2017年01月18日

自分たちに出来ること

今日の増毛は青空でした。

DSCN2671.jpg

そして曇ったり晴れたりの繰り返し。
穏やかです。

DSCN2678.jpg

沖には漁をする船が2、3…。
冬の天気は荒れやすいですからね。
凪の日はとても大事。
今年は初水揚げの日から豊漁なのだとか。
そんな景気のいい話がずっと続きますように。

DSCN2685.jpg

ところ変わってこちらは暑寒沢の果樹園内を流れる川。
どこかで氷割りをしているのでしょうか。
塊が何個も流れて来るもの。

DSCN2694.jpg

そんな流れを見ているだけで震えが来てしまいます。

DSCN2696.jpg

果樹園の畑の中を縫うように流れる川。
なのでマチの人には馴染みがありません。
もう何十年も住んでいる人でさえ「ここに川があったんだ。」って驚いていましたから。

DSCN2698.jpg

今さらですけど…。

自分の住む場所のマチ歩き。
新しい発見を求めてぶらぶらするのもいいんじゃないでしょうか。
そういえば何年か前に「歩く、人」って映画がありました。
自主制作のものですが緒方拳さんが主演のもの。

この暑寒沢をひたすら歩き続ける物語。

DSCN2698.jpg

映画のマチを名乗る増毛。
過去には素晴らしいものが何本も撮られていますけど。
その記憶を大切にしながらこれからも何かしらの作品が登場出来るよう…。

自分たちに出来ることを探し続けます。
posted by スタッフ at 20:10| Comment(0) |

2017年01月17日

「二三一」

 先日、札幌に行った時にお邪魔してきました、「二三一」。

 札幌駅直結のアスティ45ビル地下1階にあります。

 前々から行こうと思っていたのですが、行った時はいつも
混んでいて中々入れない状況でした。
 しかし、今回少し時間を遅らせて行ったのでようやく念願
叶って行けました。

 店構えもすごく落ち着いた雰囲気で、入ってみたいと思う
ようなお店です。

 中に入ると、冷蔵ショーケースに増毛町の地酒國稀が各種
取り揃っております。
 なんと特別に限定酒だとかもあるんです。

 なんせ増毛町の推奨店居酒屋なんですから。

 二三一は、増毛町にある北日本水産物から毎日新鮮な海産
物が直送できているので、増毛町の味がそのまま楽しめちゃ
います。

 料理は、やはり美味い!!
 特に握りと刺身は本当に鮮度の良いものが出てきました。
 脂ののっている魚は最高です。

 二三一のURLは、下記になりますので興味のある方は
是非。
 ↓         ↓

 写真は、「握り 松」です。
 ウニは甘みがあり口でとろけるような感じです。

IMG_1323.jpg

 次に、刺身盛り合わせです。
 友達は、こんなに美味しい刺身は初めて食べた。と
驚いていました。

IMG_1318.jpg

 本当に美味しいんです。
 お酒も肴も美味しいお店ですので、是非増毛町を感じた
いけど、札幌から中々出られない方にオススメです。
 増毛町在住の私も絶賛です!

IMG_1321.jpg

 日本酒も升まで並々で大喜びです。

 最後は、私一番お気に入りの生かきで締めたいと思います。

IMG_1319.jpg
posted by スタッフ at 19:55| Comment(0) | もときの日記

2017年01月16日

努力は報われる!

最近、スキーばかりしていて
このブログでも増毛の旬な情報よりも
自分の日記のようになってます…

なんだかなぁ〜

と、言いつつ今日もスキーネタ。

土曜日まで札幌テイネスキー場で開催されていた
『北海道中学校スキー大会』

増毛町からは中学3年生の女子1名が出場。
中学1年の男子も出場予定でしたが、
年明けに大ケガをしてしまい無念の欠場。
そんな後輩の分まで頑張ってほしいと思って
いましたが…

やってくれました!!

9位入賞で2月に山形県で開催される
全国大会への出場権獲得!

この選手は小学1年生から
『増毛暑寒レーシング』に入り、
アルペンスキーを始め、小さい頃はお世辞にも
上手だったとは言えず、目立った成績もありませんでした。
さらに、今でこそ増毛暑寒レーシングの会員は
3人と少なくなりましたが、当時は15人ほどの
選手がいて、大きい子や結果が出ている選手に
指導する時間も偏り、小学校高学年になるまでは
あまり熱心に指導することが出来ずにいました。

そんな中でもアルペンスキーを続け、
増毛暑寒レーシングの会員も減り、
仲間が減っていく中でも、頑張り続けていたんです。
ケガをして、シーズンインが遅れた時は
やめたいと言ってきたこともありました。

将来ワールドカップやオリンピックに出たい、
などの高い目標もなく、指導していても返事も
しないような選手ですが、吹雪いていても
どんなに寒くても練習を頑張りました。

半ば無理矢理スキーをさせているような状況も
少なからずありましたが、やっと結果が伴ったことは、
この選手の人生の中で大きな財産となるはずです。

目先の結果だけを追い求めずに、やるべきことを
一つずつ地道にやってきた成果でしょう。

2月の全国大会でも結果だけを求めすぎず
9年間のスキー競技生活の集大成として、
思いきって滑ってほしいと思います。

20170113_090406-f5634.jpg

20170113_142127.jpg

20170113_152318.jpg

みなさん、小さい田舎町から全国大会に
出場する選手の応援よろしくお願いします!
posted by スタッフ at 22:18| Comment(0) | yossy diary

2017年01月15日

週末はナイターへ

 1月第1週の金曜日から暑寒別岳スキー場では

 ナイター営業が始まっております。

 DSCN1794.jpg

 これは、13日夜の写真。

 時折、雪が降りましたが、まずまずのコンディションだったと思います。

 DSCN1799.jpg

 やっぱり、スノーボーダーが多いですね。

 ところで、既に紹介しておりますが、暑寒別岳スキー場では

 「レンタルスキー」を実施しています。

 手ぶらで来てもスキーを楽しめる(←当たり前か)というシステムです。

 スキー靴も29cmまであります(笑)。

 もちろん、レンタル料は無料!

 ぜひ、遊びに来てくださいね!
posted by スタッフ at 22:08| Comment(0) | ちばちゃんの当番

2017年01月14日

山の景色

寒い日が続いています。
北海道の冬だから当たり前と言えばそれまでなのですが。

DSCN2487.jpg

ギュッ、ギュッ。
サラサラの雪を踏みしめる音。
いつも徒歩通勤の私は、そんな音を聞きながら毎日職場へ向かっています。

DSCN2492.jpg

そして木々の枝に留まる鳥や流れる川の姿にカメラを向けるのです。
アカゲラやクマゲラ。
毎年キツツキの姿を見かけるのに今季の冬はまだ…。
どこにいったのですか。

寒さ厳しい川は凍り始め川幅が狭くなりました。

DSCN2493.jpg

年末までは少ない雪でした。
雨が降るくらい暖かなこともあったのですから。
でも年が明けてからちゃんと降りましたもの。

DSCN2515.jpg

増毛と言えば海のマチ…。
そんなイメージを持たれる方が多いかと思いますが、山の感じもいいのです。
そして冬の増毛もなかなか。

DSCN2523.jpg

信砂から北竜へ向かう道道増毛稲田線。
雪深い増毛の景色をみることが出来る場所です。

DSCN2527.jpg

車を停めてじっくり撮りたい。
そう思っても途中で車を寄せる場所などありませんから。
無用な停車は事故のもと。

DSCN2530.jpg

じっくり目に焼き付けておきましょう。
そしてまた来るよ、って。
日々、そして刻々と変わる山の景色。

どうぞお楽しみください。

posted by スタッフ at 23:28| Comment(0) |

2017年01月13日

増毛のワイン屋さん

 最北の果樹園でその名を轟かせつつある増毛町。
 新鮮な果実をそのまま食べるのはもちろん美味しいですが、
一手間も二手間も加えるとより一層その旨さが引き立つのです。

 そこで、今回ご紹介するのが「増毛フルーツワイナリー」です。

 果樹園地帯である暑寒沢の中にありますので、新鮮なフルーツ
で美味しいワインを作っているのでしょう。

 それが、増毛産のりんごや洋なしを使っているのでなおさら美
味いです。
 なかなか果汁100%のシードルワインなんてないんだと思いま
す。

 りんごのシードルワインには、甘口、中口、辛口の3種類があり
ます。

IMG_1312.jpg

 個人的には、甘口が飲みやすく好きですが、好みは人それぞれ
なので是非3種類に挑戦してみてください。
 ワイナリーに行けば試飲もあるそうです。

 洋なしのスパークリングワインは、すっきりとした飲みやすさ。
 アルコール度数も低めで女性の方に人気があります。

IMG_1313.jpg

 そして、ちょっと高級なデザートワインを発見。
 その名も「増毛シードル ポム・スクレ」

 まだ飲んだことがないのですが、通常のシードルワインの6倍
以上もの果汁を使用しており、甘みが凝縮したものに仕上がって
いるそうです。

 是非いつかは飲んでみたいものですね。

IMG_1311.jpg

 増毛ワイナリーは、定休日の火曜、水曜日以外は基本的に通年
やっておりますので、冬でも増毛町に訪れた際には、立ち寄って
みてはいかがですか?

 ちなみに私は、りんごと洋なしのシードルワインセットを購入。
 おしゃれなデザインの箱もありますので、お土産にでもしようと
思います。

IMG_1316.jpg
posted by スタッフ at 17:00| Comment(0) | もときの日記

2017年01月12日

冬将軍到来

ついに冬将軍が本気を出しました。
ニュースでも、留萌地方の暴風雪の様子が
多く伝えられており、相当な寒波なのでしょう。

と、そんな大荒れの日から別用で札幌に来ているので
実際どの程度かわからず…
札幌は寒いんですが、風もさほど強くなく
ニュースで留萌地方が映る度に、
なんだか申し訳なくなります。。。

年明けから天候が穏やかで、冬将軍とはしばらく
会っていませんが、ほどほどに早く過ぎ去って
ほしいものです。
少なくとも自分が増毛にもどる土曜日までに。


さぁ、今回札幌に来ているのは、明日から競技が
始まる『北海道中学校スキー大会』のサポートのため。

20170112_093048.jpg

20170112_094301.jpg

20170112_094304.jpg

写真では分かりにくいですが、
かなりの急斜面で、さらに、コース内には
水が撒かれているため、スケートリンクの
上を滑るようなもので、難易度が高い会場です。

引率している選手がビビらず、
普段の滑りが出来るように激励会を。

20170111_182526.jpg

20170111_182533.jpg

20170111_182540-f0aae.jpg

20170111_182545.jpg

前にもこのブログで登場した
『ノースヒル石狩』で焼肉。

先日のチャーシュー3枚の借りを返すように
美味しくいただきました。
posted by スタッフ at 16:57| Comment(0) | yossy diary

2017年01月11日

飲むこと

行ったのはちょっと前のことなのですが、ここでご紹介するのは続いてしまいました。
取材予定と投稿のタイミングをもっと調整しなきゃ、と反省しております。

お昼ご飯に続いて夜の宴会話を少々。

DSCN7738.jpg

地酒の蔵元「國稀」から徒歩2、3分の場所にある鮨居酒屋忠。
旧増毛駅や厳島神社までも近く、観光がてら食事を…、という方にもお勧めです。
もちろんじっくりと酒を飲むのもよし。

DSCN7723.jpg

居酒屋メニューの数々をご紹介しなければならないところですが、それは前回のものを参考にしてくださいませ。
私がお邪魔するのはどうしても宴会の時が多いものですから。
タラの子和え、アワビの刺身はカズノコ付きの豪華版です。

DSCN7728.jpg

こちらはタラの煮もの。
珍しい肝の部分も添えられています。

DSCN7730.jpg

肝と言えばアワビのそれも外せませんね。
少々苦みのあるのがまた美味いです。
鮮度のいいものを仕入れるお店じゃなきゃ楽しむことが出来ません。

DSCN7734.jpg

いつものお猪口…、と思ったら笑顔のマークだもの。
元々あるものなのでしょうか。
私、初めて見るものかも…。

これには思わず口元も緩んでしまいます。

DSCN7736.jpg

さあ飲みますか。

DSCN7737.jpg

寒い季節、熱めの燗酒もよし。
暖かな部屋でキリッと冷えた純米を楽しむもよし。
日々迷ってしまいます。
posted by スタッフ at 13:36| Comment(0) |

2017年01月10日

居酒屋 忠でご飯

 本日は、居酒屋 忠 にお邪魔しました!
IMG_1294.JPG

 いつもは、ビールを飲んで一品料理を注文するのですが、今日はお食事です。

 居酒屋 忠の天丼!!
 お値段なんと、900円です!

IMG_1298-1c57f.JPG

 サクサク揚げたての天ぷらがボリューム満点にご飯の上に乗ってます。

 忠さんの食事は、少し多めですので満足できますね!

 そして、女将さんが今日は寒いからと、タラのアラ汁を出してくれました。
 身体も心も温まりますね!とても美味しかったです!

image-24406.jpg

 また、ここのザンギがカラッと揚がっていて、味付けも良く、オススメです。

居酒屋 忠
住所:増毛町稲葉町1丁目
電話番号:0164-53-3289

 ちなみにメニューは、こんな感じです。
 気になった方は、是非行ってみてください!

IMG_1295.JPG
IMG_1296.JPG

posted by スタッフ at 18:16| Comment(0) | もときの日記

2017年01月09日

海もイイけど山もイイ。けどチャーシューが…

ふるさと納税で有名な上士幌町から
帰ってきました。

増毛町から向かう場合は、層雲峡温泉を
通って途中から三国峠を経由して向かいます。
距離にして約230q。
けっこうな長旅です。

生まれも育ちも常に海が見える町で
育ったので、周りを見渡しても海が見えないのは
少し寂しい気分になります。

ここ数年、ほぼ毎年来ている上士幌町ですが
スキー場があるのは『ぬかびら源泉郷』という
小さな温泉地。
晴天率が高く、朝晩は放射冷却の影響でものすごく
冷え込みます。
滞在していた4日間も、毎日天気が良かったのですが
朝の気温はマイナス20度…
温泉がありがたい気温でした。

さて、ここに向かう途中の三国峠ですが、
北海道の国道としては、最も標高の高い峠で
景色が最高です。
三国峠の標高が1,139mなので、
増毛町が誇る暑寒別岳の標高、
1,492mのようなところに国道が走っています。


20170108_141042.jpg

道路の両脇にはシラカバがびっしり。

20170108_142026.jpg

峠の駐車帯からは、富士の樹海を思わせる
景色も楽しめます。

海の景色は見慣れていますが、山の景色も
なかなか良いもんです。

増毛町も、海に沈む夕日などの景色も
魅力の1つですが、
知る人ぞ知る『箸別パイロット』
(※暑寒別岳 箸別ルートの登山口付近)
の景色ももっと広めたいですね。

さぁ、北海道の冬はこれからが本番ですが、
温泉もいいけど、やっぱりラーメンも最高ですね。

20170106_132658.jpg

味噌チャーシューとライス。
チャーシューが3枚しか入っていないのは
山奥過ぎて、入荷できなかったからでしょう…
posted by スタッフ at 17:41| Comment(0) | yossy diary