2020年09月11日

暑寒別岳の標柱更新

IMG_1825.jpg

9月8日、国定公園指定30周年記念事業として、暑寒別岳の標柱を更新。
公園指定の平成2年に整備して以来です。
更新箇所は、風雪による老朽化がひどい、標高1492mの頂上、暑寒コースの9合目、8合目、7合目、3合目、2合目、景勝地の扇風岩、滝見台の8カ所。

朝5時に施工業者とともに11名で登山開始。
2合目、3合目の標柱は1週間前に設置を終え、高所の6ヶ所分をヘリコプターで運搬する計画。
ヒグマ対策に、鈴とラジオの他、途中途中でホイッスルを鳴らし、熊除けスプレーも当然持参。幸いクマの形跡も見当たらず、9時頃に登頂。

IMG_1828.jpg

頂上の祠に、増毛厳島神社のお神札を奉り準備万端。
と、ここまではよかったのですが、この日の下界は30度越えの暑さで途中までも晴天に恵まれていましたが、頂上の空は雲に覆われて真っ白状態。この期に及んでヘリコプターが飛ぶことができません。
御神酒として持っていったのが、国稀ではなく、カッパ黄桜(ご神札手前)だったのがよくなかったのでしょうか。

このままだと、日を改めて山に来なければならない−誰もが最悪の状況を思い浮かべながら、待つこと3時間。
正午過ぎ、わずかに晴れ間がのぞき、ヘリがやってきました。拍手喝采。

DSC_0880.jpg


DSC_0868.jpg

IMG_1832.jpg

DSC_0874.jpg

無事荷下ろしに成功。
頂上の標柱は、170sもあるコンクリート製の擬木、永年ものです。
よっこらせと設置し、基礎をセメントで固めます。

DSC_0884.jpg

あとは順次、9合目、8合目&扇風岩、滝見台、7合目と下山しながら作業をしていきます。
午後5時30分に暑寒荘に到着。1日がかりの作業を無事終了。
記念作業に参加できたことを嬉しく思います。
暑寒別岳登山で、雄大な自然を体感してください。

DSC_0212-1.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 09:30| Comment(0) | CHUの当番リターンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。