2016年02月12日

増毛劇場

DSC_0755.jpg

亜璃西社から出版された『ほっかいどう映画館グラフィティー』。
朝日新聞で2年半連載されていたコラムをまとめたもので、明治から昭和の道内の映画館を紹介しています。

紹介されている72館のうち、札幌以外のは24館。
その中に増毛劇場(閉館時380席)もありました。
増毛劇場は大正5年から昭和48年まで営業しており、閉館時の席数は380席。
戦後まもない頃に増毛でロケされた「ジャコ萬と鉄」(1949年)の上映では、二重三重と長蛇の列ができたそうです。
巻末の資料によると、昭和36年当時の町内には他にも増毛北映劇場(定員280名)と別苅劇場(定員不明)があったそうです。
増毛劇場では幼少期にゴジラを見た記憶がかすかにあります。

DSC_0756.jpg

中学生の頃はよく留萌市の日劇に映画を見に行きましたが、残念ながらこの書籍では紹介されておりません。
留萌の日劇は市内の中心街の交差点角にあって、その当時は劇場前に成人向け映画のポスターも堂々と飾られており、信号待ちが嬉し恥ずかし、今ではありえない古き良き時代でした。

IMG_6241.jpg

増毛劇場の館主は甲谷商店さん。
今でも食料雑貨店として営業しており、店内には昭和の懐かしの映画ポスターが飾られています。
期間限定で、人気商品「漁師の力酒」も販売しています。

0000.jpgCHU
posted by スタッフ at 12:16| Comment(0) | CHUの当番
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。