2015年04月07日

古い観光パンフレット 〜平成編〜

新年度、人事異動で課の職員の顔ぶれががらっと変わり、配置も変わりました。
なので、机の中も上も片づけをしなければなりません。
文房具の墓場と化した引き出しや、古文書館状態のファイルも数年に一度の御開帳です。

DSC_0119.jpg

古文書ファイルから出てきたのは、平成7年頃?の増毛町の観光パンフレット。
A4サイズ16ページ。写真がとてもきれいです。

平成5年から、行政の文書がA4サイズの国際規格化となり、その流れに沿う形でそれまでのB5サイズからA4サイズに作りかえられたんだと思います。
A4版の大型化に対応するためか、写真で魅せるグラフィックマガジン的な構成です。

DSC_0120.jpg

当時の増毛町の売りは、国定公園にも指定されているダイナミックな自然景観。
“シーサイドライン”として、巻頭で雄冬海岸を大きく取り上げています。

DSC_0122.jpg

今、増毛町にたくさんの観光客が訪れている「駅前歴史通り」の扱いは、なんと幕尻の一番後ろ。
時代を感じさせる紙面構成です。

十年後二十年後のパンフレットはどういうものになっているんでしょうか。
増毛町の一番の売りは何になっているんでしょうかね。

0000.jpgCHU)
posted by スタッフ at 23:31| Comment(0) | CHUの当番
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。