2017年08月10日

蘇ること

屋内運動場のトタン屋根を葺き替え、集合煙筒の解体が行われている旧増毛小学校。
あちこちに工事用の足場が組まれています。
建て替えかどうかで揺れた時期もありましたが、そのうち道立増毛高校が閉校し、小学校機能はそちらに移転。

DSCN1533.jpg

既に5年が過ぎてしまいましたが、未だ主のいない状態が続きます。
でもこれほど大規模な修繕を行うのですから。
何かに使わなきゃ。

DSCN1536.jpg

私が通っていた頃は石炭ストーブが使われていた時代。
石炭庫から運ぶのが当番だったのですが、石炭庫って薄暗いんです。
それが怖くて。
石炭係は何人かで行くのに一番後ろにはなりたくない…。
それはみんなも同じだったように覚えています。

DSCN1537.jpg

こうして外されてみると結構大きなものでした。
増毛小学校の歴史は明治11年開校。
なので来年は140年を迎えることになります。
この校舎は開校当時のものではありませんが、建てられたのは昭和11年のこと。
昨年で80年を越えました。

DSCN1539.jpg

老朽化も進み、今どきの耐震基準に応えることも出来ず…。
ですがこの集合煙筒を外すだけでも随分と負担が減るような気もします。

DSCN1542.jpg

今日は肝試し会。
昨年に続き2回目の開催となりますが、今回も大勢の怖がりが楽しまれることでしょう。
さて、どんなハプニングが起きるのか。
それもまた楽しみ…、と言うことにしておきましょうか。

DSCN1543.jpg

耐震化、消防法…。
自由に立ち入るには越えなければならない課題も多い旧増毛小学校。
ですが、魅力いっぱいの貴重な財産を活かせるよう、中から答えを導きたいと思います。

DSCN1547.jpg

まずは作法室で座禅でもしてみましょうか。
それとも校長室のレトロな会議テーブルで企画書づくりとか。

DSCN1545.jpg

あ、普段は電気も止められているのでした。

手書きでいいの。
そうですね、この校舎にはノートの鉛筆が似合うような気がしますもの。
posted by スタッフ at 10:04| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。