2016年10月12日

秋の空

旧エネルギー科学館とユースホステルを解体する工事。
結構賑やかな音を立ててバラバラになっていったのですが、きれいサッパリと無くなってしまいました。
いつまでかかるのかと思った工事も終えてみると早いものです。

DSCN6279.jpg

跡地には何やら四角い箱型の工作物が一つ。
その奥にあるのは創作の館です。
陶芸や木工芸などの体験をする施設ですが、サークル活動などで意外と頻繁に使われているもの。
だけど道路からは随分と奥に引っ込んでいますから。
さて、手前の土地はどうなるのでしょう。
気になるところです。

気になると言えば…。

DSCN6281.jpg

町内の芝生が荒らされています。
通勤途中にある元陣屋も随分前からこのようなテープが張られているのですが、カラスの仕業なのだとか。
近づかないようにという防衛策。
でも広大な緑が自慢のリバーサイドパークは甚大な被害を被っているようです。
ああ…、想像したくない。

DSCN6282.jpg

芝生の中にいる虫をほじりまくるカラスたち…。
一体どれほどの数でやって来るのでしょうか。
器用さは認めますけどね。
せっかく整備したものを荒らすのはいただけません。
さて、何かいい方法は無いものなのか。
生きもの相手ですからね、悩みましょう。

DSCN6283.jpg

朝は普通に歩いて来れたのですが…。
ちょっと前は急に暗くなり雷に強い雨だもの。
秋の空は変わりやすいです。
今日は午後から外回りだし。
しかも雄冬の展望台や公園施設を見て回るという…、大丈夫でしょうか。
不安です。

DSCN6285.jpg

初冠雪が伝えられた暑寒別岳。
いつもならすぐに消えて暖かさが戻ることもあるのですが…。

DSCN6286.jpg

今年の山はどうなのでしょう。
そしてみんなが住む平野部は。

DSCN6287.jpg

まあ遅かれ早かれ来るものは来るのです。
悩んでも仕方がありません。
ドンと構えましょ。
posted by スタッフ at 10:35| Comment(2) |
この記事へのコメント
自然との共存は難しい…。
Posted by MASHIKIN at 2016年10月12日 12:02
ご心配をお掛けしております。カラスの芝荒らしはひと段落したようで、あとは雪が降るまでにどう修復しておくか。とりあえずめくれてしまった芝を元に戻しましょうか。途方に暮れる毎日です。
Posted by 宮 at 2016年10月12日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。