢、その2。
視界いっぱいに広がる“オーシャンビュー”。美しく緩やかな弧を描く水平線に『地球の丸さ』を感じながらのランチ。素敵なロケーションexclamation
220510 ブログ原稿(prot)写真4.jpg


写真 2022-05-09 17 55 38.jpg
(黄昏時はこんな風景も)

国道231号の暑寒別川河口の高台。札幌からは増毛市街地に入る手前。10月下旬まで営業予定。(営業 10:30〜15:00、水曜定休日)ぜひお立ち寄りください。元気な“ハマのママさん”がお待ちしております。(海鮮はありません。しつこい???)
手(パー)
posted by スタッフ at 08:35| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年05月03日

お・も・て・な・し

♪たまに行くなら増毛町♪

5月3日は『憲法記念日』。1947年の今日、日本国憲法が施行されたことを記念した祝日。「国民主権」「基本的人権」「平和主義」の三原則を謳った日本国憲法。様々な議論はあるものの日本に限らず、違いを乗り越え、広く世界の平和を願うTsuです。

さて、GWも中盤。あいにくのお天気雨しっかし、寒い,,,。これから午後にかけて雨はあがる予報ではありますがあせあせ(飛び散る汗)

せっかくの連休。お出かけを計画されている方も多いでしょうね。まだ予定のない方にも朗報ですexclamation今日5月3日(火)から8日(日)までの6日間、増毛駅前で『おもてなし事業』を開催しております。わたあめ、コットンキャンディーソーダ、海鮮焼き、アップルパイ、ケーキ、クレープ、海鮮春巻に雑貨小物などなど、毎日、数店舗が出店。既存のお店に+α(プラスアルファ)して、お越しくださるみなさんを『おもてなし』させていただきます。
220503 ブログ原稿(prot)写真1.jpg
(試行錯誤の末に完成。カラフルなわたあめ&コットンキャンディー)

220503 ブログ原稿(prot)写真2.jpg
(安定のクレープ&アップルパイなど。雨の中ですがよろしくです!!)

天気予報はイマイチではありますが、増毛町ならば “見どころ”が「ふるさと歴史通り」にギュッとまとまった『コンパクト観光地』。「天候の影響は最小で旅行気分を損なわない」と一部で囁かれていたり、いなかったり,,,。公設駐車場も増毛駅や役場、歴史通り沿いにあり便利です。
220503 ブログ原稿(prot)写真3.jpg
(雨にもかかわらず朝からお客様いらっしゃってます!!)

そうなのです。『増毛町』は “ちょ〜どいい”お出かけ先!増毛町を「目的地」とする方も「中継地」とする方も増毛駅前で<お・も・て・な・し>されてくださいexclamation×2
5日からは気温もグッと上がる予報。お待ちしております!!
手(チョキ)
と言っているうちに、雨あがってきましたよ〜ひらめき

☆☆道中は安全運転でお願いしますね☆☆
posted by スタッフ at 12:08| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年04月26日

ちょ〜どいい!!

♪たまに行くなら増毛町♪

増毛町にも桜前線が到着!!増毛町の開花宣言は独特。総合交流促進施設「元陣屋」のエゾヤマザクラを“町長”が独自に確認し宣言します。今年は4月22日。これからソメイヨシノ、ヤエザクラと続きGWは“桜を愛でる”穏やかな日和になりそう。
220426 ブログ原稿(prot)写真1.jpg

4月も後半。気温が20度を超える日もあり「さぁ〜ちょっと出かけよう!!」そんな気分になりますよね。
そんな時には『増毛町』。“ちょ〜どいい”お出かけ先!!

「観光案内所(風待食堂)」「旧商家丸一本間家」がオープン。「増毛駅」「富田屋旅館」などを含む「ふるさと歴史通り」のノスタルジックな町並みで昭和の雰囲気漂う『文化』を。
220426 ブログ原稿(prot)写真2.jpg 220426 ブログ原稿(prot)写真3.JPG

「リバーサイドパーク」「雄冬岬展望台」がオープン。山・川・海。秀峰・暑寒別岳とそこから注ぐ暑寒別川、日本海の荒波が創りだしたダイナミックな『大自然』を。
220426 ブログ原稿(prot)写真4.jpg
(鯉のぼりの画像、連投となります。どうしても載せたい,,,)

ノスタルジックな風土とダイナミックな自然、そして増毛の“人”が生み出す自慢の『味覚』を。

この奇跡の3点セットが、札幌からも旭川からも車で約『2時間』でお楽しみいただけます!!そう、“ちょ〜どいい”お出かけ先!!という訳です。道中も自然風景で飽きさせません。ただし、安全運転でお願いします!!
220426 ブログ原稿(prot)写真5.jpg

『増毛町は、みなさんをお迎えする準備できてますよ!!』
手(グー)
posted by スタッフ at 08:32| Comment(2) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年04月19日

こちらはいかがでしょう?

♪たまに行くなら増毛町♪

もう何年前のことでしょうか。
家族で東京へ行った際のことです。滞在が品川だったため、夕食は『品川プリンスの38階』スカイツリーの見える和食料理店で。

そこは江戸前の魚介や江戸東京野菜の天麩羅と“日本酒”を楽しむお店。日本酒ソムリエがいらっしゃって、料理に合う一杯をセレクトしてもらえます。

ソムリエ)「お酒はいかがしますか?」
Tsu)「いただきます」
ソムリエ)「お好みはございますか?」
Tsu)「料理に合うお勧めのものを。ソムリエ、渾身の一杯をお願いします!!」
ソムリエ)「では、こちらはいかがでしょう?」
Tsu)「・・・・・」

220419 ブログ原稿(prot)写真1.jpg

ソムリエ)「こちらは日本最北の酒蔵、国稀酒造の大吟醸でございます。フルーティーで上品な香り立つお酒です。それでいてキレのある飲み口で〜〜〜」

なんということでしょう?面白すぎてソムリエの説明は入ってきません。だって増毛から東京・品川間、直線距離で約930q。地上からの高さ約110メートル。そんなところで出会うとは、まさか思いません。しかも“渾身の一杯”として。さ、さ、さすがでございます『国稀さん』!!

220419 ブログ原稿(prot)写真2.jpg

『国稀さん』の売店では、大吟醸はもちろん、限定酒も含め豊富なラインアップからお買い求めいただけます。みなさんの“渾身の一杯”を!!
手(パー)
posted by スタッフ at 08:35| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年04月12日

増毛町出身!!

♪たまに行くなら増毛町♪

『喰ってみな!飛ぶぞ!』
プロレスラー長州力のあまりにも有名な名言(!?)のひとつです。

220412 ブログ原稿(prot)写真1.JPG

これは、朝4時の増毛港。この時期、4月初めから5月にかけ見られる増毛町の風物詩“ホタテ稚貝”の出荷。早朝(ほとんど夜中!?)からクレーン付の漁船と300人を超える人々が照明に照らされ作業している様子は、幻想的であり、かつ港は活気にあふれています。
220412 ブログ原稿(prot)写真2.JPG
このクレーンでつるされた黒いカゴ、通称『サブトン』にはホタテの稚貝「Babyホタテ」が入っていて、3p〜3.5pほどの粒が選別され素早く出荷。大型トラックが十数台横付けされ、フォークリフトで積み込まれると五月雨式に走り去っていきます。さて、その行き先は、、、『猿払村』をはじめ紋別や野付、宗谷、枝幸。増毛町出身の「Babyホタテ」は、オホーツクの海でこれから更に大きくたくましく育っていくわけですね。

んんん??? ということは、長州力が「喰って」「飛んだ」猿払村のホタテは、元を正せば「増毛町のホタテ」である可能性あり!!『〇〇町出身、△△部屋』大相撲でも出身地は大事にされるものです。「身の厚さが自慢、増毛町出身✕✕産ホタテ」とか「B級グルメグランプリ、増毛町出身□□産ホタテバーガー」。もっと主張していってもいいですかね?
手(チョキ)
posted by スタッフ at 08:00| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて

2022年04月05日

はじめまして!!新入りTsuです

♪たまに行くなら増毛町♪

はじめまして、Tsuです。4月から商工観光課メンバーに仲間入り。これまで役場でも“内向きな”仕事をしてきました。これからの僕の職場は、
写真 2022-04-05 7 46 18.jpg

増毛町自慢の大自然と、そこから産み出される数々の味覚、そして歴史・文化あふれる町並みです。(なんて素晴らしいのでしょう!!)
ブログコンセプトが固まらないままの見切り発車(!?)ですが、増毛町の「ちょっと聞いて」というエピソードを僕自身改めて拾いながら、みなさまが思わず

♪たまに行くなら増毛町♪

と自作のメロディーで口ずさんでしまうような感じになれば。
多くのみなさまとの関わり、出会いを楽しみに前向きに頑張ります!!よろしくお願いします手(グー)
posted by スタッフ at 10:09| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて