2017年07月19日

形あるものはいずれ…

1882年に創立した増毛町立別苅小学校。

2014年に閉校するまで132年間
多くの小学生が過ごしました。

20170707_111225.jpg

20170707_111212.jpg


そして閉校から3年。
ついにこの校舎が今年の夏に解体されるようです。

20170707_111313.jpg

20170707_111321.jpg

20170707_111332.jpg

この旧別苅小学校は中2階のようなところに体育館が
あります。

20170707_111346.jpg

20170707_111351.jpg

この屋根に見覚えはありませんか?

そうです。
北海道遺産である旧増毛小学校と同じ「トラス構造」。
別苅小学校もこの天井だったのは初めて知りました。

20170707_111516.jpg

屋上からの眺めも当然オーシャンビュー。

20170707_111526.jpg

元のグラウンドは草が生い茂っていて、
使用されなくなってからの年月を感じます。

20170707_111747.jpg

20170707_111847.jpg

旧増毛小学校のように閉校後に、
解体するのか、保存するのか。

活用するのか、しないのか。

そういった議論になること自体が稀なのかもしれません。


増毛町内にはすでに閉校した校舎が、
旧増毛小学校を含めてあと5校ありますが、
何年か先、そのほとんどが解体されることになるのでしょうか。
posted by スタッフ at 12:01| Comment(0) | yossy diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。