2016年07月12日

いらっしゃいませ

今日から市街地にある厳島神社の例大祭が始まります。
12日は宵宮祭。
朝からお祭りの準備で境内は賑やかです。

DSCN1609.jpg

7時でしたか。
打上花火も上がりました。
道路脇で見つけたその残骸。
滅多に見かけるものでもありませんから、こりゃ何かいいことあるかも。
などと勝手に想像してしまいます。

DSCN1611.jpg

町内で一番早いのは6月19、20日に行われた別苅地区恵比須神社のお祭り。
そして今月は2、3日に阿分稲荷神社のお祭りがあり、厳島神社は14日までの3日間。
その後、舎熊神社が19、20日。続いて雄冬神社が21、22日となります。
この中で阿分だけは7月の第1土日となっているそうですが、他は固定の日付です。
よろしければ覚えていただき、ローカルなお祭りもお楽しみいただければ…、と。

月末の30、31日には港まつりもありますからね。
いよいよ夏本番。
忙しいです。

私の場合は飲み歩くことが…、ですけど。

DSCN1614.jpg

露店の準備も始まりました。
今年はどんなお店が来ているのでしょう。
子ども達が家を出てからしばらく経ちますので、ここ数年は露店を歩くことさえなくなりましたから。
それじゃダメなんです。
今年はブラついてみよう。

DSCN1626.jpg

のぼりが立ち、神社の飾り付けもすすみます。
普段はちょっと地味な場所かも知れませんが、この時だけは華やかに。
今朝も町外から来られた方に神社の呼び名を聞かれました。
「いつくしまですよ。」
どこから来られた方なのでしょう。
こんな田舎町に厳島神社など…、そう思われたのかも知れませんね。

外から見ることの出来ない全面彫刻が施された本殿も是非ご覧いただきたいです。
町の有形文化財にも指定されている大切なものですから。

そして一緒にお祭りを楽しんでいただければ…。
地酒があるでしょ。
今月からウニ漁も始まりました。
サクランボの収穫もそう。
飲み食べに忙しい季節。

DSCN1627.jpg

鉄路の廃止。
いつかは来る道だったのかも知れません。
12月4日までの短い期間ですが、賑わいをもたらしてくださることもきちんと受け止めましょう。
あとは私ども住む者がこの町の魅力をどうお伝えするのか。

DSCN1629.jpg

直接お話しすること。
情報を文字にしてパンフレットにしてお渡しすること。
ネットで検索出来るようパンフレットとにらめっこ。

田舎人はひとり何役も兼ねなければならないことも多いです。
楽しんでやろうと思えば前進するスピードも早まりますが、全てが楽しいものばかりではありませんから。
そこが難しい。

DSCN1633.jpg

などと愚痴ってはいられません。
さあ、今年も盛り上げて行きましょう。
皆さまのお越しをお待ちしています。
posted by スタッフ at 11:06| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。