2014年01月31日

麺屋田中商店でお昼ご飯

260131-1.jpg

本日のお昼は、
各地のイベントで酒蔵ラーメンや甘えびラーメンが大人気の麺屋田中商店です。

先日の札幌地下歩行空間での物販でも、用意した120食のお土産用ラーメンがあっというまに完売した人気ぶり。

町内の本店も春からの観光シーズンになると行列ができるほどですが、さすがにこの時期は閑散としています。それでも地方から来たであろうご家族がいました。


260131-2.jpg

今日注文したのは、辛みそラーメン。850円。

氷点下の気温が続く中、濃厚な辛みそスープが冷えた体をぽっかぽかにしてくれます。
麺もスープになじみ、これはいけてます。

260131-3.jpg

今年も各地のイベントに出店すると思いますので、ぜひ麺屋田中商店さんのラーメンをご賞味ください。
店内メニューには、酒蔵カレーという気になる一品もありました。今度注文したいと思います。

0000.jpgCHU  
posted by スタッフ at 13:17| Comment(2) | CHUの当番

2014年01月24日

留萌から北の言葉

「増毛町さんでは、さつま揚げのこと、何て言いますか?」

札幌の平岸にある某テレビ局の情報番組のスタッフからの電話。
さつま揚げって言葉自体ここらへんではあまり使わないような気もすしますが、いきなりの問いに面食らった私は、何か呼び名があったかちょっと考えながらも、特別な言い方はしないと思いますよと答えました。


「マフラーって言いません? そんな方言使ってませんか?」
自信なさげの答えを聞いて、そのスタッフはちょっと鼻息を荒くしてさらに問いかけてきました。


じぇじぇ!
さつま揚げがマフラー?
赤い手ぬぐいマフラーにしていつも私が待たされたのは知っていますが、そんな言い方初めて聞きました。

勝手に一人で納得したかのようなスタッフは、さらに言いました。
「実はですねぇ、その形がマフラーに似ているっていうことで、留萌から北の方で使われているらしいんですよね。ちょうど留萌がその言葉の境界にあたるらしくて。でも、増毛町さんは留萌の南ですもんね」

260124.jpg

電話のやり取りの後、うちの役場にも留萌以北出身の職員がいるので裏付けをとってみましたが、そんなマフラーなんて言葉、使ったためしがないといいます。
そして、この話、実はテレビ番組「秘密のケンミンSHOW」でやっていたというではありませんか。
ケンミンSHOWを見て初めて知ったという人が、何人もいたのです。

さらに調べると、大手かまぼこ製造会社の堀川さんが、「マフラー」という商品を作っているようです。
ご丁寧に語源の解説まで袋に印字してあります。
でも、実際のところは、商品名として勝手に名付けただけのような気もします。

タマゴが先か、ニワトリが先か?
方言が先か、ケンミンSHOWが先か?
私は、みのもんたの眠たそうな顔をただ思い浮かべるだけでした。

0000.jpg
CHU
posted by スタッフ at 08:45| Comment(0) | CHUの当番

2014年01月17日

「るもい食と観光展」に参加

260117-1.jpg

先週末、札幌の地下歩行空間で「るもい食と観光展」が開催されました。
留萌管内8市町村の特産品が揃う物販です。
増毛町ブースでは、札幌では買うことができない地域限定の国稀各種に、ラーメンまつりで大人気の麺屋田中商店のラーメン、水産加工品などを販売し、たくさんのお客さんにご来場いただきました。

s-IMG_2812.jpg

物産展を盛り上げたのが、管内のご当地キャラたち。
5体も登場して、道行く人を喜ばせました。
左から、
留萌市のカズモちゃん。増毛町のマーシーくん。遠別町のももちん。天塩町のてしお仮面。羽幌町のオロ坊。
うちのマーシーくん、「なんでやねん」とカズモちゃんにツッコミを入れているようです。

260117-3.jpg

当日は、イベントでしか買えない「漁師の力酒」(りょうしのちからみず)も販売しました。

国稀酒造の原酒を漁師さんの船に40日間積み込み、揺れる船内で熟成させると、お酒がまろやかな味わいになるというもので、留萌地区漁協青年部連絡会が考案した商品です。
旨口タイプ(黒ラベル)で1,500円。写真の超辛口タイプ(赤ラベル)で2,000円。
このお酒、町内では甲谷商店さんでお取り扱いしております。

260117-4.jpg
こちらは天塩町さんのブースで販売していた、べこちちファクトリーさんのさけるチーズ(ごま)。
タダでいただいたお礼にこの場でPR。
チーズと日本酒というのはとても良い相性なので、国稀のおつまみにひとつよろしくお願いします。

イベント終了後、札幌から猛吹雪の国道231号線を帰ってきて、増毛に着いたのは午後10時。
地下歩行空間は天気の心配はありませんが、行き帰りはほんとたいへんです。

0000.jpg(CHU)

posted by スタッフ at 11:45| Comment(2) | CHUの当番

2014年01月10日

すが宗でお昼ご飯

260110-1.jpg

本日のお昼はすが宗さん。
素うどんに、イカ天とキス天をトッピング。
イカ天は肉厚で柔く、とてもいかしています。
うどん自体もコシがあり腹持ちするので、お昼のランチにもちょうどいい感じです。

260110-2.jpg

店内にひっそりと昔の映画のポスターが貼ってありました。
谷啓さん主演の「空想天国」と、コント55号主演の「世紀の大弱点」。
どちらも1968年の作品で相当に古いです。
すが宗の大将はこういうコメディ映画が好きだったんでしょうか。ちょっと気になりました。

増毛町は古い建物を売りにしていますが、お店屋さんの店内にもこうした古いものが何気なく飾られていると、なおEと思います。
 

0000.jpgCHU

posted by スタッフ at 14:21| Comment(0) | CHUの当番

2014年01月03日

あの鐘を鳴らすのはあなた

IMG_6784.jpg

あけましておめでとうございます。
2014年もよろしくお願いします。

大晦日、紅白歌合戦で北島サブちゃんの大トリを見ることもなく、向かった先は畠中町3丁目の潤澄寺(じゅんちょうじ)
鐘楼堂に70年振りに梵鐘(ぼんしょう)が取り付けられたということで、張り切って、除夜の鐘を鳴らしに行ってきました。

潤澄寺さんに以前あったという明治30年鋳造の鐘は、太平洋戦争のさなかの昭和18年に金属回収令で供出されたそうです。
(旧暑寒橋の鉄の欄干もこの時に供出され、その後木製に代わったという話も聞いたことがあります。)
戦時中は全国の多くの寺社から鐘が無くなってしまったそうですから、こうして除夜の鐘を鳴らすことができるのも平和な世の中だからなのかもしれません。

午前零時にはたくさんの人が集まり、ゴーンゴーンと一人一人が煩悩祓いの鐘を鳴らしていましたが、鐘の音は突いた人の心を表すといいます。
きれいな音もあればにぶい音も、増毛町の元旦の夜空に響き渡りました。


ところで、どうして大晦日に鐘を鳴らすのでしょうか。

な〜んでか?
な〜んでか?

IMG_6786.jpg

それはネ、
gone、goneと一年が過ぎ去ったから。

オーレィっ!
2014年の始まりはアメリカンジョークのなんでかフラメンコでした。

0000.jpgCHU
posted by スタッフ at 19:54| Comment(2) | CHUの当番

2013年12月28日

2013年の忘年会

昨日は、職員が一同に揃う役場の忘年会。
会場は、昨年同様、オーベルジュましけです。
今年も豪華な料理が並びました。

IMG_6760.jpg

IMG_6759.jpg

忘年会では、役場に入って一年目の新人さんが、所属する課の職員の協力の下、一芸を披露するのが長年のしきたり。
今年の新人さんは、消防、教育委員会、総務、税務町民課×2の5名。
どこも仕事そっちのけで猛練習したせいか、レベルの高い余興で感心しました。

IMG_6764.jpg

IMG_6770.jpg

IMG_6772.jpg

IMG_6779.jpg

しんがりは、税務町民課によるへそ踊りが登場。
でも、しっかりセンターで裸で踊っているのは、町民課ではなく、うちの課のYくんではありませんか。
実に嬉しそうな表情です。

2013年も増毛町を応援していただきありがとうございました。
2014年もよろしくお願いします。

00000.jpgCHU
posted by スタッフ at 12:21| Comment(0) | CHUの当番

2013年12月20日

オーシャンでお昼ご飯

251220-1.jpg

今日のお昼は、すずらん通り商店街にある“ダイニングバー・オーシャン”
お昼はランチ、夜はスナックとして営業しているので、カウンターには色とりどりのお酒が並んでいます。
役場職員数人で行き、メニューもバラバラに注文。

251220-2.jpgスープカレー

251220-3.jpgかつどん

251220-4.jpg
私が頼んだハンバーグランチ850円。
(ランチの部分の写真は省略しています。)

昼休み時間は45分。
慌ただしく食べなければなりませんが、短い時間でも町職員らしく政策論議を交わし、ご飯はこぼさず愚痴をこぼします。
来週はいよいよ来年度の予算査定です。

00000.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 15:56| Comment(0) | CHUの当番

2013年12月15日

まつくらで子供会

うちの子供たちが入っている海鳥子供会のクリスマス会が、同じ町内会の寿司のまつくらさんで行われ、子供10人大人9人が参加しました。
子供と大人の数がほぼ同じなのが少子高齢化を如実に表していて寂しいところではありますが、それはさておき、まつくらさんで行うのは初の試み。少ない予算にも関わらず、お店のご厚意で豪華な料理が出てきました。

IMG_6740.jpg

子供たちのテーブルには手巻き寿司がどかんと。
各々、好みの具材を寿司飯と一緒に海苔に巻いて食べる仕組みです。
これはとてもEです。

IMG_6738.jpg

IMG_6739.jpg

大人のテーブルは刺身と巻物。
他にも唐揚げやえびの天ぷらなど豪華料理が並びました。

子供たちは、宝探しやビンゴゲームなどを企画。
2時間半の楽しいひとときを過ごしました。

IMG_6742.jpg

もうすぐクリスマス。
うちに来るサンタさんは子供たちの願いにも全く聞く耳を持たないので、子供たちも期待していないようです。
それでも素敵なクリスマスが訪れますように。


00000.jpgCHU
posted by スタッフ at 21:08| Comment(2) | CHUの当番

2013年12月07日

たいらじょうさんの人形劇場

IMG_6734.jpgダンボールのライオン

ジョーと言えば....宍戸錠に矢吹丈、オダギリジョーにジプシー・ジョーあたりを思い浮かべてしまいますが、今一番旬なのは、人形劇俳優のたいらじょう(平常)さんなのではないでしょうか。
(どんな人かは当人のホームページで確認してください。凄い人です。)
その、じょうさんの人形劇場が町の文化センターで行われ、家族で鑑賞に行きました。

昨年、町内小学校の児童を対象にした芸術鑑賞事業に来て大好評だったそうで、今日もたくさんの子供たちと親御さんたちが集まりました。
演目は、過去にパレスチナで公演し、日本初公演となる、擬音語だけの「ふしぎな森のトゥウィンクル!」。
言葉表現がないので、観る側にも想像力を要求される物語でしたが、子供たちにはこういう芸術鑑賞に多く接して、いろいろなことを感じてほしいと思います。

IMG_6729.jpg公演終了後の記念写真タイム

IMG_6733.jpg

たいらじょうさんのいっそうのご活躍をお祈りいたします。

00000.jpgCHU
posted by スタッフ at 20:41| Comment(0) | CHUの当番

2013年11月29日

雄冬の公衆トイレ、冬期閉鎖です。

昨日から増毛町にも雪が積もり出しました。
いよいよ本格的な冬のシーズンの到来です。

251129-1.jpg

主な観光施設などは10月末でクローズしますが、岩尾温泉あったま〜ると雄冬の国道沿いにある公衆トイレは11月末でクローズとなります。

今日は雄冬の公衆トイレを冬囲いしました。

入り口をコンパネで閉鎖します。

251129-2.jpg

裏側の窓も囲い、風で飛んでくる小石などを防ぎます。
強風の中での作業となりました。

251129-3.jpg

マーシーくんの交通安全旗も強い風で破れています。
冬道のドライブは、スピードダウンで慎重に。
出発前にはしっかり用も足しておきましょう。

00000.jpg(CHU) 
posted by スタッフ at 15:55| Comment(2) | CHUの当番

2013年11月22日

秋の留萌本線乗車体験会

251122-1.jpg

先週の土曜日、るもいファンクラブ会員限定の「留萌本線で行く、最北の酒蔵体験!」という催し物がありました。
留萌駅発着で、JRに乗って増毛に来て、町内散策、夜は夕食交流会という体験会です。
当観光協会に汽車の中でのガイドの依頼があり、ボランティアガイドさん2名が1219分留萌発のJRに乗車。1245分の増毛着までいろいろと楽しいお話をされたようです。

この日のJRには、体験会の参加者だけでなく、一般のお客さんもたくさん乗っていました。出迎えた私もちょっとびっくり。
JRもたくさんの問題を抱えていますので、なるべく早いうちに留萌本線に乗車したほうがいいと思います。

251122-2.jpg

新年度の予算要求も今日が締め切り。
これといった目玉事業も予定されていませんが、消費税8%や電気料金の値上げなどでこつこつと経費が上積みされて、知らず知らずに要求額が増えてしまいました。
亀田興毅の効かないボディブローでさえもじわじわ効いてくるといった感じです。

00000.jpg
CHU
posted by スタッフ at 17:24| Comment(0) | CHUの当番

2013年11月15日

過酷な荷重検査

251115-1.jpg

今週は、スキー場のリフトの搬器付け作業がありました。

絵になる取り付ける作業は、「冬の準備着々」などと新聞社が記事として取り上げてくれますが、私たちにとって一番の過酷な作業は搬器を取り付けた後の荷重検査です。

251115-2.jpg

人の代わりに30sのオモリ4個(120s)を搬器に乗せて、リフトのブレーキが正常に作動するかなどを調べる検査ですが、このオモリを倉庫から出し入れする際は両手で60sを持たなければなりません。
200個以上はあるので、
半端な作業ではありません。

すぐに手、腕、肩、腰が「バンテリンを塗ってくれぇ〜」と悲鳴をあげます。


一個ずつ持ち運びしたい気持ちですが、それでは作業がはかどらないし、何より他の人が両手で持っている中でそんなことをするのは、例えちっぽけでも男のプライドが許さないってもんです。
なので、やせ我慢をして、この作業に従事しています。

251115-3.jpg

その昔観た『少林寺』という映画で、水を満タンに入れた桶を修行僧が両手を水兵にして運ぶ訓練シーンがありました。
荷重検査の時は、いつもそのシーンが脳裏に浮かんできます。
ゴールドジムのタンクトップが似合う体に肉体改造しなければなりません。

00000.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 12:15| Comment(0) | CHUの当番

2013年11月08日

冬将軍がやってくる

251108.jpg

昨夜から北海道には強い寒気が入りこみ、いよいよ冬将軍がやってくるようです。
町内では、思ったほどではないですが強風が吹いており、雨は夜更け過ぎに雪へと変わるかもしれません。
これからまた長い冬が始まるのかと思うと気が滅入ります。

00000.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 12:14| Comment(0) | CHUの当番

2013年10月31日

コロンボのパン

251031-1.jpg

↑増毛のパン屋さん、スカンピンの新商品。
国稀の酒粕と留萌の強力小麦ルルロッソで作った本食「高嶺の華」がテレビ番組でも取り上げられたようですが、今日紹介するのは「これは何?」と思わず聞いてしまう一品。

251031-2.jpg 

チリが入っているパンでした。
チリと聞いてすぐに食指が動きました。
往年の名ドラマ「刑事コロンボ」で、コロンボ警部の大好物がこのチリなのです。
そのことをスカンピンの店主に話すと、「どこそこのお母さんもそう言ってましたよ」とのこと。

わかる人だけにわかる小ネタですが、スカンピンさんには、コロンボのパンとしてこれから大々的に売り出してほしいものです。


251031-3.jpg

先日、将棋の26期竜王戦第2局の大盤解説会を見に富良野の新プリンスホテルに行ってきました。

渡辺明竜王vs森内俊之名人という、屈指の好カードです。

対局の様子は直接見られるわけではなく、解説会場のモニターに対局の様子が映し出されます。

会場では4人のプロ棋士が登場し、大盤を使って「この手の狙いはあーでこーで」と丁寧に解説してくれます。

対局場所となったホテルの一室は、モニター越しに見る限り実に狭そうできゅう屈な感じでした。

将棋のタイトル戦は主要な観光地や温泉地のホテルなどで開催されますが、重要文化財の旧商家丸一本間家の客間で実現したら重厚な雰囲気があって面白いだろうなと思います。


251031-4.jpg
 

上の図で先手番の渡辺竜王が投了。
逃げ道のない先手玉は、後手の攻撃を受け切ることができません。

00000.jpgCHU  
posted by スタッフ at 15:19| Comment(0) | CHUの当番

2013年10月24日

たぶん全国初! ご当地マンホール・スタンプ

観光名所や施設には、いろいろなスタンプが設置されています。
スタンプ収集は、気軽にできる旅の想い出作り。

増毛町の観光案内所でもグッドデザインなスタンプが置いてありますが、観光シーズンも終わろうとしている中、新バージョンのスタンプが登場しました。

IMG_6653.jpg

ジャカジャン!

増毛町のマンホールをデザインしたスタンプです。

特産品のさくらんぼと甘えび、町名はローマ字表記。
インキはもちろん特産品の色に合わせた赤色。
コースターや根付けとして既に商品化されているものもあるようですが、スタンプとなるとここ増毛町が全国第1号なのではないでしょうか。

251024-3.jpg

ゆるキャラブームも節操のない状態となり、カントリーサインは利権関係からかマグネットとして商品化されているのが道の駅のある市町村のみという状況の中、ようやくご当地マンホール・ブームに火がつくのではないかと勝手に推測しています。

251024-2.jpg

このスタンプ、冬期間は増毛町役場の観光推進室窓口に設置されています。

役場1階ロビーには、カラーのサンプル蓋も展示されていますので、これも記念に写真撮影してください。

00000.jpg(CHU)

posted by スタッフ at 12:01| Comment(0) | CHUの当番

2013年10月17日

炭火が俺を呼んでいる 〜 海栄で焼き肉

251017-1.jpg

駅前歴史通り、真っ暗な夜に輝く赤ちょうちん。
それは弁天市場にある、ら〜めん海栄さん。

ここでは炭火の焼き肉が味わえるということで、近所の職場の先輩と暖簾をくぐりました。

251017-2.jpg

まずは生ビール。キンキンに冷えたアサヒビールが出てきました。
思わず新しい国語表現を使ってしまううまさです。

251017-3.jpg

251017-4.jpg

ックスホルモンとトントロ、本日のおすすめの牛肉の中落ちを注文。

七輪の炭火にホルモンの油が垂れて真っ赤な火が燃えます。
店の作りはきわめて質素ですが、こういう雰囲気がまたいいものです。

地味に世間話し憂さ晴らしをして夜が更けていきます。

251017-5.jpg

〆はこのあいだの健康診断の結果も忘れて、元気ラーメン400円。
出汁が効いたうまさです。
近所にこういう店があるのはとてもEです。

00000.jpg(CHU)
  
posted by スタッフ at 23:02| Comment(0) | CHUの当番

2013年10月10日

ブラムリーでジャム作り

251010-1.jpg

イギリス原産の青リンゴ、ブラムリーズ・シードリング
酸味がとても強く、ジャムなどの料理用リンゴとして使われているそうです。

増毛町ではヤマセン仙北清孝果樹園さんが栽培していますが、道内の栽培農園は数少なく、市場で手に入れるのもとても難しく、先日開催された「北海道フルーツマルシェ」では、熱心な愛好家がこのリンゴを買い求めていました。

ふだん料理をしない私でも、このブラムリーで簡単にジャムが作れるということなので、さっそく試してみます。

251010-2.jpg 

@皮と芯は取り除き、リンゴをブツ切りにします。


251010-3.jpg
Aリンゴ2個で、中くらいの鍋いっぱいになります。
上から砂糖をまぶして、火をかけます。

251010-4.jpg
B身が柔く、ブツ切りでもあっという間に溶けていきます。
砂糖の量はリンゴの重さの3〜4割が目安だそうです。
好みで量を徐々に追加していきます。

251010-5.jpg
C
煮詰めて、15分から20分くらいでハイ、出来上がり。
元々が酸っぱいリンゴなので
レモンを入れる必要もありません。

251010-6.jpg
 

Dリンゴ2個で、写真のビン約2.5本の量のジャムができあがりました。
料理初心者の私でも簡単に作ることができ、お味の方も上々の評判です。
ぜひ、ブラムリーでジャム作りに挑戦してください。


00000.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 13:13| Comment(0) | CHUの当番

2013年10月03日

フルーツマルシェで大人気

IMG_6563.jpg

IMG_6554.jpg

10
1日から3日まで、道内の主要果樹産地が集まる「北海道フルーツマルシェ」が、札幌の地下歩行空間で開催されました。
私も売り子として、昨日一昨日の二日間、増毛の果物を売ってきました。
りんごは、サンつがる、あかね、さんさ、ブラムリーズシードリングの4種類。
洋梨は、オーロラ、パートレットの2種類。

他に、プルーン2種類、100%洋梨ジュース、松山養蜂園のはちみつを持って行きました。

IMG_6565.jpg


増毛は気温の寒暖差がある土地なので、たいへんジューシーな果物がとれる隠れた名産地。
初日にりんごを買って行かれた方が、あまりの美味しさに二日目にも来店するほどの人気ぶりです。
一個から買える気軽さもあって、りんごも洋梨も飛ぶように売れていきました。

でも、増毛で果物がとれることを知らない方もたくさんいたので、これからも積極的にPRしていかなければなりません。
そんなわけで、今週末は帯広で開催される「十勝ばん馬まつり」に果物を売りに行きます。
十勝方面の皆さん、競馬場で会いましょう。

00000.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 17:43| Comment(0) | CHUの当番

2013年09月26日

JRに乗って

250926.jpg

先日、札幌出張があり、久しぶりにJRに乗って行ってきました。
午前6時11分発の始発の乗客は私一人。赤字路線です。
増毛から札幌まで車で約2時間ですが、JRだと乗り換えの待ち時間などを入れて約3時間かかります。
それでも運転していくより疲れないし、何より汽車旅はいいなぁと感慨深くなります。

ここんところJR北海道でトラブルが多発し、テレビ新聞で大きく報じられていますが、悪いニュースを見聞きするたびに、次の廃線対象はここ増毛−留萌間なんだろうなと思ってしまいます。
終着増毛駅が無くなると、当町の観光も大打撃。複雑な気持ちで一連のニュースを注視しています。

00000.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 17:51| Comment(0) | CHUの当番

2013年09月19日

戯連堂(けれんどう)がやってくる

先日の「旭川食べマルシェ」。大雨で売り上も散々な結果で終わりました。
他のブースの様子を見に行くも、雨の中ではゆっくり見て回る気分にもならないのが正直なところです。
天候に勝てないのはやむを得ませんが、期間中3日間続くとなるとたまりません。

IMG_6483.jpg

で、お昼を食べに向かった先は、旭川市6条通7丁目の手打ちうどん屋さん“戯連堂”(けれんどう)
実はこのお店のマスターがテレビにも何度も出演している本格マジシャンで、9月29日開催の「第42回増毛町秋味まつり」に参加してくれるのです。

IMG_6481.jpg

IMG_6482.jpg

サービス精神旺盛なマスター、素晴らしいマジックを間近で次々と披露してくれます。
写真はリングのマジック。
そしてトランプマジックも。
テレビを通してみるのと、実際に見るのでは、驚きの度合いも違います。

IMG_6480.jpg

「おぉ凄い!」思わず歓声を上げてしまいました。
戯連堂さんの凄技マジックを見たい方は、ぜひ秋味まつりにお越しください。
来られない方も、ぜひ一度は旭川市にあるお店へ。
カレー南ばんうどん、食後のマジック付きで600円。

00000.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 09:00| Comment(0) | CHUの当番