2020年10月02日

映画「天国の本屋 〜恋火」

DSC_0932.jpg

女優の竹内結子さんがお亡くなりになられました。
あまりにも突然のことで驚いています。

竹内さんは、主演映画「天国の本屋 〜恋火」(2004年・松竹)で増毛町に来ています。
同作は道内各地で撮影が行われ、当町でのロケは前年の8月25日〜28日に行われました。
私もロケハンに協力して、推薦した場所が撮影に使われましたが、人気絶頂だった竹内さんはスタッフのガードも固く、その姿を近くで見ることはできませんでした。
(※映画で使用された場所は、一般の方の所有地ですので立ち入ることはできません。)

EPSON001.jpg

当時は、インバウンドの外国人観光客が押し寄せる前で、映画やドラマのロケ誘致が地域経済の活性化に繋がると言われた時代でした。各地でフィルムコミッション(FC)が設立され、留萌振興局でもFCフォーラムが開催される力の入りようです。
地方ロケは活発になりましたが、この頃の2時間物のサスペンスドラマなんかは、無理やり名所や美味しいものを登場させる観光ガイド的な要素も多く含まれていたように思います。

FCの話題性もあった「天国の本屋」ですが、興行的には全くヒットしなかったようです。
同時期に公開された、同じ恋愛物の「世界の中心で、愛をさけぶ」(東宝)が、観客動員620万人、興行収入85億円の大ヒットを記録し、その割を食ってしまったようです。
その時以来、同作を見ていませんが、決して悪い作品ではなかったはずなので、改めて見直してみたいと思います。

竹内結子さんのご冥福をお祈りいたします。

DSC_0212-1.jpg(CHU)
posted by スタッフ at 09:00| Comment(0) | CHUの当番リターンズ