2016年05月31日

いいべぇ

えび地酒まつり。
毎年5月の末に開催される増毛で一番の集客イベントです。
既に何度か書いていると思いますが、過去には暑寒公園からリバーサイドパーク。
そしてここ駅前通りに会場が移りました。
日曜の1日から土日の2日間に変わったのもその時です。

DSCN8828.jpg

港から地酒國稀までの間が全てイベント会場となるんだもの。
スタッフの数も多くなります。
朝から夕方まで走りっぱなし。
ありがたいです。

DSCN8829.jpg

獲れたての甘えび。
活きの良さを感じてもらうには、手に入れた途端に頬張らないと。
そのために長い行列にもガマンいただきました。

DSCN8855.jpg

テントの奥にある建物内では箱詰め作業に大忙し。
肩や腰が辛くなりそうですがね。
ここでも頑張っていただきましたから。
ありがたい。

DSCN8860.jpg

イベント会場は、大きく分けて3つ。
港側では広い駐車場と活えび販売、買ったものを炭火焼きで楽しむバーベキューコーナーのほか飲食出店もありました。
駅広場では露店が並び、そこから酒蔵までは既存の飲食店のほかにもテントやプレハブで臨時出店するお店がちらほら。
山菜を売るお店も数軒ありましたね。
日曜は道路そのものを通行止めにしてテーブルやイスを並べて“あずましい”空間を演出しましたし。

DSCN8866.jpg

自分で言うのも何ですけど、なかなかいいんじゃないかと。
それもこれもお天気が良かったことが全てです。
空の神さまに感謝しなくてはいけませんね。

DSCN8969.jpg

イベント会場は建物が並びますので、雨が降っても逃げ込むことが出来るのが強み。

DSCN8905.jpg

美味いものを食べ、辛口の酒を飲み干し、ふらふらと歩く。
最高じゃないですか。
できれば自分もそっち側にいたいです。

DSCN8911.jpg

場内では案内担当でしたが写真撮影係も兼ねていましたので、ついつい。
2日間でこの会場を何往復したんだろう。
足が棒のようです。

DSCN9046.jpg

でも…、皆さんの楽しそうな顔を見れば疲れも吹き飛ぶというもの。
続けて行くには課題も多いですが、楽しさと美味さが倍増するよう、これからも知恵を絞って行きましょうか。

DSCN9028.jpg

次回もどうぞご期待ください。
posted by スタッフ at 23:10| Comment(2) |