2016年07月19日

贅沢な場所

暑寒別川の河口。
海水浴場から海浜キャンプ場に変わり何年が過ぎたでしょうか。
その時から駐車場も含め利用料が無料になりました。
水道とトイレがあるだけの場所ですから。

なのでゴミはお持ち帰りです。

DSCN2205.jpg

波と川の音。

DSCN2226.jpg

穏やかな流れだから波の音しか聞こえないかも知れません。

DSCN2209.jpg

などと書いてはみたものの私が立つ所は国道ですから。
案外聞こえて来るのは車の音だけだったりして。

DSCN2206.jpg

増毛駅からここまで約1キロ半。
晴れていれば徒歩でも十分です。
だけど田舎人は車を使っちゃう。
こんなに近くて魅力的な通りなのに。
何も感じる間も無く…。

もったいない。
歩く姿も絵になるのですがね。

DSCN2212.jpg

流れの止まった川。
でも浮かぶカモメが徐々に遠ざかるのはわかりますから。
透き通る水は泳ぐ魚を見つけるのも容易です。

DSCN2216.jpg

ここらの深さは胸あたりだったでしょうか。
橋の上からじゃ深いか浅いか全然わからないです。

DSCN2211.jpg

仕事を終え港に戻る作業船。
そんな光景も田舎の風情です。
カメラじゃ無くてスケッチブックを…。

絵心など全然自信もありませんが、そう思えるのも旅の魅力。

DSCN2214.jpg

歌にするのもいいかなぁ。
と、出来るワケも無いことを考えてしまいます。

DSCN2225.jpg

眩しい日差しは徐々に朱色に変わり始め…。
絶景の中、それぞれのスタイルで楽しむキャンプ。
贅沢だとは思いませんか。

皆さまのお越しをお待ちしています。
posted by スタッフ at 13:17| Comment(0) |

2016年07月17日

楽しそうです

連休の増毛。
駅前通りも果樹園も結構な人出です。
そしてここリバーサイドパークも。

DSCN2146.jpg

キャンプを楽しまれるお客さまでいっぱい。
サイトはほぼ満杯ですね。
ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。

DSCN2164.jpg

川遊びにボール遊び。
バーベキューの煙がいい匂いを連れて来ちゃいますもの。
写真を撮るだけで戻ろうとする私の胃袋がギューッと鳴いてしまいました。

DSCN2172.jpg

ここのキャンプ場はセンターハウスの山側が電源付きのサイトとコテージ、そしてキャンピングカー対応のサイトも備えています。
洗濯機などの設備も備えたサニタリーハウスも完備。

DSCN2185.jpg

そして海側は電源無しのオートキャンプ。
川の音を聞きながら自分なりのスタイルで楽しむキャンプ。

DSCN2186.jpg

楽しそうです。

DSCN2190.jpg
posted by スタッフ at 23:51| Comment(0) |

2016年07月16日

大入りです

今日の増毛はいい天気でした。
お客さまの入りも上々。
駅前はいい感じの混雑です。

DSCN2005.jpg

駅の駐車場もずっと奥の方までびっしり。
50台くらいでしょうかね。
他にも千石蔵前の道路にも20台くらい。
地酒國稀も飲食店のあちこちも。
それに路駐も多かったです。

DSCN2077.jpg

駅前通りではあちこちで横断する人が多いですからね。
皆さん事故に遭わないよう、安全運転と左右確認をよろしくお願いします。
ま、この広場にいるうちは気にしなくても大丈夫ですがね。

DSCN2084.jpg

この3連休は2両編成になっているらしいです。
お昼の便とその次の便だけ。
知りませんでした。
乗客数も増えてますし、ギャラリーもそう。

DSCN2088.jpg

ホームの混雑に合わせ警備会社による場内誘導が行われています。
乗車は2列でお待ちください。
線路の周りに張っているトラロープの中には入らないでください。
車両が運行出来なくなる場合があります…、などなど。

DSCN2093.jpg

暑い中、ご苦労さまです。
乗客の皆さまもそうですね。
増毛を楽しまれましたか。
残り少ない列車旅になってしまいますけど。
これからもよろしくお願いします。

DSCN2100.jpg

線路上の草が増えました。
今年は刈らないで終わるのかなぁ。

DSCN2106.jpg

どうなんだろう。



posted by スタッフ at 22:59| Comment(0) |

2016年07月12日

いらっしゃいませ

今日から市街地にある厳島神社の例大祭が始まります。
12日は宵宮祭。
朝からお祭りの準備で境内は賑やかです。

DSCN1609.jpg

7時でしたか。
打上花火も上がりました。
道路脇で見つけたその残骸。
滅多に見かけるものでもありませんから、こりゃ何かいいことあるかも。
などと勝手に想像してしまいます。

DSCN1611.jpg

町内で一番早いのは6月19、20日に行われた別苅地区恵比須神社のお祭り。
そして今月は2、3日に阿分稲荷神社のお祭りがあり、厳島神社は14日までの3日間。
その後、舎熊神社が19、20日。続いて雄冬神社が21、22日となります。
この中で阿分だけは7月の第1土日となっているそうですが、他は固定の日付です。
よろしければ覚えていただき、ローカルなお祭りもお楽しみいただければ…、と。

月末の30、31日には港まつりもありますからね。
いよいよ夏本番。
忙しいです。

私の場合は飲み歩くことが…、ですけど。

DSCN1614.jpg

露店の準備も始まりました。
今年はどんなお店が来ているのでしょう。
子ども達が家を出てからしばらく経ちますので、ここ数年は露店を歩くことさえなくなりましたから。
それじゃダメなんです。
今年はブラついてみよう。

DSCN1626.jpg

のぼりが立ち、神社の飾り付けもすすみます。
普段はちょっと地味な場所かも知れませんが、この時だけは華やかに。
今朝も町外から来られた方に神社の呼び名を聞かれました。
「いつくしまですよ。」
どこから来られた方なのでしょう。
こんな田舎町に厳島神社など…、そう思われたのかも知れませんね。

外から見ることの出来ない全面彫刻が施された本殿も是非ご覧いただきたいです。
町の有形文化財にも指定されている大切なものですから。

そして一緒にお祭りを楽しんでいただければ…。
地酒があるでしょ。
今月からウニ漁も始まりました。
サクランボの収穫もそう。
飲み食べに忙しい季節。

DSCN1627.jpg

鉄路の廃止。
いつかは来る道だったのかも知れません。
12月4日までの短い期間ですが、賑わいをもたらしてくださることもきちんと受け止めましょう。
あとは私ども住む者がこの町の魅力をどうお伝えするのか。

DSCN1629.jpg

直接お話しすること。
情報を文字にしてパンフレットにしてお渡しすること。
ネットで検索出来るようパンフレットとにらめっこ。

田舎人はひとり何役も兼ねなければならないことも多いです。
楽しんでやろうと思えば前進するスピードも早まりますが、全てが楽しいものばかりではありませんから。
そこが難しい。

DSCN1633.jpg

などと愚痴ってはいられません。
さあ、今年も盛り上げて行きましょう。
皆さまのお越しをお待ちしています。
posted by スタッフ at 11:06| Comment(0) |

2016年07月05日

好きなところ

小高い丘の上にある旧増毛小学校。
中には入れないから近づくこともありません。
なので通り過ぎる車も窓から撮るだけの場所。

DSCN1056.jpg

機能移転して今は無人の大型木造校舎。
昭和11年に建てられたものだから今年で80歳になりますね。
随分と長い間活躍してくれたのに。
すっかりと忘れ去られた存在です。
皆さんから見たらどうですかね。
やっぱり建物は人が出入りしなきゃ…。

そんな校舎で近々イベントを開催します。
雑巾がけ大会と肝だめし会。
古い校舎ですから火気厳禁に避難誘導も必須。
だけど厳しさだけじゃつまらないです。
美味しいものとかも用意したいなぁ。
なんて…、参加してくださる方、募集中です。
よろしくお願いします。

DSCN1067.jpg

隣町の留萌から増毛を望む。
青々とした日本海越しに暑寒の山並みが美しいです。
いつも間近で見る景色ですが、遠くからもまたいいもの。

DSCN1064.jpg

雪渓も残り少なくなりました。
夏ですね。
これまでも、そしてこれからも変わらぬ風景。

子どもの頃は海水浴を楽しみにしていたこともありました。
今は何でしょう。
いろいろ考えはしたものの、頭の中に残ったものは食べることだけ…。
寂しいです。

DSCN1065.jpg

運動しよう。
歩いたり走ったりして汗をかくの。
縄跳びもいいですね。
起き上がりの腹筋運動もした方が良さそうです。
お腹の出方がひどいんだもの。
肩凝りも…、ダメですね。
グチばかり。

長い間休める夏休みなどありませんが、ラジオ体操でもしてみましょうか。

DSCN1076.jpg

でも暑いし…。

そうだ。
扇風機出そう。
posted by スタッフ at 17:40| Comment(0) |

2016年06月28日

撮っても食べたいです

ホテルオークラ札幌のオロロン街道フェア。
昨年6月に1か月間のイベントとして開催されたものですが、今年も羽幌と増毛の食材に地酒國稀を加えて企画いただきました。
ありがたいです。
なので早々…、と言っても既にあと数日となってしまいました。
先週水曜日にお邪魔させていただいた様子をお知らせします。

DSCN9896.jpg

和洋食と中華。
ホテルの中にはレストランが3つもあるので悩むところですが、今回は1階のコンチネンタルでグランデランチを注文します。
まずはサラダテーブルから好きなものを盛り付けることが出来るんです。
用意されたお皿は大きめでしたからついつい…、気づけば大盛りになってしまいました。

DSCN9897.jpg

これにご飯をいただければ十分満足なのですが、スペシャルな料理は続きます。
スープは羽幌産グリーンアスパラの冷製クリーム。
薄緑がかったクリーミーなものでした。

DSCN9905.jpg

それに熱々のパンが添えられます。
バターをたっぷり塗って頬張りますでしょ。
パン好きな私の食欲は料理を待ちきれませんから。
少しずつちぎっていましたけどアッという間に完食です。

DSCN9906.jpg

そこから先はパン無しで。
まあひとつずつ片付けていく性分なのでそれもアリかなと。
続いて登場するのは羽幌産甘えびのカクテル。
田舎人ですから「カクテル」と言われるとお酒しか思い出せません。
あら、刺身なのかい。
頭の中はそんな感じです。
ピチピチとはいきませんがプリプリ。
でもその方が程よい甘みが口の中に広がります。
そして頭部の殻に口をつけてズズーッとミソを啜ります。

DSCN9899.jpg

これはこれで十分美味しいのですがね。
ワサビと醤油が…、長年同じ食べ方をしている増毛人としては、いつもそう思ってしまいます。
いやいや、ここの料理を堪能しなくては…。
何でもかんでも醤油をかけるのはいけません。

DSCN9907.jpg

こちらは増毛産ミズダコのマリネ。
オロロン街道から望む夕日を想い…、という副題が添えられていました。
ちょっと辛めのオレンジ色のソースが美味かったです。
薄切りされたキュウリがまた美しい。
こんな繊細なお皿をいただくには緊張も付きまといますが、その微妙な緊張感もまた嬉しいところ。
山盛りのタコを食べるだけとは違います。
ひとくちずつを噛みしめ、味わいながらそんなことを思いました。

DSCN9909.jpg

お肉は國稀酒造、酒粕入りチキンの狩人風トマト煮込み。
どれもやわらかく煮込まれていて美味かったです。
ああ…、パンを残しておくんだったなぁ。
後悔先に立たず。

DSCN9902.jpg

職場の仲間が注文したのはヒーリングランチ。
南るもい産小麦のルルロッソを使用したパスタはパリソワール仕立て。
使われているのは細麺でしたね。
太めんの生タイプもあるのですが、個人的には細麺が好きです。
パリソワールが何たるかも理解し切れない私ですが…。
これにアスパラの冷製スープとサラダが付きます。
美味そうなセットでした。
そして…。
2人のテーブルなのにもう1品。

DSCN9901.jpg

ホテルオークラ自慢のハヤシライスを注文してしまいました。
渡されたメニューを開いていくと最後の方にドォーンと写真入りで…。
ううーん、見てみたい。
いや、食べてみたいというのが正直なところですね。
ほのかな酸味とコク。
そう思うとガマン出来ませんから。

美味しゅうございました。

DSCN9910.jpg

デザートはヨーグルトと柚子のムース、増毛産洋梨ジュースのソルベ添え。
美しくもかわいらしい。
しかもボリュームあり。

DSCN9912.jpg

満腹です。
コーヒーを飲んでも眠ってしまいそうですなぁ。
午後からも大切な打ち合わせがあるというのに。

さて、どうしましょうか。
posted by スタッフ at 15:14| Comment(0) |

2016年06月21日

いいこと

青空が眩しい季節になりました。
いよいよ夏が来ますね。
待ち遠しい。

DSCN9865.jpg

だけど暑過ぎるのは苦手です。
待ち焦がれているクセに嫌だと思うなんて。
面倒くさい人間です。

DSCN9872.jpg

町内で一番早いお祭りは別苅地区にある恵比須さん。
毎年6月19、20日の開催です。
だけどいつも天気が心配なお祭りでもあるんです。

昔から「別苅のお祭りだから雨降るぞー。」って。
確かに雨降りなことが多いような…。

国道を挟み、目の前には日本海が広がるところに建つ恵比須さん。
そして通りの向かい側に並び露店。

DSCN9880.jpg

でも昔に比べるとだいぶ少なくなりました。
というか、ほんの数軒だもの。
随分と寂しくなっちゃったなぁ。
中学生の頃、自転車をこいで遊びに来たことを思い出します。
その時の天気はどうだったのか。
思い出せませんけど。

DSCN9879.jpg

市街地から向かい神社を過ぎてもう少し先。
谷地町(やちまち)と呼ばれる集落があります。
ここのお祭り飾りがお気に入りです。
毎年、撮りに行ってるんだもの。

昨日も仕事帰りに行ってしまいました。
そしたら雨上がりの虹も出てるじゃないですか。
ちょうど飾りに重なるように…。

DSCN9873.jpg

いいことあるんじゃないですか。
楽しいだなぁ。
posted by スタッフ at 10:04| Comment(0) |

2016年06月14日

今がいいとき

昨日のテレビ番組「ぶっちゃけ寺」。
伊勢神宮の特集でしたが、ご覧になられた方も多かったのでは無いですか。
私の昨年…、いや一昨年だったでしょうか。
その記憶が既に怪しいのですが、それはさておき。
お伊勢参りをさせていただいたことを思い出しました。
6月の初め。
とても暑かったですね。
晴天です。
でも鳥居をくぐり奥へと進むたびに心が落ち着き、涼しいと感じるようになって来るのです。
不思議なものですね。

DSCN9440.jpg

そんな気持ちを思い出しながら来月に迫った地元の厳島神社例大祭の準備を進めます。
3日間の祭りを滞りなく終えるため、各部署の役割をしっかりと…、当番の商工会関係の皆さんを中心に大勢の人たちが集まっています。
もちろん私もお手伝いさせていただきます。

DSCN9439.jpg

夏は観光でお越しになる方も多くなる時期。
案内所の整備が遅れているのが気になりますけど、コツコツと前向きに。
雰囲気を守りながら機能的に運営出来るよう工夫します。
そして見どころと美味しいものを美しい画像で…。
限られた空間ですが、見やすく情報満載な案内所をめざします。

DSCN3312.jpg

そうそう、先日はお世話になった方の送別会が開かれました。
いつもこのマチのことを気にしてくださいましたね。
私どもの取り組みがご期待に沿っていたかは何とも言えませんけど、これからも気を抜かず頑張りますので。
どうぞ見守ってくださいませ。

DSCN3300.jpg

5月末のえび地酒まつりも終わり、少々閑散とすることの多い増毛です。
週末の駅前通りにはそこそこの人影も見られますけど。

DSCN9529.jpg

空と海の青がいい感じの国道231号線。
潮風を受けてのんびりと走るのがオススメです。
絶景を見つけては車を止め…、と言いたいのですが、あまり駐車帯が多くないのが気になるところ。

DSCN9533.jpg

気の向くままにカメラを構えたい気持ちはわかりますが、安全なところを見つけてお休みください。
皆さまのお越しをお待ちしています。




posted by スタッフ at 22:49| Comment(0) |

2016年06月12日

登れませんけど

いよいよ夏山の季節が始まります。

DSCN9490.jpg

今度の土曜は山開きの安全祈願祭が行われます。
そして翌朝には記念登山会。
と言っても各自が自由に登るだけですからね。
誰かがサポートするワケじゃありません。

増毛の山岳会のメンバーも登りますから不安な方は誰かに声をお掛けください。
焦らずのんびり。
自分の体力の範囲内で頑張りましょ。

DSCN9474.jpg

暑寒荘の周りに咲く花たち。
かわいらしいものが多いです。

DSCN9480.jpg

ツツジは少し大きめでカラフルかな。

DSCN9478.jpg

山に登ることより花を撮る方が好きなのかも知れません。
昨年の山登りで痛めた左ヒザ。
そのまま治療もしていませんから痛みは増すばかりなんです。
そろそろ病院で診てもらわないと…、そんな感じです。

DSCN9485.jpg

なので山頂をめざすことなど夢のまた夢。
今年は車で行ける範囲の撮影で終わらせることになるのでしょうね。
寂しいけど現実を受け入れなきゃいけません。

DSCN9484.jpg

そして減量開始を宣言致しましょう。
とりあえず5キロ。

いや3キロにしておこうかな。
食いしん坊は悩みます。
posted by スタッフ at 23:53| Comment(0) |

2016年06月07日

オススメなランチ

日曜のお昼。

DSCN9345.jpg

オーベルジュましけでランチです。
2階の宴会場は何度かお邪魔していますけどね。
レストランは久しぶりです。
ちょっと緊張してしまいますわ。

DSCN9335.jpg

さて、何をいただきましょうかね。
入口には黒板にメニューが書かれています。
本日のガーデンプレート。
ううーん、たぶんこれがオススメなんですね。

DSCN9336.jpg

広々とした空間があずましいです。
ちょうど窓側の席が空きましたので…。
スタッフの男性が片付けしている間、手前のテーブルで待たせていただきました。
ああ、お腹が空いてきたぞぉ。

DSCN9337.jpg

海を眺めながら空腹を紛らわせます。
なんて…、素敵な景色を見つめているんだもの。
お腹のことは暫し忘れましょ。

DSCN9341.jpg

などと言っているうちにガーデンプレートの到着です。
こちらは女性にオススメなのだとか。
なので、一緒に行った家族が注文したものです。
カラフル。
そして美しいです。

DSCN9342.jpg

そして美味しいのは言うまでもありません。
向かいにある皿ですが何度もつまみ食いをしてしまいましたから。
行儀が悪くてすんませんです。

DSCN9338.jpg

そして私が注文したのはこれ。
ビーフシチューのソースがひたひたなオムライス。

DSCN9340.jpg

もちろん美味しいのは言うまでもありません。
海を見ながら…、そう味わいたいと思っていたのですがね。
一気に食べてしまいましたもの。

オシャレでボリュームも良し。
オススメです。
posted by スタッフ at 20:37| Comment(0) |

2016年05月31日

いいべぇ

えび地酒まつり。
毎年5月の末に開催される増毛で一番の集客イベントです。
既に何度か書いていると思いますが、過去には暑寒公園からリバーサイドパーク。
そしてここ駅前通りに会場が移りました。
日曜の1日から土日の2日間に変わったのもその時です。

DSCN8828.jpg

港から地酒國稀までの間が全てイベント会場となるんだもの。
スタッフの数も多くなります。
朝から夕方まで走りっぱなし。
ありがたいです。

DSCN8829.jpg

獲れたての甘えび。
活きの良さを感じてもらうには、手に入れた途端に頬張らないと。
そのために長い行列にもガマンいただきました。

DSCN8855.jpg

テントの奥にある建物内では箱詰め作業に大忙し。
肩や腰が辛くなりそうですがね。
ここでも頑張っていただきましたから。
ありがたい。

DSCN8860.jpg

イベント会場は、大きく分けて3つ。
港側では広い駐車場と活えび販売、買ったものを炭火焼きで楽しむバーベキューコーナーのほか飲食出店もありました。
駅広場では露店が並び、そこから酒蔵までは既存の飲食店のほかにもテントやプレハブで臨時出店するお店がちらほら。
山菜を売るお店も数軒ありましたね。
日曜は道路そのものを通行止めにしてテーブルやイスを並べて“あずましい”空間を演出しましたし。

DSCN8866.jpg

自分で言うのも何ですけど、なかなかいいんじゃないかと。
それもこれもお天気が良かったことが全てです。
空の神さまに感謝しなくてはいけませんね。

DSCN8969.jpg

イベント会場は建物が並びますので、雨が降っても逃げ込むことが出来るのが強み。

DSCN8905.jpg

美味いものを食べ、辛口の酒を飲み干し、ふらふらと歩く。
最高じゃないですか。
できれば自分もそっち側にいたいです。

DSCN8911.jpg

場内では案内担当でしたが写真撮影係も兼ねていましたので、ついつい。
2日間でこの会場を何往復したんだろう。
足が棒のようです。

DSCN9046.jpg

でも…、皆さんの楽しそうな顔を見れば疲れも吹き飛ぶというもの。
続けて行くには課題も多いですが、楽しさと美味さが倍増するよう、これからも知恵を絞って行きましょうか。

DSCN9028.jpg

次回もどうぞご期待ください。
posted by スタッフ at 23:10| Comment(2) |

2016年05月25日

もうすぐです

今週末は「えび地酒まつり」。
週末の空模様が気になるところですが、とりあえず一昨日は晴れ。
眩しいくらいの快晴でした。
そんな中での会場設営作業は駐車場の確保から。

DSCN8726.jpg

恒例のライン引き。
基本的には人力作業ですが、軽トラもちょっとだけ。
真っ直ぐなラインが美しい。

DSCN8723.jpg

今年は春先から甘えびの漁獲が薄いらしい…、随分前から心配されていますけど。
こればかりは篭を引き上げてみなければわからないこと。
いずれにしても漁師の皆さま、プリプリでピチピチなヤツをどうぞよろしくお願いします。

DSCN8732.jpg

増毛港の中央ふ頭。
夏の花火と秋の味覚イベントにも使われる広い場所。
そして最近は釣りを楽しむ方の姿が増えています。
ホッケが寄っているのだとか。

魚釣りか…。
たまに行きたくなることがありますが、竿をどこにしまったものやら。
そこから始まるんだもの。
こんなに海のそばに住んでいるのに。
海の楽しみ方が下手な増毛人です。

DSCN8743.jpg

ホタテの稚貝出荷が終了しました。
今は入替と呼ばれる作業で忙しそうです。
オホーツクの海とか、遠い産地に向けて送り出された増毛の稚貝。
大きく、そして美味しく育って欲しいです。

DSCN8761.jpg

そうそう。
えび地酒まつりの話。
昨年は2日目の午前中に結構強めな雨が降ったのでした。
カメラを持って外回りをしていた私はずぶ濡れでしたもの。

今年の空は…、昨夜の雨はサラッと。
風も少々、というか結構強めでしたね。
できればそれで終わってくれたなら、などと勝手な想像です。

DSCN8771.jpg

2日間に渡り開かれるイベント。
飲食屋台やステージアトラクションなど、は特別なメニューをお楽しみいただく時間は限られているのですが、マチの魅力はまだまだ深いですから。
のんびり歩いていただきたいです。

DSCN8702.jpg

えびと地酒を組み合わせたイベントとなり駅前通りに移された会場。
その前はここ、暑寒別川沿いのリバーサイドパークでした。
広い芝生が自慢の公園です。
晴れた日ならゴロンと横になったり“あずましい”空間をお楽しいいただけるのですが。

DSCN8704.jpg

いや、今年もお楽しみいただけますので。
イベント会場からは少々離れていますけどね。
ピクニック気分でお楽しみいただければと…、あくまでも晴れたらの話になりますけどね。
よろしくお願いします。
posted by スタッフ at 13:00| Comment(0) |

2016年05月22日

野菜入りました

いい天気が続いています。
連休中は寒いくらいでしたから。
やっと半袖の出番かなと。

DSCN8446.jpg

今どきのマルシェ。
山菜が並び始め、マチの方々の姿もちらほら。
ありがたいです。

DSCN8444.jpg

そして昨日から野菜も少々。
町内ではやっと田植えが始まりました。
農家の皆さんも忙しそうです。
そんな中、ハウスで育った野菜が2つ。

DSCN8443.jpg

小ぶりですけどね。
食感はシャキシャキ。
お試しください。

DSCN8457.jpg

地酒國稀の酒粕を使ったまんじゅうも。
駅前にある高橋菓子店のもの。
ほのかに香る酒粕の風味。
甘さ控えめなあんことの相性もいいです。

DSCN8458.jpg

お茶を飲みながら3コも食べてしまいました。
posted by スタッフ at 22:02| Comment(0) |

2016年05月17日

いい天気です

いい青空が続いています。

DSCN3011.jpg

波も無い穏やかな午後。
荒れた空と海の厳しさとは真逆の光景です。
物悲し気な北の田舎町。
冬の鉛色も好きなのですけど。やっぱり海は青が似合います。

DSCN3013.jpg

消波ブロックで羽を休めるカモメたち。
何か思うことがあるのかな。

DSCN8272.jpg

愛用のコンパクトデジカメは調子がイマイチ。
レンズの中にゴミが紛れ込んでしまって…。
ズームをかけると大きな黒い線が入ってしまいます。
そしてそれ以上にデジタルでズームすると画面から外れちゃう。

DSCN8273.jpg

クセは掴みましたけど毎度の作業としては面倒な状況です。
写り込む場所が限られているのでカメラを縦にしたりひっくり返したり。
傍から見たら「何してるんだろう…。」って感じですから。

DSCN8286.jpg

そろそろ次のカメラ…。

いやもう少しガマンしますか。
とりあえず撮れてるんだから。

DSCN8288.jpg

上ばかり見ずにコツコツと足元を固めて行くとしましょうか。
見て欲しいもの、聞いて欲しいもの。
食べて欲しいもの。

DSCN8291.jpg

どこかで何かが伝わればと思っています。


posted by スタッフ at 09:01| Comment(0) |

2016年05月15日

温かいところ

海の町というイメージの強い増毛ですが、農業も盛んなんです。
お米づくり、そして果樹栽培。

DSCN8306.jpg

ここは市街地から少し南側にある古茶内地区。
毎年美味しいお米が作られている人気の場所です。
そんな場所も既に水が張られあとは田植えを待つだけ。

農産物が収穫されるにはまだ早いのですが、マルシェでは採れたての山菜が並び始めました。


DSCN8311.jpg

太いウドにタケノコ、フキ。

DSCN8327.jpg

近くの山に行けば手にすることも出来るのでしょうけど。
買ったほうが早いし安全ですから。
皆さまも是非。

DSCN8326.jpg

今年からはお花も並んでいます。
町内で野菜などを生産される農家の方が納めてくださいました。
ありがたいです。
数は少ないのですが、彩りがいいですね。

DSCN8332.jpg

休みの日はぶらっとマチ歩き。
日差しも和らぎ通りを歩く人の姿も増えています。
地元の人も旅の人も。

DSCN8344.jpg

ゴールデンウイークが終わり、ひと段落した感じの増毛ですが、駅だけは違います。
特に週末のお昼過ぎには多くの人が集りますから。
列車に乗って来る人もいれば、追いかけて辿り着く人もおられるでしょう。
それぞれに魅力的な終着駅。

DSCN8347.jpg

いい想い出になりましたか。
次に来る時はどのように変わっているのか。
古いものが残る増毛ですから、ここのそのままの姿で残り続けることが出来るのでしょうか。

DSCN8352.jpg

今の私には何とも言えませんけど。
温かな場所でい続けたいとは思っています。
posted by スタッフ at 21:51| Comment(2) |

2016年05月10日

花のマチ

町内で咲くサクラ。
これを撮ったのは先週の中過ぎ。
なのでもうピークは過ぎてしまいました。

DSCN7728.jpg

早咲きのものは既に葉っぱだけとなり。
今は白くて小さめの淡いサクラがほぼ満開です。
なんという名前でしたっけ。
サクラと言っても種類が多いですから。
もっと勉強しておこう。

DSCN8120.jpg

それはくだものの木も同じこと。
近所の果樹園で咲き始めた花たち。
サクランボ…、だったのかな。

DSCN8121.jpg

こちらも可憐な姿を楽しませてくれますから。
まもなくミツバチたちが飛び交う姿も見ることが出来ます。
今年も美味しいサクランボが実りますように。

そしてこちらは厳島神社の境内に咲く小さな花たち。

DSCN7730.jpg

デイジーでしたっけ。
遠くからだと気づかずに通り過ぎちゃうところでした。
毎年今頃…、そう思えておくと気にしながら歩けますよね。
だけどカメラを構えた時間帯が悪かったのでしょうか。
花たちはみんな横を向いていましたから。
ま、横顔も素敵ってことで。

DSCN7739.jpg

神社の境内はマチの中にあり、とても小さくて狭いところですが、中に身を寄せて流れる雲を見つめていると心も穏やかになって来るから不思議です。
そんな一角に咲く梅の花。
毎年7月の例大祭には、青くてコロッとした身が出来るので覚えているんです。
花の形じゃなくて実から覚える。
子どもと同じだなぁ。

DSCN7747.jpg

何気なく立ち寄った神社でしたが、せっかくですのでお参りもさせていただきます。
お賽銭を投じて2礼2拍手…。
お参りにも作法があるのです。
覚えておかなくても横に説明書きのパネルが用意されていますので安心してください。
でもね、いつも思うのですが作法を気にするあまり、肝心の願い事を思い浮かべることが無いのです。

余裕が無いのか。
いえいえ、常に無の心境ですから。
そう言ってしまえば格好いいですかね。

DSCN7745.jpg

さて、今年もいいことがたくさんありますように。
posted by スタッフ at 10:00| Comment(0) |

2016年05月08日

普段に戻れば

土日の2日間はJRノロッコ号が旭川から増毛に到着です。
以前は連休中の全てで運行されていたこともあったのですが、最近は車両のトラブルなども問題もあり…。
いや、雪崩と土砂崩れの危険性があるってのが減便された一番の要因なのでしょうね。

DSCN7994.jpg

3日から5日までは商工会や農協、漁協の協力をいただき増毛駅周辺にお立ち寄りいただいた皆さまに振る舞いをしてきましたが、今回の土日はノロッコ号の受け入れでワタクシども観光協会で対応させていただきました。
もちろん観光ガイドの皆さんにもお手伝いしてもらいまして…。
ありがたいです。

DSCN7997.jpg

この2日間のおもてなしは、ホタテの稚貝を入れた味噌汁と茹でた甘えび。
いいダシが出て旨みたっぷりです。

DSCN8011.jpg

それに特産のリンゴと洋梨ジュースの振る舞いですから。
魅力たっぷりです。
そうそう、地酒國稀も欠かせません。
暖かくなったとは言え、風はまだまだ冷たいので。
体の中から温めるのもいい考えだと思います。

DSCN8024.jpg

ノロッコ号がこの地に来るのはこれで最後…、になるのですか。

DSCN8031.jpg

今のところ今後の予定など入っておりませんので。
たぶん最後かと。
あとは坦々と毎日の運行がスムーズに進められることを祈りましょう。

DSCN8044.jpg

ノロッコ号が到着した午前11時23分過ぎ。
ホームには溢れるほどのお客さまの姿がありました。
そして駅前広場にも。

DSCN8047.jpg

故障のため前年は使われなかったバーベキュー車両も登場しました。
最後だからですか。
随分と大盤振る舞いです。

DSCN8052.jpg

高校の頃は毎日乗った留萌行きの列車。
思い出の詰まっている区間ではありますけど。
切り捨てられるんだもの。
乗る人が少ないからって。

最後となる今年、乗るべきか乗らざるべきか。
もう無くなるからという理由で乗るという選択肢は今の私にはありません。
もういいでしょ。

DSCN8059.jpg

あとはここを訪れてくださる皆さんにいいロケーションを提供させていただきます。
そのことに全力を尽くしましょう。

DSCN8076.jpg

ノロッコ号が戻ったホーム。
お昼時ですけどね。
人影はありません。
これが普通なのかと思います。

DSCN2962.jpg

そして留萌に戻ったノロッコ号と入れ替えに普通列車が向かって来ます。
しかも今期限定の2両編成。
大赤字のお荷物路線に出血大サービスをしてくださるJRに感謝しながら、その後のことをそろそろ考え始めましょうか。

DSCN8132.jpg

マチの中は淡い色の桜が満開です。
何気ない風景かも知れませんが、普段の増毛をお楽しみください。
posted by スタッフ at 23:04| Comment(2) |

2016年05月05日

終着の魅力

3日は暖かでしたが…。
他の日は寒かったです。

DSCN7658.jpg

それでも多くの皆さんにお越しいただきました。
ありがたいですなぁ。
列車も運休することなく無事に到着です。
この調子でラストランまでお願いしたい。

DSCN7651.jpg

海鮮丼と古い街並み。
いづれ無くなる終着駅の魅力。
その名残りをどのようにして通りの魅力とし続けるのか。
そこが難しい。

DSCN7621.jpg

ありのままでいいのかも知れませんがね。
これまであったものが、ポッと消えてしまうとき。
そこに住む自分たちには何が出来るのかと考えてしまいます。

DSCN7645.jpg

美味い茶でも飲んでいい案を絞り出しましょうか。
考える場所はたくさんあるのですから。

DSCN7677.jpg

このマチを楽しむこと。
獲れたての魚を求めることもそうですね。

DSCN7601.jpg

往年の名画のロケ地であることもそう。
数々の名優がこの地を訪れました。
画面を見なくても頭の中でストーリーが流れて行く。
それくらい見たんだもの。
過去のものを今のものに。

DSCN7698.jpg

パネルを展示し続けることもそんな想い出を辿る旅のひとつになるのかも知れません。
そんなに懐かしいという話題かどうか…。

DSCN7691.jpg

斉藤哲夫さんと堀江淳さんのジョイントコンサートが企画されています。
千石蔵で今月20日の金曜日。
客席は50名限りのスペシャルなものとなっております。

DSCN7755.jpg

早咲きの桜はそろそろ終わり。
これからは果樹園でサクランボや洋梨、プラム、リンゴなどの花を楽しむことになります。
白や淡いピンク色の花たちが皆さんを迎えてくれます。

DSCN2893.jpg

花の話題はその時にまたお伝えすると致しましょう。
posted by スタッフ at 23:46| Comment(0) |

2016年05月01日

ありがとうございます

金曜は札幌にある海鮮居酒家「海だより」に行って来ました。
前から気になっていたお店なんです。

DSCN2667.jpg

北24条あたりにある鮮度自慢なお店なんです。
しかし普通のお店じゃないの。
増毛愛に満ち溢れているんです。

DSCN2668.jpg

海のものはもちろん、山のものも。
そしてお酒は國稀。
ありがたいですなぁ。


なので、そんな「ありがとう」の気持ちを込めて感謝状を贈呈させていただきました。

DSCN7087.jpg

贈呈者は堀町長です。
お受けいただいましたのは、海だよりのご主人。
若くてかわいらしい女性なのです。

DSCN7091.jpg

これからもどうぞよろしくお願い致します。

DSCN7096.jpg

さて、せっかくですから。
一杯やって行くと致しましょう。
海鮮盛り。

DSCN2678.jpg

甘えびにタコ、ハッカク、マグロ、サーモン、鯛などなど…。
10種が並ぶスペシャルなもの。
そうそう、ホッケの刺身もありました。

DSCN2679.jpg

これは珍しい。
北海道人、しかも魚には結構うるさいと自負している増毛人ですが、最近は中々お目にかかることがありません。
貴重です。
美味い。

DSCN2674.jpg

サラダに豚ジスカン。
残念ながらワタクシは運転手でしたのでお茶となりましたけど。
次回は國稀で楽しませていただこうと思います。

DSCN2677.jpg

甘えびの増毛。
お刺身のプリプリ感も素晴らしいですが、から揚げもまた美味。
オススメです。

DSCN2687.jpg
posted by スタッフ at 23:57| Comment(0) |

2016年04月26日

賑わうところ

お待ちかね。
あと2日ガマンしたら列車が来ます。

DSCN2588.jpg

日曜の駅前はこんな感じでした。
お天気も良かったし。
そこそこ混んでいます。
駅舎の前は車の駐車も無く、いい感じの画像を収めることが出来ました。

DSCN2590.jpg

でもお昼時にはここにも数台の車が並ぶことも。
奥の方に駐車する場所をご用意していますので、そちらにお願いします。
そのためには地面に何か表示しなきゃダメですかね。
そうしろなんてどこにも書いて無いじゃん。
確かにおっしゃる通りですから。

DSCN2591.jpg

そんな駐車場。
奥の方は砂利です。
雨が降ると少々水溜りも出来てしまいます。
そしたら手前に停めたくなりますよね。

舗装。
レトロな感じには砂利もまた似合うと思うのですが…。
どちらがいいのでしょうか。

だからって舗装にするかどうかは別の話。

DSCN2595.jpg

来ない列車を待つ人。

いや、待っている訳でも無いか。
この雰囲気を気に入ってもらっただけでしょうから。

DSCN2601.jpg

こちらさまは引きの画像。
とても小さな、狭い空間ですが何故かレンズを向けたくなる風景。
残り僅かな命となった終着駅増毛。

連休は多くのお客さまで賑わうことになるのでしょうか。

DSCN2602.jpg

短い期間ですが、歩くことが楽しくなるようなメニューを企画中です。
さて、お知らせはいつになりますか。
乞うご期待。
posted by スタッフ at 08:00| Comment(0) |