2017年10月26日

絵になる風景

イチョウの黄色が目立つようになりました。
数日前に降った雪。
ちょっと早過ぎましたからね。
市街地は既に消え去りました。

DSCN5574.jpg

穏やかな秋を楽しんでいます。

DSCN5575.jpg

そんな陽気に包まれている増毛駅周辺はこんな感じ。
駅舎そのものの改修と線路まわりには新しい遊歩道が設置されます。

DSCN5609.jpg

なので駅舎への立ち入りが規制されています。
入口横の駅名板も取り外されて…。

とりあえず外されたのだと思いますが、昨年の廃線騒ぎでもありましたから。
ホームの電柱に取り付けられていたホーロー仕上げの駅名板がどなたかに盗られてしまったのは。

DSCN5610.jpg

これまでもそうだったように、これからも大切にして行きます。
駅舎まわりに張り巡らされたフェンス。
こうした規制が行われると、今まで随分身近なものだったのだと改めて感じます。
いつでも出入りが自由だったのですから。

DSCN5612.jpg

ホームの方まで伸びるフェンス。
大正10年に開通した当時の面影を残しつつ行われる大がかりな工事。

DSCN5613.jpg

レトロ感をどこまで大事にしてもらえるのか…。
気になりますなぁ。

DSCN5615.jpg

線路脇の遊歩道には枕木が使われます。
列車が来ていた頃とは異なる景色になりますが、これもまた絵になる風景かと。
どうぞお楽しみに。

DSCN5617.jpg
posted by スタッフ at 14:22| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。