2022年07月06日

いやいやそっちの伏線回収かよ!

さくらんぼ屋の孫に生まれて
早25年
さくらんぼに愛され
さくらんぼを愛した女
さくらんぼのことなら
何でもお任せあれ!!
5.jpg
・・・とは冗談でも言いたくない。
まだ研修1年生。
研修生もいいとこ。ぺーぺーのこいつ(私)
が昨日のセミプロ伏線を
回収できるわけもなく(; ;)ホロホロ
どうか温かい目で
と切実に願いながらとりあえず、
回収してみることにします。
(よし。これで知識不足の私が
話してもいい伏線を張れた。てれてれ)


増毛町にはたっくさん!
の果樹園があります。
いくつもの果樹園が集まっているのは、
暑寒別岳”暑寒ルート”にむかう道沿い。
増毛のフルーツはあの辺を想像する方が
多いのではないでしょうか(^▽^)

増毛町には新鮮なもの、
ウマいものがあふれすぎて、
フルーツが酒や海の幸に
埋もれてしまいそうになっているのも
事実。。。
で!す!が!
ナメてもらっちゃあ困ります
(誰もナメてないよ←)

さくらんぼ・もも・プラム・
プルーン・ブルーベリー・
ぶどう・りんご・洋梨・和梨
など
たくさんの果物を生産しています^^
1.jpg
7月時期は
昨日のブログ通りさくらんぼですね!

昨年は、
霜の影響をうけ、紅秀峰の
収穫量が減ってしまった果樹園が
多かったと聞きます。
さらに収穫時期の
1ヶ月間雨がまっっったく降らず、
干ばつ状態・・・
恵みの雨という言葉がぴったりの昨年
と記憶していましたが、

今年は、

勘弁の雨。

といったところでしょうか。

先に
”自分の果樹園では”
という前提の元
お話させていただきますが、

連日の暴風雨などの影響をうけ、
さくらんぼは割れものが多い年となりました。
一年通して育てた物が、
天気には敵わないと思うととても悲しい。。。
6.JPG
あえて、キレイな様子だけではなく、
市場に回ることのない雨で割れた
さくらんぼを載せてみます。
もったいない・・・(; ;)ホロホロ

ですが、環境に負けず、
立派に成長したさくらんぼは、
今年は、

水分量の多いジューシーなさくらんぼ

に仕上がりました!
さくらんぼの実は3Lサイズがごろごろ!
平均して大きい粒のものが収穫出来ておりますきらきら

サイズ感はこんな感じ!
3.JPG
・・・といっても、
さくらんぼは天候にももちろん左右されますが、
年間を通してお世話をしてあげることもとても重要!
冬前に、木の幹に囲いをし、
冬には日当たり具合、
成長具合など色んなことを考えながら
枝を切って、
さくらんぼの花の芽がつくと、
芽かきという成る実を少なくし、
花が咲いたら・・・・
とお話したのはごく一部で、
どんだけブラック企業なんだ!
と言いたくなるくらい手間がかかって
美味しく出来上がります。。。

それぞれの果樹園で
おいしさに違いはあるものの、
どこの果樹園も

増毛町産はおいしいことまちがいなし!
2.jpg
一般的にスーパーなど市場に並ぶ物は、
出荷時には、少し早いものを収穫し、
店頭に並ぶ頃に傷まないよう
調整されている地域がほとんどですが、
増毛町ほとんどの果樹園が朝採れ出荷、
朝採れ販売!
木でおいしくなるまで成長させた
さくらんぼは、もう・・・
言わなくてもわかりますよね(*´∀`*)

ほらほら、おいしそうでしょ?
4.JPG
ミッキー型のさくらんぼも発見!
今年は卑猥なさくらんぼも発見(..;)
こちらに掲載は自粛しておきますね。。笑

季節物は思い立ったらすぐ行動
です(*^o^*)
みなさんのお越しをお待ちしております目がハート

posted by スタッフ at 16:09| Comment(0) | 耳をすませば