2018年12月06日

昔からの味

夏の間は賑わった駅前通りも雪が降り出すと人通りも寂しくなってしまいます。
昭和の匂いを数多く残すこの通り。
寒いですけどね、寂れた感じも大事な魅力。

駅から國稀酒造までのほぼ中間辺りにある食事処「志満川」。

DSCN6052.jpg

町内では老舗です。
大きな屋根を持つ重厚な造り。
近くに建つ重要文化財の旧商家丸一本間家と並ぶ増毛の看板施設。

そして醤油味のラーメンが根強い人気なのです。

DSCN6050.jpg

私がお邪魔するのは、いつもお昼時を少し外した時間帯。
だいたい2時頃になるでしょうか。
のんびりとした店内の雰囲気と一緒に懐かしい味を楽しませていただきます。

DSCN6044.jpg

平成もそろそろ終わりですが、ここにはその前の昭和がしっかりと残されています。

以前は箸入れが銀色の箱形だったように記憶していますが…。
いつから変わったのでしょう。

DSCN6045.jpg

壁に貼られたサイン色紙。
それらも既に色あせて年代ものになっています。

映画やテレビドラマの撮影で来られた方々が多いでしょうか。
忙しい合間にホッと出来る落ち着いた空間。
懐かしいと呼んだ方がいいかも知れません。

DSCN6046.jpg

さあ、お待ちかねのラーメンが運ばれて来ます。
こぼれんばかりの熱々のスープ。
チャーシューにメンマ、焼き海苔が1枚。

DSCN6047.jpg

そしてこの透き通り具合。
ずっと変わらない昔からの味。

DSCN6048.jpg

美味いなぁ。
箸を付けたらよそ見もせずに黙々といただきます。

若い頃はご飯もお願いしていましたね。
このスープとご飯の組み合わせ。
絶妙です。

DSCN6049.jpg

ふぅーっ。

また飲み干してしまいました。
ごちそうさまです。
posted by スタッフ at 17:56| Comment(0) |