2016年11月15日

日本点字図書館オープンオフィス

 先週の土曜・日曜日に東京都新宿区高田馬場にある
日本点字図書館にて行われたイベントに参加してきま
した。

IMG_0718.jpg

 増毛町がなぜ日本点字図書館に?と思う方もいると
思いますが、実は深い関わりがあるんです。

 日本点字図書館の創設者 本間一夫氏は、増毛町の生
まれで、実家が造酒やニシン漁の網元を兼ねる豪商でし
た。
 5歳の頃に視力を失い、13歳の頃に点字と出会い、
35歳の時に東京で「日本盲人図書館」を設立しました。
 しかし、戦時中のため再び増毛町へと避難し、空襲で
図書館が全焼してしまいます。
 その後、ボランティアによる寄付もあり、再び「日本
点字図書館」として、再建したそうです。
 それが、今の日本点字図書館です。

 増毛町と日本点字図書館は、古くから深い関わりがあっ
たのが分かったかと思います。

 そこで、少しでも増毛町として協力ができないかという
ことで今回のイベントに参加してきました。

 本間一夫氏についての生い立ちについて詳しく知りたい
方は、日本点字図書館のホームページをご覧ください。


 今回のオープンオフィスでは、2日間で来場者1,200名
ほど。
 たくさんの人と触れ合い、たくさんの人に増毛町を知っ
てもらう良いきっかけになったと思います。

 増毛町からのPRとして、増毛のみずを持っていきまし
たが、これがまた大人気。
 「これ飲んだら毛が生えるのかい?」などの声が多く、
「ましけ」を「ぞうもう」と読む方がほとんどでした。

IMG_0714.jpg

 他にも最北の果樹園を少しでも広めるために、洋なし100
%ジュースを販売。
 東京の方は、増毛町というより北海道で果物が採れている
ことに驚かれていました。
 これからまだまだ宣伝していけば、良い結果に繋がるので
はないかと感じました。

 他にも、はますいのたこ燻や、増毛の願い、なまこ石けん
など特徴のある商品を持っていきましたが、なかなかの反応。

 やはり皆さん本間一夫氏とゆかりのある日本酒 國稀に興味
を持っておりました。

IMG_0713.jpg

IMG_0715.jpg

 この日本点字図書館という施設は、増毛町としても大切
な施設であるので、今後とも何か協力していきたいと、そ
んな心休まるところでもありました。

IMG_0717.jpg

 今回は、イベントを盛り上げるのはもちろんでしたが、
この施設に来られたことが自分の中で大きな糧となりま
した。
 普段できない経験や体験などここでは、多くのことが
学べると思いますので、皆さんも是非一度は行ってみて
ください。
 増毛町のポスターやパンフレット等も今後は置かせて
いただきますので、興味がある方は是非。

IMG_0740.jpg

IMG_0737.jpg

IMG_0728.jpg
posted by スタッフ at 18:57| Comment(0) | もときの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。