2016年02月22日

こういうところですから

日本海側の冬は荒れる日が多いですから。
あまり出歩かないように。
家の中でゴロゴロ…。

先週の水曜日。
この町の仕事を学んでいただこうと札幌周辺の大学生4人をお招き致しました。
先週のここら辺、酷かったんですよね。
猛吹雪なんだもの。

DSCN5601.jpg

留萌駅まで迎えに行くのも大変です。
こんな日はJR…。
というセリフはもう遠い過去のこと。

DSCN5614.jpg

それでも深川からはちゃんと定刻に到着しました。
ゴロゴロと大きなスーツケースを運びながら改札を抜けてきた学生たち。
おお…、ようこそいらっしゃいました。

DSCN1103.jpg

で、早速その夜は歓迎の宴です。
ビールも用意させていただきましたが、やっぱりスタートは地酒國稀で乾杯。
だって乾杯条例がありますから。

DSCN1105.jpg

会場は駅前通りから少し外れたところにある食事処 福よし。
こぢんまりとしたお店ですが、20名くらいまでなら宴会も可能です。
大きめの器に盛りつけられたお刺身。
お造りと呼んだ方がいいのでしょうか。
北海道人としてはどうもそこんところが慣れてないので…。

DSCN1106.jpg

こちらはタコの酢味噌和え。
ジュワッと染み出るタコの旨みと酸味が絶妙です。

DSCN1108.jpg

そして地酒で流し込む。
と、行きたいところでしたが私は少々体調不良がありましたのでお茶だけ。
こんな美味しいものを目の前にして酒が飲めないなんて…。
残念です。
お猪口は飾りになってしまいました。

DSCN1109.jpg

日頃の体調管理は大事です。
季節毎の美味しいものを味わい損ねてしまうんだもの。

DSCN1110.jpg

などと書きながらもしっかり完食です。
カメラで撮って胃袋に収める。
そして皆さまに紹介して行くの。
歴史と景観、そして味覚自慢の増毛。
これからもどんどんお伝えして行きましょう。

DSCN1112.jpg

食事処 福よし。
お店のイメージは和食ですが、宴席で出される料理は和もあれば洋もあります。
そしてその彩りも楽しみのひとつ。

最後に出されたとろとろのお肉。
ああ…、これならワインですか。

DSCN1114.jpg

と先走ってしまいましたが、締めはまだありました。
お寿司の6カン盛りです。
手前のはカジカの子。

DSCN1117.jpg

なかなか流通しないカジカ。
そしてそのコッコ。

福よしの定番です。
ご賞味ください。
posted by スタッフ at 12:49| Comment(0) |