2020年06月05日

函館大門で飲む男

「昨日の晩、大門で飲んでたんだけどさ....」
朝一で、はるばる函館の方から電話がきました。

「“国稀ブルース”って何?、いや国稀は知ってるんだけどさ」
大門の居酒屋で隣の席の会話から話が聞こえてきたんでしょうか、ずっと朝まで気になっていて、思わず電話をかけてきたそうです。

「それは奈良に在住の、大衆ソウルシンガーのインディさんの作った歌ですよ。CD化されていませんが、youtubeで聴けるはずですよ」と即答してあげました。
「あーっ、あのピチピチ(※えびの唄)の人かい? youtube見てみるわ、どうもありがとうね」
喉に刺さった魚の小骨が取れたかのように、すっきりされて電話は終わりました。

函館の歓楽街で話題になっているなんて、インディさんもたいしたもんです。
ぜひ国稀さんの協力も得てCD化してもらいたいですね。

FB_IMG_1590887276872.jpg

国稀ブルース 詞・曲)インディ

お前と過ごした年月を 思い浮かんではまた冬が来る
止めはしなかった後悔と 交わす相手もいないのに
お前を抱くように一升瓶抱え
これがホンマ(本間)の ホンマ(本間)の味

今夜も俺を 増毛で俺を
泣かす国稀〜

DSC_0212-1.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 09:00| Comment(0) | CHUの当番リターンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。