2016年11月16日

準備万端です

月曜からスキー場勤務です。
オープンまであと1カ月。
リフトの搬器取り付け作業が始まりました。

DSCN7159.jpg

3月のクローズからブルーシートに包まれていた搬器。
第1リフトは122台ですから月曜1日。
そして第2リフトは83台だから火曜の半日で取り付けます。
ワイヤーに等間隔で取り付けられていく搬器。
1台ずつしっかりと…、安全を確認しながら進められる作業なのです。

私の担当はきれいに並べてしまってあった搬器を乗り場まで運ぶ役。
これがまた重労働なんですから。
50代半ばの体には堪えます。
3日間も通えるんだろうか…、心配です。

DSCN7168.jpg

でも初日は暑かったので。
防寒用のジャンパーも必要ありませんでした。
気分的に楽でしたね。
汗を拭きふき搬器を運びます。

DSCN7193.jpg

リフトの支柱で見つけたテントウムシ。
暖かいんだな。
とカメラを向ける余裕もあったり。

DSCN7206.jpg

そして翌日は雨模様でした。
気温も若干低め。
カッパを羽織って作業します。
どんな時でも肌身離さないカメラ。
もちろんこんな重作業でも持っているんです。
ちょっとした光景もパチリと撮れますから。

でも…、汗をかいたり雨の中でも使用はリスクも高まります。
もう何度壊したでしょう。
そろそろ防水タイプのものを買った方がいいのかも。
今頃ですか、って言われそうですが。

DSCN7211.jpg

そして今日。
作業最終日は雪になりました。
町の中はサラッと降っただけですけど山はもっと深かったです。

DSCN7235.jpg

そんな中、今日の作業は荷重検査。
人が乗っていると想定して運行状況をチェックするんです。
赤い鉄の塊は1コ30キロ。

DSCN7237.jpg

それをヒョイと持ち上げて搬器に載せて行くんです。
力持ちの若者は両手に持って…、凄いですな。
マネなど出来るものじゃありません。

DSCN7243.jpg

4コで大人2人分。
いえいえ、それは普通の方の場合ですよね。

DSCN7245.jpg

私だったら1人で3コは必要ですから。
ああ…、今さらですけどそんなに重たいことに気づいてしまいます。
何とかしよう。

その後、急停止の制動状況を確認します。

DSCN7254.jpg

さあ、とりあえず坂の上までお連れすることが出来るようになりました。
あとはロッジの中を華やかにして…。
そうそう、皆さまには雪がどんどん降りますようにと願っていただけますか。

町の中は降らなくてもいいんです。
山の方だけ…、勝手なお願いですがどうぞよろしくお願いします。
posted by スタッフ at 14:29| Comment(0) |