2016年12月19日

坂を活用する。

すでに、小樽・函館への観光ボランティアガイド
研修旅行から帰ってきて1ヶ月が過ぎようとしています。

小樽の話はすでにこのブログで綴りましたが、
函館の話がまだだったので、紹介したいと思います。

前日の小樽では吹雪の中での研修でしたが、
函館では快晴の中で研修することができました。

20161124_090953.jpg

20161124_091716.jpg

現地のガイドの方は、
函館ガイドボランティア「一會の会」代表の女性ガイドさん。

私たちの反応を見ながら話の強弱をつけたり、
「ここだけの話…」のような、聞かせるための言い回しが
上手でとても参考になりました。


さて、今回は函館山の山麓付近のガイドを中心に
受けましたが、とにかく坂が多く、しかもその坂を
うまく活用している印象がありました。

20161124_093034.jpg

20161124_091848.jpg

「大三坂」

この坂を下ると有名な「金森赤レンガ倉庫群」があります。


そしてなんと言っても最も有名な「八幡坂」

IMG_8662.jpg

20161124_094642.jpg

街路樹の間を海に向かって一直線に道路が走っています。
この坂が一番の人気スポットだそうです。

坂と言えば、登りがきつかったり、冬は滑って大変だったりと
あまり良いイメージがありませんが、景観を活用すれば
登るのも苦にならず、一つの観光資源となることを学びました。

言われてみると、東京の神楽坂も坂だからこそあの雰囲気
なのかもしれません。
留萌の太子祭もですね。
坂ばかりでしつこいようですが、今度は下から見てとても
雰囲気のある坂も発見。

20161124_122523.jpg

「護国神社坂」
坂の上に大きい鳥居があって、ついつい登りたくなります。
登りませんでしたが…


さぁ、増毛町の「海に向かって一直線の坂」は
どうできるでしょう。

20161219_150544.jpg
posted by スタッフ at 16:24| Comment(0) | yossy diary