2022年10月11日

ポタリング

♪たまに行くなら増毛町♪

10月11日、本日から外国人の入国規制が緩和されるそう。観光を中心にコロナ前のインバウンド(外国人旅行客)による景気の底上げに期待するTsuです。

さて、インバウンドといえば、外国人にとってここ北海道でアウトドアを満喫するのも魅力のひとつとなっているようです。その中でも『自転車』exclamation自転車を使っての北海道旅行、サイクルツーリズムexclamation×2国交省や北海道も強力なコンテンツとして重要視し注力しているところ。

以前、ご紹介しましたが、増毛町は『石狩北部・増毛サイクルルート』を設定し、北海道サイクルルート協議会のモデルルートとして認定されています。

ということで、先週6日(木)に道内外の大学教授や全道の自転車業界などの有識者のみなさま、総勢30名以上、26台の自転車が増毛町内のサイクルルートを現地視察・試走にいらっしゃいましたモータースポーツ
221011 ブログ写真1.jpg

221011 ブログ写真2.jpg

当日はあいにくの天候でしたが、増毛駅を出発点に「ふるさと歴史通」や暑寒沢の「果樹園地帯」などを『ポタリング』していただきました。

『ポタリング』???・・・「自転車で頑張らない程度にのんびり散歩すること」

歴史的建造物群を興味深げにご覧になったり、時には自転車を止め解説を求められたり、熱心に写真を撮られたり。果樹園地帯では、実ったりんごやぶどうの甘い香りを感じながら、まっすぐな道道を爽快に疾走ダッシュ(走り出すさま)眼前には初冠雪した暑寒別岳雪

221011 ブログ写真3.jpg

その後は、増毛駅から大別苅の除雪ステーションまで試走。この間も大荒れの日本海に感動、潮のにおいを感じるサイクリングに終始ご満悦わーい(嬉しい顔)

明くる日の意見交換会では、増毛町ルートに対し「ポテンシャルは高い!!」「歴史・自然・食のバランスがよい!!」「町並みが美しい!!」などなど、とても高い評価をいただきましたグッド(上向き矢印)

サイクルツーリズムとして、増毛町は “ 環境 ” は整っているんだなと再認識しました。次はソフト面。どのようにサイクリストに安心安全に、そして便利にお越しいただくか。

おっと!! その前に!! 町民のみなさまも『ポタリング』いかがでしょうか?自転車だと普段は気づけない “ 増毛町の魅力 ” 発見できるかもexclamation&question頑張らない程度にのんびりと。

手(グー)
posted by スタッフ at 12:45| Comment(0) | Tsuさんのちょっと聞いて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。