2019年02月07日

歩くこと

雪降り。
カメラを構えながら歩くのは少々心配なのですが、ふわふわのサラサラですから。
いい感じの冷え込みです。

DSCN8766.jpg

昭和の時代を色濃く残す駅前通り。
鮮度自慢の海鮮ものをお楽しみいただくのが一番かと思いますが、ラーメンや蕎麦、焼肉にスイーツなどなど。
まずは食べる楽しみを語りましょうか。
冬期は休業するところもありますが、食べ歩くことも増えました。
もちろん料理にはお酒も付きもの。
日本最北の酒蔵「國稀」が作り出す辛口の酒は無休で皆さまをお待ちします。

DSCN8768.jpg

そしてこの通り周辺の楽しみはもうひとつ。
北海道遺産にも選定された歴史的建造物群。
中には明治期に建てられ重要文化財に指定されている重厚なものもあるのです。

保存され公開されるもの。
朽ちて取り壊されるもの。
辿る運命はさまざまですが、それぞれから醸し出される歴史の香りを感じて歩くのも悪くないです。

DSCN8793.jpg

さて、サラサラ雪の楽しさについて。

雪玉づくりには向きませんが、歩くだけなら気分がいいもの。
寒いなんて言って家に籠もるのはもったいないです。

DSCN8813.jpg

昨日は坂の上にある増毛灯台を目指してみました。

ゴム長を履き、積もった雪をこぐ。
その度に鳴り響く雪の音はギュッギュッ、ギュッギュッ。

DSCN8814.jpg

でも、とても小さな音ですから。
湿り気の多い雪の音とは全然違う微かな響き。

DSCN8816.jpg

駅前通りから約300メートルで紅白の美しい姿が現れます。
増毛港を一望出来るお勧めの場所。

DSCN8829.jpg

列車が走っていた頃はその往来を楽しむことも出来ました。
懐かしいです。

今は出入りする船を見送るだけ。

DSCN8819.jpg

まあ元々ここは船が安全に往来出来るよう作られた場所ですから。
のんびりベンチでも置いて眺めてもらいましょうか。
雪が溶けたら考えましょう。

DSCN8823.jpg

中央埠頭に停泊するのはイカ釣りの船。
そして市場前には新造された“えびカゴ船”。
月曜にお祝いの会が開かれたばかりなのだとか。

DSCN8822.jpg

人口減に悩む町に飛び込む明るい話題。
こりゃ春から縁起がいいです。

DSCN8821.jpg

どうぞ豊漁が続きますように。

仕事を終え帰宅途中。
いつも通る神社裏の坂道には積もった雪がキラキラと光ります。

DSCN8836.jpg

サラサラの雪は結晶も大きめ。
これも寒さが増しているせいなのでしょうか。
予報では明日の気温は史上最低を記録するような…。

暖かくして歩き続けます。
posted by スタッフ at 14:54| Comment(0) |