2017年01月27日

國稀の酒粕

 夏は、観光客で賑わう最北の酒蔵國稀酒造も冬のこの時期は、
少し落ち着いた様子を見せています。

 真冬のこの時期でも客足が途絶えることがないのは、さすが
人気のある酒蔵です。

 人気の秘訣は、もちろん酒の美味さもありますが、サービス
の良さもあると思います。

 冬に國稀に行けば甘酒のサービスがあります。
 寒い中来ていただいてありがとうございます。といった意味
が込められているのでしょうか。
 温かい甘酒をストーブに当たりながら飲めるなんて良いもの
です。

 店員さんもおかわりはいかがですか。と優しく声をかけてく
ださるので、気持ちも穏やかになります。

 さて、國稀といえば皆さん印象強いのは、黄色いラベルの佳
撰のイメージがあると思いますが、種類はかなり豊富なんです。

 さらに、酒蔵限定酒や数量限定酒なども並んでおりますので
自分用にとお土産用にとたくさん買って飲み比べてみるのも面
白いかもしれないですね。

IMG_1405.jpg

IMG_1404.jpg

 そして、この時期オススメするのがこちら!
 國稀の板粕です。
 袋に入っていても甘い匂いが香ります。
 濃厚な味がありますので、甘酒に最適です。
 國稀で出されている甘酒ももちろんこの板粕
を使っていますので、飲んでみて美味しかったら買う
というものありでしょう。

 大人気な商品のため数に限りがあり、仕入れ待ちに
なる可能性もありますので、余裕があれば事前にご連
絡を!!

IMG_1403.jpg

IMG_1402.jpg
posted by スタッフ at 10:57| Comment(0) | もときの日記