2020年06月26日

東芝日曜劇場「終りの一日」

DSC_0727.jpg


DSC_0725.jpg

CSスカパー放送で、東芝日曜劇場の「終りの一日」が放映されるのを偶然発見。
昭和50年に増毛町で撮影され、放送された単発テレビドラマです。
前から見たいと思っていたのですが、ようやく念願が叶いました。

戦争で夫をなくし、ずっと自分を抑えて生きてきた女教師の退職した日を描いた物語。
主演は、若い時から老け役を演じ、日本一のおばあちゃん女優と呼ばれた北林谷栄さん。(北林さんは、昭和56年の映画「駅station」で、健さんのお母さん役として出演しています。)
他に坂口良子さん、小倉一郎さん、神山繁さんらが出演。
旧増毛小学校や増毛駅など、北海道遺産にもなっている駅周辺の懐かしい風景を見ることができます。

DSC_0728.jpg


DSC_0729.jpg

旧富田屋旅館もこのときはまだ現役旅館でした。
その横にあった谷商店もひじょうに懐かしいです。店先に野菜や果物の青果が置かれていた断片的な記憶が蘇ってきました。
坂口良子さんは、現在の居酒屋忠さんの場所にあった志満川食堂で働いている設定です。
その坂口さんも、25年後の平成12年のテレビドラマ「札幌・増毛冬物語」で増毛町を再訪しています。

DSC_0730.jpg

協力のクレジットに、増毛小学校と増毛中学校も。
小学校は校舎が使われ、中学校は当時の生徒さんたちや先生もエキストラ出演しています。
脚本は「ふぞろいの林檎(りんご)たち」の山田太一さん。
山田さんも増毛町の風景に魅入られてこの脚本を書き上げたのでしょうか。45年前の貴重な景色が映像として残ったことに感謝です。

DSC_0212-1.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 09:00| Comment(2) | CHUの当番リターンズ
この記事へのコメント
□ 昭和50年といえば、当方が、電電公社(北海道電気通信局)に入社した時で、その当時、増毛町に帰省した際のことを懐かしく想い出させる貴重な画像です。掲載いただき、ありがとうございます。
Posted by ◇ Sophia_Master at 2020年06月28日 17:43
コメントありがとうございます。
壊された建物もありますが、駅周辺は昔と変わらぬ風情が今でも残されています。
この街並みをこれからも残していきたいと思っています。
Posted by CHU at 2020年07月03日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。