2021年03月05日

雄冬関所の通行証

DSC_1158.jpg

書庫で「雄冬関所関係綴」を発掘。
交通の難所で“陸の孤島”だった雄冬地区は、昭和56年に国道が開通。
昭和61年に、新しい観光名所として「雄冬関所」が作られました。
その記念の通行証として、雄冬国関所印のある「御通行証」が配布されたようです。

DSC_1156.jpg


残念ながら、肝心の雄冬関所の写真がありません。
当時の新聞記事の写真で少し見ることができます。
記事によると、古い木製電柱を利用して、高さ5.5m、幅8mのウレタン塗装仕上げで、そばに関所らしい案内所も作られたそうです。
しおりやスタンプも用意されていたようですが、いつの頃か関所も取り壊されてしまいました。

DSC_1159.jpg


DSC_1160.jpg

観光事業も一日にして成らず。
先人のアイデアや努力の上に、現在の増毛町の観光が成り立っています。

DSC_1025-1.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 09:00| Comment(0) | CHUの当番リターンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。