2016年12月21日

自問自答する

観光に携わること。
観光パンフやマップの製作。
飲食や宿泊など、ここを訪ねたいというお客さまへの日々の案内。
夏は忙しいけど冬はヒマだよね。

DSCN2015.jpg

確かに現実はそうかも知れません。
私たち住む者にとって雪は闘いの相手だから。
疲れて動けなくなっちゃうんだもの。

DSCN2017.jpg

でもね。
果たしてそれでいいんだろうか。
小さい頃はスキーも滑ったし、坂を見つければソリ遊びに夢中でした。
今でも雪を見ると自然に雪玉を作っちゃうし。
そして誰かにぶつけたくなる。
つららを見つけると妙に嬉しくなるのもどうなのでしょう。
取りたいのと撮りたい気持ちが、いい年をした男の中で葛藤します。

このたびお邪魔した暑寒沢にある大きなお宅。
「なんでもないさ。畑にあったヤツだもの。」と玄関先に飾られたホオズキ。
何気なく置かれた朱色に感動します。
そう、観光とは旅人の発見と、もてなしたいと無意識に動く住民の気持ちがいい風に混じり合うことなのかも知れません。

DSCN2022.jpg

久しぶりのポルク。
夕方の閉店間際にお邪魔してしまいましたもの。
すみませんでした。
でも…、ほの暗い雰囲気がまた素敵です。

DSCN2021.jpg

自家焙煎のコーヒー。
いい香りが店内に広がります。

DSCN2019.jpg

今年は何が出来たんだろう。
そして来年は何が出来るんだろう。
自問自答が続きます。
posted by スタッフ at 10:00| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。