2017年03月06日

ゆっくり走ろう北海道

増毛町から国道231号線を通って
札幌方面に向かうと、たくさんのトンネルを
通過します。

一昔前に比べると、トンネル工事が進み、
とても走りやすい道路になりました。

異常気象時や、工事による一時的な通行止めが
無い限り、現在は24時間通ることも出来ます。

そんな通称「オロロンライン」で増毛町を出発し、
3つ目のトンネルを過ぎると絶景が待っています。

IMG_8899.jpg

この「マッカ岬トンネル」を過ぎたところに、
小さな駐車帯があります。

IMG_8905.jpg

ここからの眺めがすごく良いんです。
雄冬展望台とはまた違った良さ。

IMG_8901.jpg

単なる海と見えるかもしれませんが、実際にここで見ると
空気もよく爽やかな気分になります。

少し前までは山際に道路があり、カーブもきつい箇所が
あったのですが、今は長ーいトンネルが出来たので
とても走りやすくなっています。

IMG_8903.jpg

波打ち際も見ることだって出来ます。


この日は比較的穏やかな天気だったので、
波も高くありませんでしたが、日本海の荒波をここから
見るのも悪くありません。


札幌方面への道のりではこのような駐車帯が
たくさんありますので、すべての駐車帯からの景色を
楽しんでみたいと思いつつ、ノンストップで
走ってしまいます。
せっかちなんですね…

なお、このような駐車帯では当たり前のことですが、

IMG_8900.jpg

ゴミの不法投棄は絶対にしてはいけません。
posted by スタッフ at 09:38| Comment(0) | yossy diary

2017年03月02日

増毛町の最南端には…

増毛町雄冬地区

ここは石狩市浜益区雄冬と増毛町雄冬という
2つの自治体が1つの集落を形成している、
おそらく北海道では珍しい地区ではないでしょうか。
地区の名前も「雄冬」で同じ。

ここには、増毛町自慢の「雄冬展望台」や、
「雄冬野営場」、「白銀の滝」など、
景観を活かした名所が揃いますが、
さらにマニアックなところをご紹介。


IMG_8906.jpg

旧雄冬小中学校

平成14年に閉校となった学校で、現在は、雄冬地区の
避難場所として活用されています。

IMG_8910.jpg

IMG_8911.jpg

で、ここのどこがマニアックかというと…

上の写真の右側をご覧ください。
何やら飛び出ているものが見えませんか??

IMG_8912.jpg

そうです。
この地区の名所、雄冬展望台です。

本来はあそこから下の景色を眺めるものですが、
下から見上げるなんて、なかなかマニアック!!

さらに、反対側を見ると…

IMG_8907.jpg

ただの山に見えますが、もっとよーく見てみると…

IMG_8908.jpg

写真だとなかなか迫力が伝わりませんが、
「柱状節理」と言われる、自然現象で出来た珍しい景色を
間近で見ることができます。
ここもマニアック!!

そして私が選ぶ、雄冬地区マニアックアワード2017は…

IMG_8915.jpg

こちらです!

IMG_8916.jpg

「雄冬へき地診療所」

今はもう診療所としての運営はしておらず、
建物が残っているだけですが、
ここは、ドラマや映画で有名な「Drコトー診療所」の
撮影で使われた場所なんです。

増毛町での映画の撮影と言えば、
「駅 STAITION」が有名ですが、
他にも実はあったんです。
ここは知る人ぞ知るスポットだと自信をもって
紹介できます。

ちなみに、この雄冬地区には「駅 STAITION」
の撮影で使われたスポットもあります。

IMG_8914.jpg

雄冬神社。


札幌方面から来る方はぜひ、増毛町の最南端で
ドライブの休憩がてら、景色とマニアックスポットも
楽しんでみてはいかがでしょうか。
posted by スタッフ at 16:54| Comment(0) | yossy diary

2017年02月27日

「協働隊」

2月ももう終わりです。

次なる3月は卒業シーズン。

増毛に住んでいる高校生のほとんどが通う、
留萌市内に2校ある公立高校では、
3月1日に卒業式が行われます。

そして、昨年の12月4日のセレモニーで
「卒業式」を開催した増毛駅では、
すでにこのブログや新着情報でもお知らせ
していますが「駅☆祭」が開催されます。

開催まで1週間となった現在の増毛駅の様子。

20170227_112941.jpg

やはりいつもより雪が少なく感じます。
高倉健さん主演「駅〜Staition」では
もの凄く雪がたくさんある風景でしたが、
今年はその時と比較してもだいぶ少ないようです。

20170227_113000.jpg

20170227_113022.jpg

つい先日まで雪に埋もれていた線路が、
除雪されてきれいになっています。

20170227_113003.jpg

そして線路の横には雪山。

この雪山が駅☆祭の時には滑り台になる予定だと
思われます。


さて、この作業ですが、増毛町の各産業の青年部が
集まる「青年部協働隊」という組織で行ったようです。

増毛町商工会青年部
増毛漁協青年部
JA南るもい農協増毛支所青年部
増毛町役場青年部

最近は様々な場面で活躍しているこの共働隊。
今回、駅☆祭では主催者として楽しいイベントに
してくれるはずです。

20170227_113034.jpg

雪に埋もれていた線路は、手作業で除雪したそうです。

若い力を見せつけてくれます。


そんな駅☆祭は

3月5日(日) 11:00〜15:00

宝引きや抽選会などのほか、おしるこや豚汁の販売も
ありますので、ぜひ参加してみてください。
posted by スタッフ at 12:53| Comment(0) | yossy diary

2017年02月23日

新たな試み

冬期休業中のましけマルシェ。
いや、充電中と言った方が良いでしょうか。

4月からのオープンに向け、着々と動き出しています。


昨年、収穫祭や感謝祭などイベントを開催し、
普段のマルシェでは扱っていない、山崎菓子店のケーキや
中村屋製菓の中花まんじゅうなどを販売したところ
予想以上の反響がありました。

また、店内の一部をカフェスペースにしましたが、
多くの方がスタッフとの会話を楽しんだり、
駅前から歩いてきた方が、少し休憩できるなど、
良い方向へ進んでいると感じています。

そこで、次なる新たな試みとして、

20170222_142347.jpg

20170222_142355.jpg

20170222_142516.jpg

スイーツの開発に取り組んでいます。

昨日は試作品が完成したとのことで、
試食をさせてもらいました。


20170222_142351.jpg

まずはりんごゼリー。

りんご100%ジュースをゼリーにし、
底にはヨーグルトジュースをゼリーにしたものまで。
刻んだリンゴが良いアクセントになってます。

が、味としてはまだまだ改良の余地あり。
これからに期待です。


20170222_142722.jpg

続いて、定番のアップルパイ。

パイ生地に少し課題はありますが、味はgood!
商品化も遠くはないでしょう。


20170222_145550.jpg

最後は、國稀の酒粕を練り込んだパウンドケーキ。

酒粕だけのプレーンとリンゴ入りの2種類ありましたが、
これはすでに完成系です。
食感と味、どちらも申し分ありません。
あとはどのように提供するかを考えるだけです。

今回、この研究・開発をしてくれているのは、
増毛町地域おこし協力隊でFacebookでおなじみ
「みぃ」さんと、駅前観光案内所の案内人
「こんちゃん」の2人。

この意欲に応えるためには、試食の際には、
心を鬼にして正直に感想を言わなければなりません。

先日の試食でゼリーを食べたとき、
心の中では「ビミョー」と思いましたが、
正直に言えませんでした。
結果的に本人たちも食べて、美味しくないという
結論になったので、便乗しましたが、
次回からは、「料理の鉄人」、「将太の寿司」世代
として正直に伝えようと思います。
posted by スタッフ at 08:58| Comment(0) | yossy diary

2017年02月13日

場所を選ばない。

先週1週間、全国中学スキー大会が開催される
山形県最上町へ行ってきました。

会場となったのは「赤倉温泉スキー場」

20170131_130246.jpg

20170131_130341.jpg

20170131_130448.jpg

過去には国体のレースも開催されたことのあるコースで
電光掲示板や、コース設営などもさすがの状態でした。

今回、増毛町から参加した中学3年生の女子選手は、
約170人が参加する中で、45位という成績。
目標ももう少し高い目標だったし、
実力的にも、もう少し上を目指せたとは思いますが、
今回の経験を活かし、3月に岩手県で開催される
ジュニアオリンピックカップへ向けて、
また練習を頑張っていくしかありません。


さて、北海道選手団約100名が宿舎にしていたのは
山形県「瀬見温泉」という小さな温泉地。
会場である赤倉温泉スキー場までは車で約30分の
ところにある瀬見温泉は、弁慶が発見したとされるほど
歴史が古く、雰囲気も秘境の温泉地という感じでした。

この温泉地にはお寿司屋さんが1軒あり、コーチ陣で
行くことに。

海のマチからやってきたため、
行く前から勝った気分で行きましたが…

なんとも美味い!!

20170203_201228.jpg

値段も安く、財布に優しかったのが嬉しかったです。
美味しい寿司はどこで食べても寿司ですね。


さぁ、今回は初めての全国大会で
普段の滑りが出来なかった選手が、
次の全国の舞台では、この寿司のように場所を選ばず
力を発揮できるか見ものです。

posted by スタッフ at 06:00| Comment(0) | yossy diary

2017年02月09日

帯広で2番目に美味しい店??

節分が過ぎ、暦上の季節は春といったところ
でしょうか。

例年なら春の気配なんてほぼ感じることの無い
時期ですが、今年の増毛町は雪が少なく、
天候も穏やかな日が多いため、
春に向けて季節が進んでいるように感じます。

生活する上では、雪かきも少なく楽で良いのですが、
果樹にとっては、雪解けが早く進み過ぎると、
「霜」の心配が出てきます。

寒いところは寒く、降るべきところには降る。
といった具合に都合よくはいかないものです。


さて、先日帯広市まで行ったときに
面白い店を発見しました。

「帯広市で2番目に美味しい店」

インデアンというカレーライス専門店で、
前から知っていましたが、初めて行きました。

20170127_180525.jpg

寒くて手が震えていたのと、カメラの技術がないため
良い感じにブレブレです。

値段も安く、ボリュームたっぷりのこの店は、
常にお客さんが出入りするほどの人気店です。

自分が注文したのは
「インデアンカレー大盛り+カツトッピング」

20170127_181229.jpg


20170127_181220.jpg

サラサラカレーが苦手で、ご飯の上に乗っかってる
くらいのドロドロカレーが好きな自分は大満足でした。
辛さも選べましたが、間違って甘口を注文したのが残念。

帯広と言ったら「豚丼」というイメージが強いと思いますが、
こんなにクオリティーの高いものもあるなんて驚きです。


さぁ、この店のキャッチフレーズである、
帯広市で2番目に美味しい店という意味ですが、
甘えびの水揚げ日本第2位の増毛町としても
気になるところです。

その意味は。。。

「一番おいしいのは、妻と母の料理だから…」

だそうです。
一本取られました。

なお、自分が一番好きなのは「目玉焼き」です。
posted by スタッフ at 10:11| Comment(0) | yossy diary

2017年01月30日

増毛の賄い

先日、ちょっとしたお手伝いの
依頼があり、商工会女性部の方たちと
漁協女性部の方たちにお願いしました。

場所も行くだけで大変な場所だったので、
多少の不満(?)はあったものの、
増毛らしく、豪華な賄いを提供してくれました。

20170117_120557.jpg

20170117_103903.jpg

お汁粉の白玉はその場で作ってくれました。

20170117_104214.jpg

20170117_120601.jpg

定番の国稀の甘酒も。

20170117_120622.jpg

おにぎりはオーベルジュましけにお願いし、
タラコ、鮭、梅カツオの3種類。

20170117_113501.jpg

具だくさんのシチューには、ホタテと
鮭が入っていましたが、
こんな豪華なシチューは初めて見ました。


20170117_113512.jpg
20170117_113519.jpg

タコとホタテの刺身まで。
まるでブッフェのような賄いです。

お隣のマチ、留萌市からも協力を
いただきました。

20170117_114956.jpg

たらば蟹の味噌汁

こんな豪華な賄いは予想していなかったので
驚きました。

寒い中、協力いただいた皆さんに感謝です。

さて、新年を迎えてから早くも1ヶ月が
経過しようとしています。
月日が経つのは早いとわかっていつつ、
いろいろな準備を早めにすることが
出来ていません。

こういうときこそ『急がば回れ』という
言葉を都合よく肝に命じ、焦らずに
いろいろな準備を進めていきます。
posted by スタッフ at 15:10| Comment(0) | yossy diary

2017年01月26日

幼稚園と保育所。これから9年間よろしくver

先日、保育所の増築について
触れましたが、今日は幼稚園と保育所の
子どもたちについて。

増毛町は幼稚園と保育所がそれぞれ
1つずつありますが、小学校と中学校は
町内に1校のみ。
義務教育の9年間はほぼ同じメンバー。
また、人数が少ないのでクラスも
ずっと一緒なんです。
自分も1学年に1クラスという小さな町で
育ったので、高校に行って6クラスに
なったときは環境の変化に少し戸惑った
ことを思い出します。

さて、4月から同じ小学校に通う
幼稚園と保育所の子どもたち。
毎年この時期に交流事業が行われています。

1485430174261.jpg

1485430180901.jpg

町立体育館に集まってスポーツでしょうか。

1485430193930.jpg

何かを蹴っているようです。

1485430203840.jpg

1485430208208.jpg

もうお分かりだと思いますが、
フットサルで交流です。

サッカー少年団の指導者の協力で
幼稚園も保育所も関係なくチームを分け、
軽く練習したあとにゲーム形式で
交流します。

1485430220984.jpg

1485430215780.jpg

子どもたちにとってはとても広い体育館で
元気に走り回り、みんな笑顔で楽しんだ
ようです。

さぁ、4月からはみんな同じ校舎で新しい
生活が始まります。
これから一緒に過ごす9年間は、色々なことが
あると思いますが、少ない人数を活かして
良い人間関係を築いてほしいと願っています。


余談ですが、一昨年、中学校の同級生と
成人式以来に『同窓会』を開催しました。
その時の会話のほとんどが当時の思い出話。

誰と誰が付き合っていた、
夜の校舎、窓ガラスに石をぶつけたけど
1枚も割れなかった。
ずっと天パーだと思ってたけど実はパーマを
あてがっていた。
などなど。

今日、交流した子どもたちが
こんな話をする頃、自分はどんなオッサンに
なっていることやら…
posted by スタッフ at 21:09| Comment(0) | yossy diary

2017年01月19日

幼稚園と保育所。ほこたて。

増毛町には幼稚園1つと、保育所が1つあります。

もちろん、それぞれに目的や条件などがあり、
自由にどちらかを選んで子供を通わせることが出来ません。

自分は幼稚園出身なんですが、それは故郷に幼稚園しか
なかったからで、増毛町に幼稚園も保育所もあるというのは
とても羨ましいことです。

しかし、それぞれの施設では、いわゆる「同級生」と
言われる子ども達が10人に満たない状況が進んでおり、
少し寂しい感じもします。


そんな増毛町に、将来的に幼稚園教育と保育所機能を
1カ所で行えるよう、現在の保育所を増築しているんです。

まだ具体的にそのよう計画が決まっていませんが、
幼稚園機能も保育所機能も1カ所になることは、
悪いことではないと個人的に思います。

そんな増築部分を保育所の子どもたちが使っているので
紹介します。


20170119_081438.jpg

手前の三角屋根の建物が、もともとの保育所の建物で、
奥の平屋建てが増築部分。

20170119_081451.jpg

20170119_081519.jpg

今は、もともとの保育所部分を改築しているので、
現在はこちらの増築部分で保育が行われています。

20170117_081339.jpg

20170117_081351.jpg

20170117_081402.jpg

20170117_081413.jpg

仮住まいなので、まだ手狭な感じはしますが、
新しい建物はとても良いですね。

20170117_081424.jpg

20170117_081427.jpg


20170117_081509.jpg

20170117_081514.jpg

調理場もたくさんの子どもたちの給食を調理できることを
想定して、広くなりました。
最新の調理機器もあるとかないとか。


いずれにしても、この建物が幼稚園と保育所の良いところを
合わせながら、子どもたちのために有効に活用されることを
願っています。
posted by スタッフ at 11:04| Comment(0) | yossy diary

2017年01月16日

努力は報われる!

最近、スキーばかりしていて
このブログでも増毛の旬な情報よりも
自分の日記のようになってます…

なんだかなぁ〜

と、言いつつ今日もスキーネタ。

土曜日まで札幌テイネスキー場で開催されていた
『北海道中学校スキー大会』

増毛町からは中学3年生の女子1名が出場。
中学1年の男子も出場予定でしたが、
年明けに大ケガをしてしまい無念の欠場。
そんな後輩の分まで頑張ってほしいと思って
いましたが…

やってくれました!!

9位入賞で2月に山形県で開催される
全国大会への出場権獲得!

この選手は小学1年生から
『増毛暑寒レーシング』に入り、
アルペンスキーを始め、小さい頃はお世辞にも
上手だったとは言えず、目立った成績もありませんでした。
さらに、今でこそ増毛暑寒レーシングの会員は
3人と少なくなりましたが、当時は15人ほどの
選手がいて、大きい子や結果が出ている選手に
指導する時間も偏り、小学校高学年になるまでは
あまり熱心に指導することが出来ずにいました。

そんな中でもアルペンスキーを続け、
増毛暑寒レーシングの会員も減り、
仲間が減っていく中でも、頑張り続けていたんです。
ケガをして、シーズンインが遅れた時は
やめたいと言ってきたこともありました。

将来ワールドカップやオリンピックに出たい、
などの高い目標もなく、指導していても返事も
しないような選手ですが、吹雪いていても
どんなに寒くても練習を頑張りました。

半ば無理矢理スキーをさせているような状況も
少なからずありましたが、やっと結果が伴ったことは、
この選手の人生の中で大きな財産となるはずです。

目先の結果だけを追い求めずに、やるべきことを
一つずつ地道にやってきた成果でしょう。

2月の全国大会でも結果だけを求めすぎず
9年間のスキー競技生活の集大成として、
思いきって滑ってほしいと思います。

20170113_090406-f5634.jpg

20170113_142127.jpg

20170113_152318.jpg

みなさん、小さい田舎町から全国大会に
出場する選手の応援よろしくお願いします!
posted by スタッフ at 22:18| Comment(0) | yossy diary

2017年01月12日

冬将軍到来

ついに冬将軍が本気を出しました。
ニュースでも、留萌地方の暴風雪の様子が
多く伝えられており、相当な寒波なのでしょう。

と、そんな大荒れの日から別用で札幌に来ているので
実際どの程度かわからず…
札幌は寒いんですが、風もさほど強くなく
ニュースで留萌地方が映る度に、
なんだか申し訳なくなります。。。

年明けから天候が穏やかで、冬将軍とはしばらく
会っていませんが、ほどほどに早く過ぎ去って
ほしいものです。
少なくとも自分が増毛にもどる土曜日までに。


さぁ、今回札幌に来ているのは、明日から競技が
始まる『北海道中学校スキー大会』のサポートのため。

20170112_093048.jpg

20170112_094301.jpg

20170112_094304.jpg

写真では分かりにくいですが、
かなりの急斜面で、さらに、コース内には
水が撒かれているため、スケートリンクの
上を滑るようなもので、難易度が高い会場です。

引率している選手がビビらず、
普段の滑りが出来るように激励会を。

20170111_182526.jpg

20170111_182533.jpg

20170111_182540-f0aae.jpg

20170111_182545.jpg

前にもこのブログで登場した
『ノースヒル石狩』で焼肉。

先日のチャーシュー3枚の借りを返すように
美味しくいただきました。
posted by スタッフ at 16:57| Comment(0) | yossy diary

2017年01月09日

海もイイけど山もイイ。けどチャーシューが…

ふるさと納税で有名な上士幌町から
帰ってきました。

増毛町から向かう場合は、層雲峡温泉を
通って途中から三国峠を経由して向かいます。
距離にして約230q。
けっこうな長旅です。

生まれも育ちも常に海が見える町で
育ったので、周りを見渡しても海が見えないのは
少し寂しい気分になります。

ここ数年、ほぼ毎年来ている上士幌町ですが
スキー場があるのは『ぬかびら源泉郷』という
小さな温泉地。
晴天率が高く、朝晩は放射冷却の影響でものすごく
冷え込みます。
滞在していた4日間も、毎日天気が良かったのですが
朝の気温はマイナス20度…
温泉がありがたい気温でした。

さて、ここに向かう途中の三国峠ですが、
北海道の国道としては、最も標高の高い峠で
景色が最高です。
三国峠の標高が1,139mなので、
増毛町が誇る暑寒別岳の標高、
1,492mのようなところに国道が走っています。


20170108_141042.jpg

道路の両脇にはシラカバがびっしり。

20170108_142026.jpg

峠の駐車帯からは、富士の樹海を思わせる
景色も楽しめます。

海の景色は見慣れていますが、山の景色も
なかなか良いもんです。

増毛町も、海に沈む夕日などの景色も
魅力の1つですが、
知る人ぞ知る『箸別パイロット』
(※暑寒別岳 箸別ルートの登山口付近)
の景色ももっと広めたいですね。

さぁ、北海道の冬はこれからが本番ですが、
温泉もいいけど、やっぱりラーメンも最高ですね。

20170106_132658.jpg

味噌チャーシューとライス。
チャーシューが3枚しか入っていないのは
山奥過ぎて、入荷できなかったからでしょう…
posted by スタッフ at 17:41| Comment(0) | yossy diary

2017年01月05日

スキーネタばかりですが…

正月休みの期間はあっという間…
明日からは仕事始め。
2017年のスタートです。

さて、スキー場ネタが続きますが、
本日から増毛スキー連盟が主催する、
この時期の風物詩『ジュニアスキー教室』が
始まりました。

4日間のスキー教室で、5日目にはバッジテスト
が開催されます。
この教室は、午前中が小学1年生で、午後からが
2年生から6年生まで。
1年生はその年によって違いますが、すでにリフトに
乗れる子から初めてスキーを滑る子まで様々で
15人前後の参加者に対して8人程度の
インストラクターが手助けします。


20170105_104003.jpg
スキーの運び方から、

20170105_110207.jpg

歩き方、

20170105_112658.jpg

登り方などの基本的な動作から始まります。

すでにリフト乗って上から滑ってこれる子も
意外とこういった動作が出来ないんです。

おそらく、2日目の明日の教室では全員が
リフトに乗って滑られると思いますが、
この教室では、大人の手を借りなくても
スキーの準備や、転んでも起き上がれるなど、
自立できるようになることも魅力なんです。

自分は明日から、ふるさと納税で有名な
上士幌町にスキーの遠征で滞在するので
教室の手伝いができませんが、バッジテストの日に
また手伝いに行くので、4日間の教室で成長した
子どもたちを見るのが楽しみです。

最後に、スキーネタばかりなので美味しい画像を
お楽しみください。

20161230_172300.jpg

20161230_172432.jpg

20161230_172307.jpg
posted by スタッフ at 20:42| Comment(0) | yossy diary

2017年01月02日

穏やかな新年

明けましておめでとうございます。
今年も増毛町の旬な情報から、
日々の雑感などをお届けしたいと
思っておりますので、
よろしくお願いいたします!

さぁ、2017年の増毛町は穏やかな
天候で迎えることができました。

初日の出は雲が多く見ることが
出来ませんでしたが、風も弱く、
こんな新年を迎えられるのも
珍しいのでは無いでしょうか。

そんな私の正月は、
1月1日の午後からは役場の日直。
本日2日からはアルペンスキーの
レーシングチームの練習再開と、
なかなか正月気分を味わえずにいます…

ですが、そんなのも気にならないくらい
この『暑寒別岳スキー場』にいる時間が
とても好きなんです。

顔中が痛くなるくらいの猛吹雪の時も、
晴れて鼻毛が凍るくらいの寒さの時も、
スキー場に来ると落ち着きます。

20161227_103412.jpg

20161227_103427.jpg

20161227_103440.jpg

JRの廃線で注目を浴びた増毛町が
今年は違う話題で注目を浴びれるよう、
さらに、訪れた人に、また来たいと思って
もらえるよう、チャレンジしていきます。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by スタッフ at 18:44| Comment(0) | yossy diary

2016年12月29日

プレイバック2016

2016年も残すところあと2日。

自分の年内のブログの更新はこれで最後と
なります。

今年の4月に念願の観光部門に来ることができ、
とにかく夢中で頑張ってこれたと思っています。

増毛町を代表するイベントの「えび地酒まつり」
「観光港まつり」、「秋の味まつり」はもちろん
のこと、旧増毛小学校を活用したイベントにも
挑戦することができました。

7月に開催した「ぞうきん掛け選手権」
IMGP1195.jpg


8月のお盆の時期には「きもだめし大会」
IMGP2193.jpg


11月には校舎の80歳の日に「大そうじイベント」
IMGP5923.jpg

この3つはテレビや新聞でも注目してもらい、
話題性を提供できたと思っています。

イベントを企画する上で、注目してもらえるということが
どれだけありがたいことか。
また、お金をかけて告知をすることだけがすべてじゃない
ことも学べました。


そして今年の話題性で言えばダントツでこちら

20161204_200233.jpg

20161204_111756.jpg

増毛〜留萌間のJRの廃線です。

町ではセレモニーを実施しないということで、
町民の有志で結成された「増毛駅前通り商店会」の主催で
最終列車の運行に合わせ実施されました。

陰ながら手伝わせてもらいましたが、
準備期間が2週間ほどしかない中で、大きなトラブルもなく
終えられたことが何よりでした。

JR北海道や、北海道警察の方たちが全面的に協力して
くれたことも大きかったですね。


今年、これだけ多くの新規イベントに関わり、
本当に時間が足りなくて、精神的にきつい時期も
ありましたが、とても良い経験になりました。

そして、たくさんの方と携わることができたのは
自分の財産です。


1年目だからと言って妥協したくない。
今までにないこともしてみたい。
他の町に負けたくない。


来年も、いろいろな挑戦をしながら、
増毛町が盛り上がるよう頑張っていきますので
よろしくお願いします。
posted by スタッフ at 09:24| Comment(4) | yossy diary

2016年12月26日

モノの価値

先日、町内の「ダイニングバー オーシャン」へ
行ってきました。

名前の通り、バーなので夜の営業を思い浮かべると
思いますが、この日は昼の時間帯「ランチ営業」に
お邪魔しました。


そしてこの日食べたのは

「小平牛ハンバーグ定食」(1,000円)

20161220_121802.jpg


20161220_121812.jpg

どうですか??
メチャクチャ美味しそうですよね??

自分は、生まれも育ちも小平町で、このハンバーグを
幼き頃から食べていますが、本当に美味しいんです。
黒毛和牛なので、箸を入れたら肉汁たっぷり。

さて、この小平牛ですが、ハンバーグは比較的手に入りやすい
のですが、ステーキ肉やスライス肉はなかなか手に入りません…

あまり量が多くないこともありますが、高値で道外へ
出荷されているからでしょうか。
A5ランクも多く排出している肉の宿命なのでしょう。


増毛町にも一流の素材がたっぷりですが、
高く評価され、高値で外へ出て行くと地元ではなかなか
扱えなくなるかもしれません。

難しいことでもあり、嬉しい悩みでもあるこんなことを
故郷のハンバーグを食べながら考えていました。
posted by スタッフ at 11:16| Comment(0) | yossy diary

2016年12月22日

放送日変更!!

12月は本当にあっという間です。
今年も残り10日を切ってしまいました。

そして先週末くらいからは忘年会シーズン。

増毛町内でも飲食店では毎晩のように宴会が
開かれているのではないでしょうか。


さて、先日もこのブログで紹介しましたが、
↓  ↓  ↓  ↓


札幌市でも増毛町を堪能できる店があり、
その中の「北海道増毛町 魚鮮水産」が今日の夕方に
テレビで放送される予定でしたが…
先ほど連絡が来て変更になりました。

変更内容は、放送日のみで

12月22日(木)予定 ⇒ 1月5日(木)予定

HBC 「今日ドキッ」 17:00〜18:00の間

増毛町の美味しいものがたくさん紹介されるはずなので
ぜひご覧いただき、行ってみてほしいと思います。

3店舗とも人気店で混雑することが予想されますので
早めの予約がオススメです。

そして、万が一混んでいて予約が取れない場合…
「増毛町で直接食べる」という選択肢が一番です。
この時期は、待ち時間が無く食べられることが多いので
増毛町を1番堪能できるのが冬かもしれません。

IMG_8894.jpg

IMG_8895.jpg

さて、増毛町の「ふるさと納税」が4億円を突破しました。
2年連続での4億円突破です。

これからも応援しもらうためには、
この「冬」こそが勝負です!
posted by スタッフ at 09:44| Comment(0) | yossy diary

2016年12月19日

坂を活用する。

すでに、小樽・函館への観光ボランティアガイド
研修旅行から帰ってきて1ヶ月が過ぎようとしています。

小樽の話はすでにこのブログで綴りましたが、
函館の話がまだだったので、紹介したいと思います。

前日の小樽では吹雪の中での研修でしたが、
函館では快晴の中で研修することができました。

20161124_090953.jpg

20161124_091716.jpg

現地のガイドの方は、
函館ガイドボランティア「一會の会」代表の女性ガイドさん。

私たちの反応を見ながら話の強弱をつけたり、
「ここだけの話…」のような、聞かせるための言い回しが
上手でとても参考になりました。


さて、今回は函館山の山麓付近のガイドを中心に
受けましたが、とにかく坂が多く、しかもその坂を
うまく活用している印象がありました。

20161124_093034.jpg

20161124_091848.jpg

「大三坂」

この坂を下ると有名な「金森赤レンガ倉庫群」があります。


そしてなんと言っても最も有名な「八幡坂」

IMG_8662.jpg

20161124_094642.jpg

街路樹の間を海に向かって一直線に道路が走っています。
この坂が一番の人気スポットだそうです。

坂と言えば、登りがきつかったり、冬は滑って大変だったりと
あまり良いイメージがありませんが、景観を活用すれば
登るのも苦にならず、一つの観光資源となることを学びました。

言われてみると、東京の神楽坂も坂だからこそあの雰囲気
なのかもしれません。
留萌の太子祭もですね。
坂ばかりでしつこいようですが、今度は下から見てとても
雰囲気のある坂も発見。

20161124_122523.jpg

「護国神社坂」
坂の上に大きい鳥居があって、ついつい登りたくなります。
登りませんでしたが…


さぁ、増毛町の「海に向かって一直線の坂」は
どうできるでしょう。

20161219_150544.jpg
posted by スタッフ at 16:24| Comment(0) | yossy diary

2016年12月15日

これが本来の増毛町!

廃線からすでに2週間を迎えようとしています。

毎日、多くの方が増毛町を訪れてくれていましたが、
今はその時と比べると、とてもゆっくりとした時間が
流れています。
この時間をつかって、年明け2月12日(日)の
「スキー場まつり」や、あっという間にやってくる
「えび地酒まつり」がより良いものになるように
準備をしなくてはなりません。


さぁ、2016年も残り半月となってしまいましたが、
今年を振り返ると、増毛町がこれだけテレビや
新聞で扱われた年は無かったのではないでしょうか。

バッシングを受けるような内容ではない限り、
明るい話題、暗い話題の内容は関係なく、
取り上げてもらえることは本当にありがたいことです。

そんな昨日もテレビの取材が1件。

ご当地居酒屋の関連でHBCさんが取材に来てくれました。

IMG_8888.jpg

対応は町長。
ご当地居酒屋への思い入れが強く、取材中のトークも
はずみます。

増毛町居酒屋推奨店は

札幌市北24条 「海鮮居酒屋 海だより

札幌市アスティ45内 「海鮮酒蔵 二三一

札幌市すすきの  「北海道増毛町 魚鮮水産

の3店があり、昨日はこの中で「北海道増毛町 魚鮮水産」の
特集で取材。

取材スタッフによると、すごく混んでいて予約が取れない
状況です〜。とのこと。

店もきれいで、スタッフの対応も良く、それだけでも行く価値
がありますが、店の看板に「北海道増毛町」と大きく掲げている
店が混んでいるのはとても嬉しいニュースです。


廃線後どうなるか…
何回も言われてきたこのセリフ…


増毛町には美味しい素材がたっぷりです。

海鮮.jpg

地酒だってフルーツだってあります。

果物C.jpg

なんなら、絶景だって。

IMG_1339.jpg

ここに目を付けてくれて、取材してくれたことに
感謝しかありません。
HBCさん、大そうじイベントに引き続きありがとうございます。

これからも、本来の増毛町を存分に磨き上げます!
posted by スタッフ at 09:26| Comment(2) | yossy diary

2016年12月12日

天候に恵まれるありがたさ。

今週は、完全に冬になりました。

札幌市では、29年ぶりの「ドカ雪」で
約60pの積雪があったと、全国枠で報道がされていました。

新千歳空港でも約1,500人の方が、欠航により空港で
夜を過ごしたとのこと。

さすがの北海道でも60pは色々な障害が出てしまいます。

さて、ここ増毛町はそこまでのドカ雪にはならず、
荒れ模様の天候でしたが、普段より少し積もったかな?
程度でした。


ですが、これがもし、先週の最終列車の運航日だったら…

先週の土日は本当に奇跡としか言いようがありません。

あれだけ悪天候で運休していた、増毛〜留萌間が、
最後の2日間は、天候の心配が一切必要なし。
さらに、暖かいというオマケつき。

先週の2日間は、留萌〜増毛間の最終列車だけではなく
天候にも感謝です。

1481502134154.jpg

ありがとうスライドではたくさんの方に見ていただきました。
けっこうな機械トラブルはありましたが、無事に上映できて
ホッとしました。
これも天候が良かったから、みなさんが待っていてくれた
と思っています。

20161211_110651.jpg

そして、昨日はここ数年では一番遅いスキーの初滑り。
旭川市のカムイスキーリンクスまで行く道中は、
ホワイトアウト状態でしたが、スキー場は雪が降ることも無く
気持ちの良い初滑りでした。

今週17日(土)はいよいよ増毛町暑寒別岳スキー場の
オープンです。
今シーズンは天候に恵まれ、たくさんの人に来てほしいですね。
posted by スタッフ at 10:29| Comment(0) | yossy diary