2017年09月21日

秋の魚

秋鮭の定置網漁が始まっています。
今年は水揚げ量が少なめなのだとか。

DSCN3592.jpg

その分、高値で取引されているようです。
さて、皆さんの食卓に初物が上がるのはいつになるのでしょうか。
もう食べてたりして…。

DSCN3589.jpg

日曜は秋の味まつり。
会場となる増毛港中央ふ頭では鮭などの魚介はもちろん、とれたてのフルーツも並びます。
そして飲食コーナーでは恒例の美味いもの屋台街も勢ぞろい。

DSCN3606.jpg

会場設営の準備も順調。
あと心配なのは天気だけ…、ですかね。

DSCN3617.jpg

電球のたくさん並ぶ船はイカ釣りでしょうか。
発泡箱の積み込みが忙しそうです。
えび桁…、それは昔の呼び名ですね。
今では「えびこぎ漁」と呼ばれています。
秋から春にかけての小型底引き網漁。
えび篭漁と重複しますが、その漁も始まったようです。

DSCN3653.jpg

底引き漁が始まるので魚種も増えます。
市場も賑わうことでしょう。
残念ながら一般の見学は出来ませんが、場内に並ぶ魚箱を想像しながら鮮魚店で出会いましょうか。

DSCN3704.jpg

次の漁に備え船が戻ります。
これは別苅港へ行くんだったかな。

DSCN3665.jpg

岸壁の縁から海を覗いてみます。
ウニや磯ツブが手に取れそうなところにいるんです。
ツブのように見えるのはヤドカリなことも多いですけど。

DSCN3654.jpg

秋の味まつりではホタテフリスビーなど海水プールを使ったゲームもあるのですがね。
そんな中にこのコたちを放せないかな。
触るだけで海に戻すから。

でもなぁ、やっぱり食べたくなっちゃうから。
見るだけにしておきます。

でもギリギリまでは近づかないようにしてくださいませ。
ドボンと落ちてしまうこともありますから。
posted by スタッフ at 13:15| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。