2012年05月31日

えび地酒まつりパフォーマンス大全

240531-1.jpg
5
26日・27日に開催された『増毛えび地酒まつり2012』。
初の試みとなる市街地を使った2日間のイベントは、快晴とは言えず、肌寒い曇り模様の天気でしたが、それでもた
くさんのお客さんに来ていただきました。ありがとうございました。
今回は、まつりのパフォーマンスの数々をお伝えします。


26日土曜日は、朝から雨が降り、野外ステージのプログラムを屋内会場に変更。
オープニングを飾るのは、6人組バンド、from留萌市、“ルーキーズ”の皆さん。ベンチャーズなどのオールディーズサウンドを聴かせてくれました。

240531-2.jpg

続いて、メタボリック・マジシャン、from当別町、“アルバトロス・デンカ”さん。デカイです。手先が器用です。間近で見るマジックショーに子供たちも大喜び。BGMにスクリーンミュージックを使用するドラマチックな展開がいいです。

240531-3.jpg


27日日曜日は、ノコギリ演奏や鼻笛の、from由仁町、“柳亭互久楽”師匠の登場。師匠は、ストリートで南京玉すだれも披露してくれました。マーシーくんとの素晴らしい掛け合いはyou tubeで見ることができます。

240531-4.jpg

すみっちさんたろうさんの二人組の“ゴーサイン”
大道芸のキャリアはまだ浅いということですが、いやいやどうして、会場を大いに沸かしてくれました。二人とも好青年なのが、これまた好感が持てます。

240531-5.jpg

「何あれ?」と会場がざわめいたのは、4人組の演劇パフォーマンス軍団の“劇団白こしょう”

240531-6.jpg

そして、おなじみ、from奈良県、大衆ソウルシンガーの“インディ”
ローカルヒットナンバー「えびの唄 大好きましけ」を街頭放送でガンガンかけてお客さんを洗脳します。
ステージで踊り出すお客さんもいて、えびまつりには欠かせない存在。インディが出るから、増毛のまつりに来るというお客さんもいるようです。
一部と二部ではステージ衣装も違います。さすが!

240531-7.jpg

と、笑点の演芸コーナーに出てもバッチグーな面々が勢揃い。(ルーキーズはちょっと違いますが)
美味しい食べ物とお酒、そして楽しいパフォーマンスで、
気分はファンキー、メンテナンスメンテナンスで、まつりは盛り上がりました。



一大イベントが終わりホッとしたのも束の間、火曜日には早くも「秋味まつり」の問い合わせがきました。もう秋の準備をしなきゃならないとは、一年はあっという間です。
でも、次も楽しいステージプログラムを用意したいと思います。秋味まつりに出演したいというパフォーマーはぜひご連絡ください。

えび地酒まつりが終わり、増毛の町にも夏色の風が吹き始めました。

00000.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 19:00| Comment(0) | CHUの当番
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。