2016年10月31日

自分、不器用ですから…

プロ野球日本シリーズ


ついに!

ついにやりました!北海道日本ハムファイターズ!

10年ぶり3度目の日本一です。
終わってみれば4勝2敗でしたが、
どの試合も勝敗がどちらに転んでもおかしくない展開。
終盤に試合を決めるあたりは、今年のファイターズの
粘りを象徴していましたね。

この勢いで、次はサッカーJ2リーグで首位を走る、
「コンサドーレ札幌」が、もちろん首位でJ1昇格を
決めてくれるでしょう!
2連敗中ですが、11月3日の札幌ドームでの試合は
圧勝してくれるはずです!


さて、ましけマルシェ「秋の大収穫祭」から
2週間が過ぎました。
そんなマルシェでは、先週から特別教室を開催。


マルシェスタッフによる
「こぎん刺し教室」と「がま口作り教室」

先週は「こぎん刺し教室」を実施したので
体験してきました。
20161028_124344.jpg

設計図と見本。

最初はこの設計図を見ても何がなんだかサッパリでしたが
スタッフが一から優しく、時に厳しく教えてくれたので
とても楽しくつくることができました。

20161028_130202.jpg

店内のカフェスペースで、コーヒーやお茶を飲みながら
自分のペースで出来ますよ。

次回は、11月4日(金)、5日(金)の13:00〜
「がま口作り教室」が開催されます。

申し込みなどは事前にましけマルシェ 
0164−56−4210
へ連絡願います。

20161028_140958.jpg

私は青リンゴの「こぎん刺し」を作成

昔から、細かい作業が苦手で、
親からも「手ぼっこ」(※手が不器用)とバカにされた
自分でも作れました。


が、次の日、娘が作ったものと比較すると、
完全に私の負けです…

「手ぼっこ」は治っていないようです。

20161028_141218.jpg

20161028_145906.jpg
posted by スタッフ at 10:28| Comment(0) | yossy diary

2016年10月29日

そんなことを言えるのも

浜風が吹きススキの穂が…。
そう呼ぶには少々枯れ過ぎたかも知れません。
ザワザワと擦れる音だけが響いています。
もうすぐ冬。
いや、まだ早いですか。

DSCN9857.jpg

阿分の神社は駅STATIONのロケ地のひとつ。
初詣で賑わう人混みの中、増毛行きの列車が走り抜けるシーンが記憶に残ります。

DSCN9860.jpg

映画では増毛市街の神社という設定ですが、実際にはここで撮られたもの。
市街地の厳島神社では列車が走り去るシーンなど獲れませんから。

DSCN9861.jpg

ここまで来るのは久しぶり。
間も無く列車の来る時刻なので、カメラを構え続けるというのもいいのでしょうけど。
のんびり待つには寒過ぎます。

DSCN9862.jpg

とりあえず…。
こんなのはどうか的なカットをパチリ。

DSCN9863.jpg

こんなタイミングで列車でも来てくれれば嬉しいのですが。
そんなことを言えるのもあと36日。

DSCN6868.jpg

留萌港のそばを通る道。
増毛から小平に向かうにはここを通るのが一番近いのですが、この踏切も年内には不要になります。
いちいち止まることも無くなりますね。
楽じゃないですか。

DSCN6869.jpg

廃止になって便利になること。
意外と多いのかも知れません。
今さらもがいてもどうしようもありませんから。

あとは何が便利になるかなぁ。
posted by スタッフ at 10:00| Comment(0) |

2016年10月28日

増毛町のおみやげ屋

 増毛町の特産品や冷凍加工品、また増毛町で採れた新鮮な
野菜や果物も数多く取り揃っているおみやげ屋「ましけマル
シェ」。


 今シーズンは、4月上旬から営業が始まり、早7ヶ月が経
ちました。
 ましけマルシェもいよいよ冬の準備です。今年の営業は、
11月20日(日)の営業をもって冬期間休業となります。

IMG_0569.jpg

 春から夏の繁盛期は、毎日賑わいを見せていて、車が止め
られないくらい混んだり、店内も混雑していてゆっくり買い
物が出来なかったという方もいると思います。
 それだけ賑わってくれているのは、とても喜ばしいことで
す。
 しかし、じっくりとゆっくりと買い物を楽しみたい方もい
るでしょう。そんな方は、今がオススメ。

 おみやげなどは通常通りありますし、この時期はまだ野菜
も果物も採れますので、一度は来たけどゆっくり買い物した
いという方是非ともお待ちしています。

IMG_0568.jpg

 その日ある野菜や果物の表示がましけマルシェ入口にあり
ます。

IMG_0566.jpg

IMG_0565.jpg

 新鮮な野菜は、入ってすぐのところにあります。

IMG_0571.jpg

IMG_0572.jpg

 ちょっと変わり種のおみやげに良いかも。
 なまこの石鹸と増毛町の育毛剤。

IMG_0567.jpg

 今なら、1,000円以上のお買い上げの方に増毛町
の水、その名も「増毛のみず」をプレゼント。

 ましけマルシェ冬期休業になるまで、まだまだ頑
張ります。
 これから告知があると思いますが、冬期休業にな
る前にひとつイベントがあるそうですよ。
 バーゲンセールもあるとかないとか。
 詳しくは、増毛町観光情報局に掲載しますので、
ご確認を。
posted by スタッフ at 11:37| Comment(0) | もときの日記

2016年10月27日

初冬の案内所のある日

プロ野球日本シリーズ

ホームで2連勝し、
対戦成績を2勝2敗の五分に持ち込んだ
北海道日本ハムファイターズ。
この勢いでホームで3連勝して
敵地の広島で日本一になって
ほしいですね。

その札幌ドームでは熱い闘いが
繰り広げられていますが、
ここ増毛町は風が強く寒い日が続いて
おります。

昨日から運休中のJR留萌線も影響してか、
案内所を訪れる方も少なく寂しい感じ。

20161027_091621.jpg

20161027_091633.jpg

20161027_091714.jpg

20161027_091647.jpg

この増毛町観光案内所の営業は12月4日まで。
寒い季節ですが、昭和の雰囲気漂うレトロな
案内所へお越しください。

さて、今日はここ観光案内所で取材がありました。
HTBで放送されている「LOVE HOKKIDO」の
「オロロンラインを行く!道北の魅力」
という企画でお越しいただきました。

20161027_094809.jpg

HTBの取材と言えば、今年の5月にも夕方のイチオシ
「出勤!イチオシ!刑事」というコーナーの取材で
カイミさんが来てくれましたが、
それに続き2回目です。

今回は、アリョーナさん(写真右 ロシア・サハリン出身)と
リ・チャンさん(写真左 中国・上海出身)のお二人。

20161027_094331.jpg

どうです?
美女とイケメンのお二人ですね〜。

今回の企画は、増毛〜稚内までの
オロロンラインを旅して、
道北の魅力を探るというもの。
留萌管内では増毛町と羽幌町で
撮影予定のようです。
増毛町を選んでくれるなんてさすがHTBさんです。

さぁ、こちらの放送は

12月10日(土) あさ6:05〜6:30

ONちゃん6チャンHTBでの放送予定となっております。

この放送ですが、海外でも放送されるようで、
中国・台湾では北海道の1週間後の放送らしいので、
海外にお友達がいる方はぜひ教えてあげてください!

20161027_095120.jpg

20161027_094847.jpg

20161027_094943.jpg

posted by スタッフ at 14:12| Comment(2) | yossy diary

2016年10月26日

温かいところ

週末の駅前。
廃線間近の増毛駅には列車が滑り込んで来るのと同時に多くのお客さまが集まります。
もちろん皆さんカメラを抱えて。
消え行く列車の面影を残そうとする人もいれば、話題の駅を一度は見ておきたいという方も。
もちろん乗って車窓からの景色を楽しむ人もいらっしゃいます。
想いは人それぞれですから。

DSCN6716.jpg

そんな駅前通りにある“そば処”は、丁寧な仕上げの手打ち麺が楽しめるカフェデソバ凛。
そば処でもありスイーツなどを楽しめるカフェでもあるのです。
古い建物を改装して昨年オープンしたお店。
テーブル席が中心ですが、小上がりも2卓ほど。
あずましい空間です。

DSCN6717.jpg

新そばが出たと言うのに…。
たまに食べたくなるのがカレー南蛮。
この匂いにやられちゃうんです。
鶏とネギもふんだんに使われていて大満足な一杯。
美味し。

DSCN6719.jpg

十分スパイシーですが、さらに南蛮を投入してしまいます。
その器がまたかわいらしい。
テーブルの小物にもしっかりとこだわること。
それも大切なおもてなし。

DSCN6723.jpg

家族が注文したのは鴨もりそば。
新そばを楽しむには、やはりこちらがオススメかと。
少々緑がかった麺が素敵です。

DSCN6721.jpg

新そば特有の色。
ワタクシのコンパクドデジカメじゃその微妙な色加減をお伝えし切れないかも知れませんがね。
とにかくいいものなんですわ。
それに鴨肉だもの。
贅沢なひとときをいただきました。


DSCN6722.jpg

でも…、食道楽な私どもは、そばだけでは終わりません。
カフェメニューの人気はピザ。
それも楽しまなきゃ。

DSCN6724.jpg

鴨もりそばのつゆ。
最後はそば湯を注ぎ込んで飲み干すのが大好きなんです。
しかも運ばれて来た容器の底に残る濃いところまでたっぷりと注ぎ込むの。
たまらんです。

DSCN6730.jpg

と、普通はここでごちそうさまとなるところですが…。
店内の壁には“そばプリンあります”の貼り紙。
しかも新そば粉が使われていて土日限定って…。

DSCN6732.jpg

そりゃ買うしかありません。
たらーっとかけられた黒みつにカリカリのそばの実。
レトロな雰囲気漂う増毛に似合いの大人プリンです。

DSCN6735.jpg

土曜のお昼過ぎ。
何組ものお客さまが出入りします。
お寿司や海鮮丼が人気の駅前通りですが、こうしてバリエーションの増えた通りの魅力もまたお楽しみいただければと思います。
そのためにもまだまだ歩かなきゃいけませんな。

頑張ります。
posted by スタッフ at 13:10| Comment(0) |

2016年10月25日

岩尾温泉あったま〜るまだまだ営業中!

 寒くなってきたこの季節。
 増毛町もいよいよ冬に向けて準備が始まりました。

 今月の10日には、リバーサイドパークと陣屋展望
台が冬期間休業しました。
 この寒さと、風の強さにはさすがに厳しいものがあ
りますね。

 IMG_0560.jpg

IMG_0562.jpg

 そして、今月の23日には、雄冬展望台も冬期間閉鎖と
なりました。

IMG_0553.jpg

IMG_0555.jpg

 しかし、まだまだこれから行きたくなるところもあります。
 やはり、寒くなってきたら温泉ですよね。

 そこで、イチオシは、「岩尾温泉あったま〜る」!!
 日本海が目の前に広がっており、一望できる非常に気持ちの
良いところにあります。

 露天風呂からは、目の前に日本海が。

露天風呂・札幌側.jpg

 もちろん内湯で広々のんびりと望むことだってできます。

 内湯A.jpg

 増毛町内から少し離れているのも魅力的なところです。
 自然に囲まれてリフレッシュしませんか。

 営業期間は、11月30日までとなっておりますので、是非
ともこの時期に入ってみてください。

 入浴時間は、11:00〜21:00までとなっていますので、
仕事終わりや観光の帰りなどにオススメですよ。
(受付終了は、20:15まで)

 そしてなんと、11月は毎週土曜・日曜日に「りんご湯」を開催!
 増毛産のりんごを露天風呂に浮かべる贅沢な温泉。
 りんごの特産地、増毛町ならではの温泉是非堪能してみませ
んか。

IMG_5865.JPG

 詳しくは、次回ブログにて掲載したいと思います。
posted by スタッフ at 19:53| Comment(0) | もときの日記

2016年10月24日

活躍を讃える

プロ野球日本シリーズが始まりました。

正直、日本ハムが4勝1敗くらいで圧勝だと思っていましたが、
「広島東洋カープ」強いですね…

地元の応援もハンパないし、スキを見せた時の一気の攻勢は
なかなか手強いです。
このあと、札幌ドームで3連勝しても、またあの赤一色の応援が
待っているとなると厳しい戦いが予想されます。

選手とファンの活躍に「あっぱれ」です。


そして、今年の増毛町の中での「あっぱれ」はここ

IMGP1617.jpg

IMGP2086.jpg

IMGP2193.jpg

「旧増毛小学校」なんてどうでしょうか??


えび地酒まつり恒例の「校舎内見学」から始まり、
「ぞうきん掛け選手権」、「きもだめし大会」と
多くの方を楽しませてくれました。

増毛町の小高い丘の上に建つ、木造の重厚で不気味だった校舎は
現役の頃のような賑わいで、様々な活用方法を教えてくれました。

その校舎に対し、「あっぱれ」ですが、何か行動で返したいと思い、
この旧増毛小学校が誕生(完成)した11月11日にイベントを
開催します。

コチラ
↓ ↓ ↓

ちょうど生誕(完成)から80年目の日に、
今年の活躍に感謝の気持ちを込めて「大そうじ」しませんか?

参加してくれた方には、給食のような感じで昼食を
提供できるように企画中ですので興味のある方はぜひご参加ください。

なお、掃除に使用するものはすべて主催者で用意しますので、
寒くない格好で参加するだけでOKです。

申し込みは、増毛町役場商工観光課
рO164−53−3332(直通)で先着80名様まで
となっていますのでお早めに申し込みください。
posted by スタッフ at 14:30| Comment(0) | yossy diary

2016年10月23日

よりみちの駅

  昨日、留萌振興局で開催された「よりみちの駅」に

 増毛町のマーシーくんも参加しました。

 下は開場時にお出迎えをするマーシーくん。

 DSCN1631.jpg


 次は町内の果樹園さんのブースで果物をPRするマーシーくん。

 DSCN1632.jpg

 こちらは来場者とふれあうマーシーくん。

 DSCN1635.jpg DSCN1630.jpg

 そして、遠別町の「モモちん」と戯れるマーシーくん。

 DSCN1627.jpg

 最後に大抽選会のときの「ご当地キャラ勢揃い」のときのマーシーくん。

 DSCN1636.jpg

 実は少々、疲れ気味です(笑)。

 このように「留萌管内のご当地キャラが勢揃い」ということは

 結構珍しいかもしれません。

 来場してくれた方も喜んでくれていたみたいです。

 マーシーくんも「来年も参加します!」と申しておりました。

posted by スタッフ at 16:02| Comment(2) | ちばちゃんの当番

2016年10月22日

寒くなりました

昨日、登山小屋の暑寒荘まで続く道が閉鎖になりました。
積雪期は除雪しないので冬期間通行止めです。
山は深い眠りに入ります。

DSCN6660.jpg

ゲートの遥か向こうに見えている山。
雄冬山だったでしょうか。
スキー場からも良く見える山なんです。

DSCN6659.jpg

先週の日曜、増毛山道の開通式に向かう途中、この山の横を通ったんです。
ちょっとばかり険しい部分もありました。
自分の体力の無さも痛感したところです。
これから先、多くの人たちが通ることで踏み固められたら味のある道が出来上がるのです。
歩きやすさも増しますよね。
時間はかかりますが、昔の人たちが辿った道ですから。
ゆったりとした時間とともに進むとしましょうか。

DSCN6634.jpg

寒さが厳しくなりました。
と言っても暦はまだ10月。
一作日の夜は札幌市内でも雪が積もっていたらしいですね。
でも増毛では積もるほどの雪など無し。
チラチラと降っているのを見た、ってくらいでしょうか。
温暖な気候が自慢のフルーツの里。
札幌よりは北ですが住みやすい町なのです。

DSCN6637.jpg

久々にランチで出かけます。
今回はすずらん通りにあるダイニングバーオーシャンで熱々のラーメンをいただきました。
焼きおにぎりと漬物付き。

DSCN6636.jpg

ここのラーメンは塩味。
透き通るスープはサラッとしているのですが深みもあるんです。
思わず飲み干したくなるという…。
塩分を控えなきゃならない身には少々堪えますけど。

そして食後のコーヒー。

DSCN6639.jpg

でもここの本業はダイニングバーですから。
この日はお昼に続いて夜もお邪魔してしまいます。
まずはコク深い樽生エビスで乾杯。

DSCN6641.jpg

小鉢には魚。
フクラギって呼んでましたかね。
ブリやハマチの小さい頃の名前。
脂分の多い魚が苦手な私ですが、フクラギなら大丈夫。
プリプリっとした食感を楽しみます。
大葉を混ぜた味噌和え。
美味し。

DSCN6644.jpg

そしてハタハタの煮つけ。
活きのいいのが入ったのだとか。
酔っ払いながら煮付けを食べるのは少々面倒ですが、美味いものを食べるためですもの。
丁寧に骨を取り除きながらホクホクした身をいただきます。

DSCN6648.jpg

日本酒にした方が良かったでしょうか。
そろそろ燗酒が美味しい季節ですから。

DSCN6651.jpg

などと言いながら手が伸びるのはワインのボトルです。
もう…、ただの呑兵衛になってしまいました。

DSCN6653.jpg

どうです、皆さんも今晩あたり。
posted by スタッフ at 10:00| Comment(0) |

2016年10月21日

増毛町のジャム

フルーツの里増毛町、果物をそのまま食べるのはもちろん!加工品だってたくさんあります!
果物といえばジャムが一番イメージが強いのではないでしょうか。
増毛町では、様々な果樹園が様々な種類のジャムを作っています!!

IMG_0374.JPG

この時は、ましけマルシェにて大収穫祭があり、ジャムの試食がありました!
やはり美味しさを伝えるには必要なことです。

そして、こちらは富良野市にあるジャム工房。

IMG_0437.JPG

増毛町出身の方がジャムおばさんとして働いているということで訪問。
残念ながらジャムおばさんはいませんでしたが、ましけマルシェも見本になるところがありました。

まずは、ジャムの試食。

IMG_0440.JPG

ここでは、ジャムの種類がかなり豊富ですが、全てのジャムが試食できるようになっており、試食させて美味しさを伝えれば買ってもらえるという思いがあるそうです。

IMG_0438.JPG

商品の見せ方もそうですが、味を知ってもらうということが大切なのだと学びました。

来年度のましけマルシェは、商品の見せ方と試食の部分も力を入れていきたいと思います。

またその加工品を使った商品開発も今後の増毛町に必要なものであると思います。
この地元産のジャムを使ったソフトクリームのように、簡単なものでも地元産のものを使うことが必要なのだと旅先で少し学んだことを今回は取り上げさせていただきました。

IMG_0441.JPG
posted by スタッフ at 15:50| Comment(0) | もときの日記

2016年10月20日

「ヤツ」

ついに「ヤツ」がやってきました。

この時期のヤツは、まだ本気は出しませんが、
「ヤツ」を見るだけで少し焦ります。


『あまり外出はしない方が良いかな?』

『ヤツが来ても大丈夫なように替えた方が良いかな?』

など、急に気持ちが慌ただしくなります。


もうおわかりだと思いますが、
単なる「雪マーク」のことです。

平地で積もるようなことはほとんど無いと思いますが、
寒さに対する恐怖と、タイヤ交換をしていないことに対する不安が
なぜか急に高まります。

道民でも、冬は体も生活も慣れるまで大変なんです。
(※注 完全に個人的な意見です。)


ですが、そんなことを言っても冬はやってきます。
せっかくだから楽しまなきゃ損です。

そこで!
今年のオープン予定まで2ヶ月をきったこの施設の紹介です。

20161019_150210.jpg

20161019_142850.jpg

20161019_150216.jpg

町営の「暑寒別岳スキー場」

リフト2基、初心者から上級者までが楽しめるコースバリエーションで、
もちろん100%天然雪!
しかも豪雪地帯にあるため、ほぼ毎日パウダースノーを味わえます。

この日は、ちょっとした作業があり応援に。
私は、午後過ぎまで別の仕事があったため、スキー場に到着したのは
午後2時半過ぎ。

すでに作業が進んでいてあと少しのところでした。

 
が!

作業を進める気配がありません。

???



!!!!

20161019_142844.jpg

写真ではわかりにくいですが、重機が沢に入り、ぬかるみにはまって
身動きが取れなくなっているではありませんか。

すぐに出るだろうと思いながら見ること30分…

この写真よりもさらに身動きが取れない状況に…


今度は作業よりも、脱出方法に興味津々。

結果、応援を呼び、凄腕のオペレーターさんが自力で脱出に成功!
もちろんそれまで運転していた方も、まぁまぁの腕なんです。
プロというのは凄いと実感しました〜!

話がだいぶ長くなってきたのと、趣旨からだいぶズレてしまいました…


この増毛町暑寒別岳スキー場は、利用される方の安全確保や、
利便性を図るため、この時期から一生懸命作業して頑張っていますので、
大自然の恵みを「食」だけではなく、「レジャー」でも楽しんで
いただけたらと思います。
posted by スタッフ at 07:00| Comment(0) | yossy diary

2016年10月19日

古さから学ぶこと

旧エネルギー科学館とユースホステルの解体工事が終了しました。
面影を残すものはほとんど無くなりましたから「旧」という文字を付けた呼び名も使わない方がいいのかも知れません。

DSCN6490.jpg

それ以前には道立病院として使われていた場所。
このポプラの木はその象徴として玄関前にあったものです。

DSCN6492.jpg

太い幹が人の背丈ほど…、いえいえその倍くらいはあるでしょうか。
なんだかモニュメントが新たに置かれたような感じに思えなくもありません。
元気のいい子どもたちなら登って遊ぶのかも。
そんなことがあったら立入禁止となってしまうのがオチでしょうか。
何かあったら困ってしまう人が多い世の中だもの。

DSCN6498.jpg

さて、駅前のこと。
観光案内所はJR留萌増毛間の廃止日程に合わせて12月4日まで営業することとしています。
連日多くのお客さまにお越しいただき、寂れた町を活気づけてくださいますこと、心より感謝申し上げます。
あと46日ですか。
名残惜しいですが、決められたことは仕方がありません。
静かに送り出すのが残された町の任務であれば、それに従い準備を進めましょう。

DSCN6509.jpg

ですが良からぬ話をお聞きします。
廃止になったらそこら中のものが剥ぎ取られますから。
駅として、または運行車両の誘導機材などは管理者のJRが取り外すものでしょうが、個人的な欲求が高まった皆さんによる奪い合いが発生するらしいです。
ここの思い出はここにあってこそ意味のあるものなのですから。
どうぞそっとしておいて欲しい。
それとも廃止後はそんな奪い合いもセレモニーのひとつとして公認されているものなのですか。
それでは仕方がありません。
甘んじて盗られるとしましょうか。
どうせ取り残される町なのですから。

DSCN6903.jpg

留萌からの鉄路が閉ざされる時、それに替わるように石狩側に向かう増毛山道が開通します。
列車でも無く、車でも無い。
ゆったりとした歩幅で進む自然の道。
安政4年、江戸幕府函館奉行所の命を受けて、当時の場所請負人であった伊達林右衛門さんが自費で開削した道。
それを8年がかりで見つけ出した山道の会の皆さん。
ご苦労は相当なものがあっただろうと思います。

DSCN6939.jpg

約160年ぶりに再会する交流。
これからどんな人たちがこの道を歩くのか、昔のように地元民じゃ無く、遠方からのトレッキングファンなのかも知れません。
楽しみな反面、繋がる道をどのように整備し続けるのかも大きな課題となるでしょう。
あくまでも人の力を借りなければならないものですから。

DSCN6952.jpg

先週の日曜は、この山道の全線開通を祝う式が行われました。
雄冬山の横を通り抜け、浜益御殿へと向かい始めるあたり。
残りあと10メートルほどを残した笹を刈り取り復元作業を行います。
大勢の関係者が集まりました。

DSCN6446.jpg

刈払い機で切り取った笹を山道脇に押し込める作業は、これから通る皆さんが歩きやすいようにするための大切なもの。

DSCN6978.jpg

通る人が増えてくれれば自然と踏み固められて行くものです。
そうなる時を願って皆さんの作業は続きます。

DSCN6999.jpg

今回は山道途中、それも旧の武好駅逓(ぶよしえきてい)よりも先から歩き始めました。
なので増毛の出発点である別苅の景観などはわからないまま。
そこも歩かなきゃいけませんね。
地元民として知らないところを無くしておくもの大事な作業です。
新しく購入したヒザ用サポーターのおかげで快適な歩行も確保出来ましたし。
来年は暑寒の山頂もめざそうかと思います。

その前に少し痩せておかなきゃ。
その課題が一番大きなものかも知れません。
posted by スタッフ at 11:52| Comment(0) |

2016年10月18日

ディスカバリー北海道 石狩、留萌編

 10月12日(水)〜25日(火)の期間で、札幌駅直結の大丸地下1階
にて「ディスカバリー北海道 石狩、留萌編」が開催されています。

 もちろん増毛町の食材や果物を使ったものも販売されています!
 そこで、どんなものがどう提供されているのか見に行ってきました。

 大丸地下1階にあるほっぺタウン催事コーナーでは、増毛町の甘えびや海産
物の燻製、最北の酒蔵國稀などが並べられていました!
 燻製は、ひとつひとつ丁寧に作られており、増毛町の食材に職人の技も加わ
り、面白い商品であるなと思いました。
 今後の増毛町の商品開発にも繋げていきたい商品です。

IMG_0403.jpg

IMG_0405.jpg

 国稀会場も大々的に販売しておりました。
 地域、季節の限定酒などもこの期間だけの限定販売しておりますので、
是非この機会に。

IMG_0400.jpg

IMG_0401.jpg

 スイーツは、地下1階にある各店舗で1品ずつ増毛町の果物や国稀などを使用
したものを販売!

 増毛町の果物もここまで綺麗に加工され、丁寧に盛りつけされていたので、良
い宣伝になっていたのではないでしょうか。
 このような商品が増毛町でも販売できればまだまだ果物の幅も広がっていくと
思います。

IMG_0412.jpg

【フルーツケーキファクトリー】
増毛産りんごのタルトタタン

IMG_0416.jpg

【一久大福堂】
りんご大福

IMG_0418.jpg

【ロリオリ】
りんごのタルト

 この他にもたくさんのスイーツに増毛産のものが使用されていまし
たが、なかなか人混みで写真を撮ることができませんでした。
 25日(火)までやっていますので、是非探してみてください!

posted by スタッフ at 17:16| Comment(0) | もときの日記

2016年10月17日

秋らしい

この週末は、やっと秋の気配を感じることができました。

風が少し強く、屋外は寒い時間帯もありましたが、
建物の中では秋の日射したっぷりで暑いくらいの陽気に。


そんな2日間は、ましけマルシェ「秋の大収穫祭」というイベントが
開催され、多くの方にお越しいただきました。

20161015_145234.jpg

このイベントの目玉は、新製品の「増毛のみず」プレゼント
だったり、町長の「ジャム作り実演会」、すべての食材が増毛産の
「ニシンの三平汁」無料振る舞いなどなど。

中でも、普段は店頭に並ばないコチラ

20161014_181253.jpg

20161016_105342.jpg

町内、山崎菓子店のケーキ特別販売!

大量に仕入れましたが大人気で、2日間とも完売することができました。

20161015_145257.jpg

店内に、スイーツがあるだけでも雰囲気が変わり、とても良かったのでは
ないでしょうか。

そして、店内に設置したカフェコーナーも大盛況。

20161014_181305.jpg

20161016_113108.jpg

購入したものをその場で食べるも良し、休憩だけでも良し、
スタッフとのトークだけでも良し。

こういったスペースも必要だと改めて感じました。


今シーズンの営業はわずかな期間しかありませんが、
こういったイベントから普段の営業に活かしていけるように
しなくてはなりません。


マルシェスタッフの企画で開催した「大収穫祭」

開催前にはたくさんの方が来てくれるか不安な部分もあったようですが、
大好評だったのではないでしょうか。

今後もいろいろな挑戦に対してサポートしていきたいと思います。

20161015_145241.jpg

20161016_105324.jpg

20161016_105305.jpg

20161016_105258.jpg

20161015_145222.jpg

まさに、実りの秋たっぷりな2日間。

まだまだ、増毛ではこれからが秋本番です。
ぜひ増毛町にお越しくださ〜い!

posted by スタッフ at 11:03| Comment(0) | yossy diary

2016年10月16日

今週“も”たくさんの人が

 昨日の増毛駅。

 DSCN1579.jpg

 今週も多くの乗降客でにぎわっていました。

 DSCN1581.jpg

 2両編成の列車にびっしりの人。

 ついつい「コレが通常の風景だったら・・・」と思ってしまいます。

 最終運行日まで2ヶ月を切りました。

 どんなキッカケでもいいので、増毛に来て「増毛の良さ」を味わってほしいですね。

 そして、JRが無くなっても「何度も」来ていただきたいです。 

 「海の幸」「フルーツ」「自然」etc

 「魅力」はいっぱいあるマチですので。
posted by スタッフ at 09:00| Comment(0) | ちばちゃんの当番

2016年10月15日

成長します

いつもの年なら観光シーズンも終わりかけ。
人影もまばらとなる時期なのですが、JRの廃線でにわかにブームな駅前です。
と言っても無人の駅とホームを見るだけの場所。
駅舎の管理人はいませんが、売店はあります。
近くで水産加工品を製造する“ぐるめ食品”の直売所がテナント営業しているんです。
タラコや鮭トバなど取り揃える商品も豊富。

DSCN6312.jpg

そこを起点に地酒の酒蔵“國稀酒造”辺りまでが増毛を代表する観光ルート。
寄り道せずに行けば徒歩で5分とかかりません。
あっと言う間です。
そこをのんびりと写真を撮ったり飲食店に立ち寄ったり。
もちろんお茶を楽しめるスポットも点在しています。

これから雪が降り、人通りが極端に少なくなる頃、列車も姿を消すのですね。
その日は静かにという訳にはいかないとは思いますが、長い間ご苦労さまでした。
ありがとうございますと、使命を終える鉄路に、そして駅舎そのものに感謝申し上げましょう。
どんな形でそれを表現していいのか、今のところわかりませんけど。

DSCN6759.jpg

駅前通りの飲食店はそのほとんどが通年営業。
ですが何軒かは冬期間お休みとなります。
寒い中をお茶するのって大変ですから。
お客さまも、もてなす方も…。

DSCN6762.jpg

今月いっぱいで店じまいの“ふるふるトマト”。
美味しそうなミニトマトが並んでいました。
食べやすいように割っていただき、オイルをタラっとかけてもらいます。
甘さたっぷりで美味かったです。

DSCN6763.jpg

お店のテーブルに置かれたノート。
ああ、これが噂のヤツですか。
増毛から170円区間を表示する切符を模したもの。
でも実際にこのような切符が売られている訳でも無く。

増毛に自販機などありませんので。
ここじゃ無いところでいい商いが生まれています。
それはそれでいいのかも知れません。
みんな頑張ればいいだけのことですから。

DSCN6764.jpg

トマトの次はフライドポテト。
振り掛ける粉はいろいろあるのですが、今回はシンプルに塩でお願いしました。
これまた美味し。
そしたら向かいにあるかまぼこ屋さんからの差し入れです。

DSCN6765.jpg

すみませんね。
たまたま居合わせただけなのに。
お裾分けをいただいてしまいました。
揚げたてアツアツ。
これまた美味かったです。
今度は自分で買いに行きましょう。

DSCN6766.jpg

随分と寄り道をしてしまいました。
職場へ戻る途中の坂道。
トボトボと歩いて行くと足元に虫が一匹。

DSCN6767.jpg

寒さが増しています。
こちらに気づいているハズなのに逃げることも無くジッとしたまま。
「おおーい、踏まれるなよぉ。」と声を掛けたついでに1枚。
さて、その後の彼の運命は…。

DSCN6768.jpg

何気ない普段着の増毛。

DSCN6769.jpg

愛想がいいかどうかは何とも言えません。
もてなし力の向上もまだまだ、これからですから。
メジャーな観光ルートでも無し。
発展途上のマチ。

DSCN6770.jpg

でも頑張る気持ちはあるんです。
皆さまに鍛えられて成長して行きたいと思っています。
posted by スタッフ at 10:00| Comment(0) |

2016年10月14日

今週末の増毛町はイベント盛りだくさん!

 10月に入り、観光ハイシーズンである真夏よりも少し落ち着
きを見せつつある増毛町。
 ただでは、終わりません!今週末は、イベントが目白押しなん
です!

 7月8日から始まり大好評である「増毛町スタンプラリー」が
10月16日(日)で今シーズン最後となりますので、なんとか
増毛町のリンゴジュースとかでもお土産に当てていってください。
 増毛町の観光案内所でガラポンをやっていますので、是非とも
お待ちしております!

IMG_0360.jpg

 目印は、この旗!!とこの看板!!
 増毛駅のすぐ横にありますので分かりやすいかと思いますよ。

IMG_0363.jpg 199.jpg


 そして、ましけマルシェでは、「秋の大収穫祭」を開催!!

 10月15日(土)と16日(日)の二日間で開催されます。

 期間中にましけマルシェに来場していただくと「増毛のみず」
をプレゼント!
 さらに、期間限定で山崎菓子店さんのケーキを販売します。
 この機会に是非食べてみてください。

 15日(土)は、増毛町長による「リンゴジャム作り」実演会
が行われます。
 時間は、10:00〜、12:00〜、14:00〜の3回。
 町長自家製のジャムが食べられるチャンスかも!?

 16日(日)は、マルシェスタッフによる「ニシンの三平汁」
と「おにぎり」の振る舞い。
 マルシェで販売しているニシンを使用しております。

 この二日間ましけマルシェはお得が盛りだくさんです。
 是非足を運んでみてください!

IMG_0337.jpg


 さらに、10月15日(土)13:30〜
 元陣屋では、「ハロウィンでトリックオアトリート」が
開催!

 〇✕クイズに答えてお菓子をGETできたり、カップケーキ
作りにチャレンジしたりなど、お子様向けのイベントがあり
ます。
 もちろん仮装も大歓迎!
 事前予約が必要ですので、もし興味がある方は、元陣屋まで。
(рO164−53−2427)

IMG_0357.jpg

 この週末は、増毛町に遊びにきてはいかがでしょうか。
posted by スタッフ at 15:16| Comment(0) | もときの日記

2016年10月13日

増毛に無いところ

寒いですね。

札幌市街地から増毛方面に国道231号線を
北上すると、それぞれ約30q位の距離に
元々は単独の自治体だった石狩市厚田区、
石狩市浜益区があります。

この間、道内の半数以上の町にある、
『道の駅』は無く、札幌からオロロンラインを
北上した場合、小平町まで道の駅がありません。

道の駅と言えば、たくさんのトイレや駐車場、
その町の特産品販売などが思い浮かびますが、
何より、ドライブの休憩と言ったら道の駅!
というイメージが根付いており、その町の情報発信基地として
広く認知されています。

そんな道の駅が、増毛〜札幌間のオロロンライン、
約2時間少々のドライブの途中にも出来るようです。

20161013_064846.jpg

石狩市厚田区の、元々トイレがあった公園敷地のような所に建設中です。

完成がいつかはわかりませんが、この道の駅をきっかけに
オロロンラインを北上し、増毛まで来てくれる方が
増えるように考えなくてはなりません。


さて、オロロンラインの魅力は何と言っても『景色
この石狩市厚田区の道の駅建設地の向かいの
駐車帯からは積丹半島も見ることが出来ます。

20161013_064832.jpg

20161013_064826.jpg

増毛町の雄冬地区からもごく稀に見ることが出来るこの景色は、
北海道の広大さを存分に感じられます。
また、夜は小樽方面の『まち明かり』が見えることもあり、
それもまた魅力的です。

この道の駅ですが、
増毛町にも、と言う意見が多くあり、
過去には建設に向けて検討されたこともあったようですが…

個人的には、道の駅の建設も良いとは思いますが、
駅前通りを中心とする、コンパクトな街中〜果樹園
までの、町の中全体が道の駅のように出来たらなぁ。
と考えてます。

が、経費が最小限に済み、ちょうど良い土地があれば
面白いのかもしれません。
posted by スタッフ at 17:00| Comment(2) | yossy diary

2016年10月12日

秋の空

旧エネルギー科学館とユースホステルを解体する工事。
結構賑やかな音を立ててバラバラになっていったのですが、きれいサッパリと無くなってしまいました。
いつまでかかるのかと思った工事も終えてみると早いものです。

DSCN6279.jpg

跡地には何やら四角い箱型の工作物が一つ。
その奥にあるのは創作の館です。
陶芸や木工芸などの体験をする施設ですが、サークル活動などで意外と頻繁に使われているもの。
だけど道路からは随分と奥に引っ込んでいますから。
さて、手前の土地はどうなるのでしょう。
気になるところです。

気になると言えば…。

DSCN6281.jpg

町内の芝生が荒らされています。
通勤途中にある元陣屋も随分前からこのようなテープが張られているのですが、カラスの仕業なのだとか。
近づかないようにという防衛策。
でも広大な緑が自慢のリバーサイドパークは甚大な被害を被っているようです。
ああ…、想像したくない。

DSCN6282.jpg

芝生の中にいる虫をほじりまくるカラスたち…。
一体どれほどの数でやって来るのでしょうか。
器用さは認めますけどね。
せっかく整備したものを荒らすのはいただけません。
さて、何かいい方法は無いものなのか。
生きもの相手ですからね、悩みましょう。

DSCN6283.jpg

朝は普通に歩いて来れたのですが…。
ちょっと前は急に暗くなり雷に強い雨だもの。
秋の空は変わりやすいです。
今日は午後から外回りだし。
しかも雄冬の展望台や公園施設を見て回るという…、大丈夫でしょうか。
不安です。

DSCN6285.jpg

初冠雪が伝えられた暑寒別岳。
いつもならすぐに消えて暖かさが戻ることもあるのですが…。

DSCN6286.jpg

今年の山はどうなのでしょう。
そしてみんなが住む平野部は。

DSCN6287.jpg

まあ遅かれ早かれ来るものは来るのです。
悩んでも仕方がありません。
ドンと構えましょ。
posted by スタッフ at 10:35| Comment(2) |

2016年10月11日

増毛駅周辺プチ得散策

 増毛町観光協会とJR留萌駅のタイアップ事業として、7月16日から
9月30日までの期間で「増毛駅周辺プチ得散策」が行われていました。

 その事業がなんと12月4日(日)まで延長して行うことになりました!

 今回は、少し規模を小さくしましたが、お得なものはお得なんです!

 お得な切符で増毛町に来て、お得に増毛町の観光を楽しもうという企画。

IMG_0334.jpg

・対象のきっぷ:自由席往復割引きっぷ(札幌留萌間)
        留萌増毛間、深川留萌間、深川増毛間の往復きっぷ
        道北一日散歩きっぷ
 ※詳しくは、JR留萌駅までお問い合わせください。

・対 象 期 間:平成28年10月1日(土)〜12月4日(日)まで

・参加店舗、特典など
@ぐるめ食品直売店
 タコザンギが400円のところ350円で販売。

A観光案内所
 来町証明書が通常100円のところ50円で販売。

BCafe 海猿舎
 ケーキ・飲み物をセット注文で50円引き。

C麺屋田中商店
 700円以上のご飲食で100円引き。

D福よし
 1,000円以上の飲食でソフトドリンク1杯無料。

E國稀酒造
 清酒・焼酎を1,000円以上お買い上げで、クリアファイ
ル1冊をプレゼント。

FCafe de 凜
 1,000円以上の飲食で50円引き。

※どのサービスも上記の対象切符を提示する必要がありますので、
ご注意ください。

IMG_0335.jpg

 12月4日(日)で廃線が決まっている増毛駅ですが、最後にみんな
で増毛町を盛り上げていきましょう!

 この時期の留萌増毛間の景色も、荒々しい日本海や澄み切った空に
浮かぶ夕日など楽しめるものであると思います。
 是非遊びに来てくださいね!
posted by スタッフ at 14:51| Comment(0) | もときの日記